のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【西丹沢から丹沢縦走】その1

<<   作成日時 : 2013/05/05 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

5月4日(みどりの日)
上里SA=須走IC−西丹沢自然教室…檜洞丸… 蛭ケ岳(蛭ケ岳山荘泊)

5月5日(こどもの日)
蛭ケ岳…丹沢山…塔ノ岳(尊仏山荘休憩)…大倉尾根(花立山荘休憩)…堀山の家休憩
…小草平…二俣…県民の森駐車場…三廻部林道少し歩き
―タクシーで新松田駅―バスで西丹沢自然教室
西丹沢自然教室―須走IC=大月=長野県経由で新潟自宅へ

サボりっぱなしのブログを書きたくなるのは、又、又「丹沢」です。

2月の3連休を利用して女子3人で行ってから約3ヶ月が経ちました。
今までは、丹沢や山梨の山へ訪問するのは「冠雪の富士」眺望が目的でした。

が、最近は趣向が少しずつ変わってきて、同じ山を季節を変えて訪れたい!

今年の2月の丹沢も久しぶりだったのですが、いつも冬の凍て付く中での歩きで、周辺の木々や花にはトンと関心が薄かったのです。

5月の連休4日間は何処へ行こうかなぁ〜〜〜
とプランを幾つか立てました。
「北八つ界隈」「奥多摩界隈」「山梨里山界隈」などなど・・・

でも、又、丹沢に行こうと言う気持ちが強く、山仲間達に同行の声を掛けました。
が、孫が来るから、4日間の内に一日が会山行の予定が、とか、色々ありまして、結局は単独「丹沢」で行きました。

当初、会の山仲間との同行の時には新潟を早朝に出て、山中二泊での予定でした。

が、私は連休最後の一日は家での整理、等々に当てたくて、3〜5日の予定で出発でした。

3日は長野県の大町で、自分の山行の為の一寸気になるルートの確認がありました。

糸魚川ICを下りて、白馬、大町へ繋がる道は連休の所為でしょうか、いつもは多いトラックも走っていなくて、走行車輌も少なめでした。

鹿島槍ケ岳スキー場のある黒沢高原からしばらく歩き、会のトレッキング山行では小熊山まで歩くのですが、小熊山までは先日木崎湖畔から歩いているので、本日は先だってはまだ、雪があった林道を登山口まで車で行きました。

トレッキングコース途中の木崎湖展望地ではパラグライダーが飛んでいました。
木崎湖へ向けて、此処はパラグライダーの発進基地なのです。

画像


木々の隙間から鹿島槍ケ岳の「猫の耳」が見えます。

画像


爺ケ岳と鹿島槍ケ岳

画像



この記事は後日に。

で、用を足し、長野須坂ICから長野道⇒関越道と入り、上里SAで、高速に乗る前に仕入れたビールが温くならない内に、そして疲れたので、20:30今夜の宿を上里SAの端っことしました。

以前は単独で県外への遠征登山の時には、こうした場所で泊まることはよくありましたが、久しぶりでした。

上里SAは娘の家に行く時にも時々立ち寄ります。

さて、携帯の目覚ましが鳴る前に目覚め、洗面などしていよいよ丹沢へ向けて出発です。

上里SA(2:30)―談合坂SA(3:35)
上里から談合坂は深夜なので、いくら連休とは言え、とても空いていました。
でも、制限時速は80Kmなので、ゆっくりと行きます。

道の駅須走(5:34〜6:00)
ここで、又休憩
富士が朝焼けに輝いて見えたので、山仲間へ写メールを送ります。

画像


朝食を食べ、何回も訪れている山北町西丹沢へ向けて走ります。

西丹沢自然教室(6:55)

画像


此処までは、不老山などに単独で来た時に車で入ったことはありました。

駐車スペースは満車!
と思ったら小さい車はありがたい!

一台分だけ端に空いていました!

7分ほど川原に沿った道を歩きます。
左側が川原に沿ってず〜〜っとキャンプ場、テントがビッシリと並んでいます。

画像


右に案内が出てきました。

画像

画像


いよいよ登山道です。

続きは【その2】へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
遠くまでよく出かけるね。おいらは山菜採りさ。
赤鬼
2013/05/09 06:48
赤鬼様
「サンデー毎日」の方々は連休は遠出を避けるのが懸命!
道路は混むし、事故を目撃するし、宿は定員の2倍も入れるし・・・
日帰り温泉まで、車が3台並んでいました。
休みしか出かけられないのは働く者の因果ですね。
山菜採っている方が正解!
noritan
2013/05/09 07:19
 単独は、思い通りに出かけられるし、自由にコース変更もありだし、究極の快適登山ですね。
 流石にこの時期はヒルはいないようだけど、来月あたりはもう危ないかな?
山いろいろ
2013/05/09 09:49
山いろいろ様
孫よりも丹沢の方が楽しかったかもよ〜〜(笑)
確かに途中の車中泊にしても一人なら可能ですしね!
2月に行った時に尊仏山荘のご主人に「ヒル情報」を聞いたのですが、西丹沢は出ない!
表丹沢で、一番出るのが「大倉尾根」で、それもかなり下の方だけだし、登山道の真ん中歩けば、大抵は大丈夫とのことです。
noritan
2013/05/09 10:54
noritanさま
単独運転で、そんな遠くまで運転すら出来ない軟弱者です。
あの長い丹沢山塊、年取るとともに縁がなくなったかも・・・
輝ジィ~ジ
2013/05/10 14:44
輝様
コメント感謝です。
何をそんなに謙遜なさいますか!
山歩きよりも、確かに長距離の一人の運転は眠さとの戦いです!
眠くなれば、どこでもSAかPAで15分でも20分でも仮眠します。
「眠眠打破」ですね!これを飲み、音楽を書けます。
noritan
2013/05/10 16:39
西丹沢の駐車場に何処かで観た新潟ナンバーの車を発見。こんなとこまでよく一人でと感心しました。

2013/05/10 21:40
僕様
見つけましたか!
端っこの木の下に停まっていましたでしょう。
そういう僕様だって新潟からお一人で運転でしょ!
今回は上里で宿泊(笑)していますので、何か楽でした。
noritan
2013/05/11 11:31
nori様
僕は前日3日に塩の道を歩いた後、家に帰り着替え夜出発。50km走れずSAやPA度に休憩。コーヒー、眠眠打破、メガシャキ等々を飲みながら何とか大倉に到着。
無理は駄目ですね。未だ体調不良です。

2013/05/11 13:13
それはそれはお疲れ様でした。
確かに、長距離の高速道は眠さとの戦いですね。
そういう意味では同行者が居た方が楽ですね。
私は体調は良いのですが、外反母趾の左足が長い下りで痛くて、火曜日に整形外科へ行き、外反母趾用のインソールを作ってもらいことにしました。
noritan
2013/05/11 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
【西丹沢から丹沢縦走】その1 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる