のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【西丹沢から丹沢縦走】その2

<<   作成日時 : 2013/05/05 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

5月4日
西丹沢自然教室(6:55)・・・登山口(7:25)・・・ゴーラ沢出会(8:05)・・・展望園地(9:15)・・・
檜洞丸 (11:00〜11:57)・・・金山谷乗越(12:30)・・・神ノ川乗越(13:00)・・・臼ケ岳(13:37)・・・
蛭ケ岳(15:33)

5日
蛭ケ岳(5:57)・・・丹沢山(7:40)・・・塔ノ岳(9:05〜9:57)・・・花立山荘(10:27)・・・
堀山の家(11:20)・・・小草平経由 二俣(12:36)・・・ゲート(13:25)・・・県民の森・・・
三廻部林道鉄塔前でタクシーー新松田駅(14:40)ーバス(15:10)ー西丹沢自然教室(16:22)
ー中川温泉「ぶなの湯」(16:44)ー須走IC=大月=長野県経由=新潟西IC−自宅

コースタイムは歩き始め、疲れてない時は通常。が、鎖場あり、花あり、疲れありですと遅く。

各小屋ではゆっくり休憩!一期一会の出会いありで、下山はゆっくりでした。

さて、いよいよ初めての道です。

前後には女性の単独者、若いカップル、男性の若い単独者といます。

すこし鬱蒼とした感じです。
画像


分岐、要所にはこうしたキロ数が表示された案内があるので、目安になります。
画像


道が崩落している箇所にはこうした木道が頻繁に出てきます。仕方ないですね。

画像


マムシグサ
画像


スミレ(何スミレかは?)
画像


お疲れ様でした。ここはゴーラ沢です。
でも、ここまではルンルンで誰も疲れてない!!
画像


ここで渡渉があるのですが、何処からでも行けそうですが、前の単独男性の渡った様子を見て渡りました。

真ん中の石伝いに。
画像


渡り終えると大抵最初の休憩を川原の上でするようです。
私もプチ休憩。
画像


次の期待は「展望園地」です。
画像


ツツジ(何ツツジかは?)
画像


つつじ新道と言うのですから、きっともう半月くらいすればツツジ、そしてシロヤシオもたくさん咲くのでしょうね。

展望園地ですが、生憎、富士は頭がチラと見えるだけです。

画像


画像

画像


箒沢との分岐です。
画像


この辺からは木道の両脇にバイケイソウが群生しています。
これはすぐに分かりました。鹿が食べないので、保たれているのでしょうね。
画像


この黄色いバケツを逆さまにしたようなのは、小屋の方に聞いても「県で設置したものだから」と分からないそうです。
画像


檜洞丸 到着です。
画像


画像


蛭ケ岳方面が見えます。まだまだ遠い!!

画像


今日は山荘で自炊予定なので、少々ザックは通常日帰り山行よりも重め!
ガスで湯を沸かして、淹れたて、熱々珈琲を飲みます。
隣の単独男性は地元の方だそうで、ラーメンを煮てました。
神奈川の山の話をして、昨年、矢倉岳とか明神ケ岳とか来ました、金時山は何度も来ていますと言いますと、自分の会社は矢倉岳の登山口だと言います。良いなぁ〜〜

さて、山頂から少々下ると青ケ岳山荘はあります。
此処でトイレをお借りしました(100円チップ)
でも、賑わっている山頂とは打って替わって此処では人も少なめ。
画像


更に蛭ケ岳へ向かう道に入ると途端に誰も居ない!!
時折、後ろから早足の単独男性が通り過ぎてゆくだけです。

日帰り登山は檜洞丸 までなのですね。

5月末から6月上旬はきっと山頂は満員になることでしょう!

馬酔木が咲いていました
画像


さて、此処からはアップダウンの繰り返しです。

下る、下る、これでもか!ってくらいに下り、その分の登りが堪えます!
画像


12:17 蛭ケ岳はまだまだ遠い!
画像


山桜が咲いていました。
前を歩く男性がいます。

画像


金山谷乗越です。
片側がずっと下方が切れ落ちています。
画像


丸で工事現場の足場のような登山道です。
崩落しているから仕方ないのでしょうね。

画像

画像


神ノ川乗越
画像


臼ケ岳です。
まだまだで〜〜す。疲れが出てきました!
画像


画像


画像


ここで、疲れが吹っ飛ぶような花が・・・
画像


画像


画像


この花の名は??

小屋に着き、名前を教えて頂きました。
小岩桜でした。
これは新潟県では見かけられない花ですね。
雪割草にも似て、可憐で小さく、でも自分をアピールするような鮮やかな色合いです。

地図(昭文社発行)には少しでも鎖が付けられていると「クサリ」と書いてありますが、正に此処は鎖場です。
でも、3点確保で、用心しながら登れました。

画像

画像

画像


ようやく長い一日の到達点「蛭ケ岳」に到着です。

画像

(5日朝に撮った写真です)

画像


この日の宿泊者は定員40名のところ2倍近かっただそうです。
布団1枚に2名。
でも、若者と男性が多い中、私は端っこで、一人で布団一枚の配慮をして頂きました(感謝!)
自炊場も満員、外は寒くなってきたし、急遽宿食に切り替えました。

カレーです。

丹沢では「青ケ岳山荘」「蛭ケ岳山荘」「尊仏山荘」がカレーだそうです。

ではでは。
続きはその3で。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
単独でよく歩いたね。えらいえらい。新潟は天気の悪い日もあったけど、降られなかったみたいだね。
赤鬼
2013/05/10 07:27
赤鬼様
いつもコメント感謝です。
単独の良いところは自分のペースで歩けること。
でも、常に危険は眼の前にぶら下がっていること。
天気は3日間共、良かったでした。
noritan
2013/05/10 14:29
ゆきえママん様
ブログ気持玉ありがとうございます。
noritan
2013/05/10 14:30
遊哉様
ブログ気持玉ありがとうございます。
noritan
2013/05/10 14:31
 5月4日は蛭ヶ岳山荘に泊まったんですよね。そして、6日の朝は蛭ヶ岳山荘から出発ですよね。・・・という事は、蛭ヶ岳で一日停滞かな?
 結構、道が壊れている所があるんですね。
山いろいろ
2013/05/10 16:40
県外単独遠征ですかー。凄いですね。憧れます。桧洞丸の辺りは丹沢の秘境ですね。
しゃくなげいろ
2013/05/11 08:46
おはようございます〜♪
こちらこそ〜!楽しませて頂きました♥ ←とはいえ、内容はかなりハードに思えますけど、山に慣れてる方々にはどうなんでしょう? 写真では人は余り見られないですが、山小屋で定員の二倍⁉ 凄いですね(ー ー;)
これからも拝見しにお邪魔致します♪ よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ
ゆきえママん
2013/05/11 09:14
山いろいろ様
さすが、間違い探しのベテラン!!
蛭ケ岳で1日渋滞する訳ないですね(恥)
早速訂正致しました。
ありがとうございました。
noritan
2013/05/11 13:47
しゃくなげいろ様
県外遠征なんて大層なものではないです!
運転距離と歩く距離が一寸長いだけです。
そしてゆっくり運転&ゆっくり歩きです。
noritan
2013/05/11 14:10
ゆきえママん様
素敵なブログですね!
丹沢や山梨の山行記録が多いので、参考にさせて頂きます。
今後共よろしくです!
noritan
2013/05/12 06:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【西丹沢から丹沢縦走】その2 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる