のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【大野山・丹沢】その3

<<   作成日時 : 2013/02/12 05:37   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

夜半に目覚めて階下へ下りると、終日点いているストーブの傍で座っていました。
誰が?そうそう、猫ちゃんです。

さて、一夜明けました。

H8年に11月後半に来た時には寒かったことだけは良く覚えていたのですが、今夜はちっとも寒くはありませんでした。このストーブのお蔭なのでしょうか!

朝食は「塩分」と水分が両方摂れるようにと配慮から「おでん」です。

これはありがたい朝食でした。

画像


6:37 朝日を撮ったつもりですが・・・
なんせ、カメラがコンデジですし、腕もカメラ機能を生かしていませんので。

画像

画像


彼女達二人はまだ支度をしているので、傍に居た方から撮ってもらいました。

画像


6:45の富士です。
画像


6:56 今日は丹沢山をピストンします。
画像


出来ることなら昨日の内に行っておきたかったのですが・・・

7:27 あれが丹沢山です。
山頂には小屋も見えます。
画像


富士も見える内に何枚でも撮っておきたくなります。
画像


8:00ジャストの富士
画像


8:22 ようやく丹沢山到着です。
画像


画像


8:35 丹沢山を後にします。

富士は先ほどよりも少しはっきりしてきました。
画像


10:00 塔ノ岳に戻ってきました。
随分と時間が掛かっています〜〜〜

もう一度尊仏山荘へ入り美味しい(と思うのです!山だと)珈琲を頂きながら、猫ちゃんと一緒に寝ているというW林さんが「ウワサの看板猫」が掲載された雑誌を持ってきて見せて下さいました。
画像

画像


画像


もう一冊は「丹沢」の山小屋が掲載されている雑誌「PEAKS」です。
画像


画像


短パンでバンザイをしているのは歩荷をしている「チャンピオン」だそうです。

画像


10:52 尊仏山荘を後にします。又来るまでね〜〜〜

12:08 小丸尾根分岐です。
此処から二俣へ下ります。

手袋を落としたというHさんに、後続から来た登山者に聞きますと、雪の脇にあったようだ、と言うので、しばらく戻り、探しましたがありませんでした。
そんなこんなで手間取りました。

ここからはアイゼンも外して「丹沢名物?」泥濘が待っています。
画像


14:04 ようやく二俣に近づきました。
画像


此処が一昨日通った分岐です。
画像


画像


画像


尾関廣さんとは??
神奈川県山岳連盟会長として丹沢国定公園化運動、県立登山訓練所設立に尽力された方だそうです。

神奈川県民は知っているのでしょうが、新潟県人にとっては??でした。

画像


表丹沢県民の森へ。

「県民の森」って言う割りには駐車スペースは極端に少ないのが残念です。
画像


画像

14:32 来る時には閉まっていたゲートが作業をしているので、開いていました。

永い「丹沢の二日間」も終了しました。

16:48 「湯花楽」で入浴&食事を摂り、一路長〜〜い新潟への道を運転して帰りました。

願わくば、花(ヤシオツツジ)の咲く頃に西丹沢から歩いてみたいものですが・・・
今年は無理でしょうか?
花の時期が無理ならば、又凛とした富士と猫ちゃんが元気な内に再訪したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 長〜い丹沢山行レポ、お疲れさんでした。
今回はメンバーに恵まれて?、ペース取りが難しかったみたいですね。でも、富士や日の出が見られて喜んで貰えたんじゃないでしょうか?
山いろいろ
2013/04/24 09:57
山いろいろ様
本当に、実際の歩きも、ネットの歩きも長〜〜い丹沢でした(笑)
同行者二人は「初丹沢」「初山小屋泊まり」と歩けた!と喜んでもらえました。
noritan
2013/04/24 10:03
丹沢の三日間、ようやく完結しましたね(^o^)
次の機会があったら是非お誘い下さいm(_ _)m
ヨッシーS
2013/04/24 19:04
noritan さま
丹沢山、勿論歩いたことありますが、こんなにも厳しい時期には無理な、軟弱ジィ〜ジです。
もう丹沢山系無理かも・・・
輝ジィ~ジ
2013/04/24 20:24
ご来光に朝焼けの富士山きれいですね。三部作完結おめでとうございます。じっくり拝読させていただきました。雪の「塔の岳」いいですね。今度出掛けてみたくなりました。
しゃくなげいろ
2013/04/25 07:40
ヨッシーS様
丹沢は新潟から遠いので、どうしても、細切れ山行になってしまいがちです。
そういう時、会山行だと良いのですが・・・
山域も広いので、毎年、このエリア、あのエリアと言う風に楽しみたいと思います。
今回は残念でした!
noritan
2013/04/25 08:56
輝様
何が「軟弱」ですか!
私はゆっくり歩き、亀の如くに歩いても行けるのですね。
noritan
2013/04/25 08:57
しゃくなげいろ様
本当に遅れ遅れの記事で、コメント感謝です。
冬や初春など、高い山はダメ!新潟の雪の深い山もダメ!
なので「関東方面」の登山口までの足場の良い「出稼ぎ登山」になります。
noritan
2013/04/25 08:59
朝焼けのnoritanさま、ステキで〜す♪
泊まりの山歩きの醍醐味が伝わってきました。
丹沢山系、憧れますが遠くって〜 ついつい遠のいています。
気ごころ知れたお友達と最高の山旅ですね。
FUKU
2013/04/29 09:59
FUKU様
コメント感謝です。
山仲間に「丹沢」と「八ヶ岳」のエリアをウロウロしているだけで1年が過ごせそう!
と言う程に季節、エリアを替えて楽しめますね。
実は、内緒ですが(笑)又、丹沢に行くのです(呆!)
noritan
2013/04/30 05:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【大野山・丹沢】その3 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる