のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【大野山・丹沢】その1

<<   作成日時 : 2013/02/12 05:35   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

二ヶ月も前の記事です。
記憶は薄れていますが、備忘録の為に書きます。

2月9日から11日は3連休です。
私の山仲間達は悠々自適の「サンデー毎日」で土日も3連休も関係なく、お天気予報を睨めっこして山行を決めていますが、未だに会社勤めの我が身ではこうした3連休は「ご褒美」みたいなもので、「何処に行こうかな!」とワクワクするものです。

前置きが長くなりましたが、そうは言っても厳寒の2月、行ける山域は私の実力では限られてきます。

そうです、関越トンネルを越えた関東方面になってしまうのです。

で、今回は「丹沢だぁ〜〜!」と思いました。

たまたま、昨年末に我が山の会にかつての同級生が入会したのを知り、コンタクトを取り、久しぶりに旧交を温めました。
彼女Iさんは、在校時代はそれほど親しくは無かったのですが、卒業後に共通の友人を介して、行き来があり、お互いの子供が小さい頃には近隣の里山へ一緒に行ったり、彼女の紹介で「K算数教室」を開設出来たりと。

で、今回の「丹沢山行」には女子3人で行って来ました。

まず、「丹沢デビュー」「山小屋デビュー」の彼女ら2人の為に超ゆっくりコースで三日間の計画を立てました。

まず、初日は「大野山」です。
此処は過去4回くらい来ていますが、「大野山」には申し訳ないのですが、「初日の山」として気楽に単時間で登れて、丹沢山塊の「初日の山」なのです。

新潟から丹沢は遠〜〜いのです。
何処から責めようが、高速道路が東名と新潟からは繋がっていないのです。

まぁ、そんな愚痴は良いとして、記憶も薄れて来たので、掻い摘んで。

9日:新潟ー北陸道ー関越道ー圏央道ー須走IC 
須走道の駅でお昼を食べました。
大野山は過去何回も行っている筈なのに・・・
車を進めると何やら大規模な工事現場が出てきます。
実は大野山は山頂直下が牧場になっていて時期によっては牛の放牧がされています。
その山頂直下まで車道が通じていて、車で上がる道もあるのです。
が、我々一応ハイキングする身にとっては、登山口から歩く道を選ぶのですが・・・
大規模の工事現場のお陰で少々道を戻って修正してようやく登山口にたどり着いたのは1:50でした。
「共和小学校」も閉校になっていました。
初めて此処を訪れた時には集落も途絶えたこんな場所に小学校!?と驚いたものですが・・・

画像


ジグザグの道を進めて歩くと最後はこうした模擬階段状の道が延々と続きます。

画像


階段状の足元には
画像

オオイヌノフグリ

途中で、意味もなくこんな案内が
画像


大野山は神奈川県足柄上郡山北町にあり、標高は723mです。
この界隈の山に以前に来た時には新潟県山北町と神奈川県山北町は姉妹都市だと聞きました。
神奈川県は「やまきたまち」新潟県が「さんぽくまち」と読みますが。

そんな可愛い木彫りのうさちゃんに癒されながら
丹沢山塊が見えてきました。

画像


画像


この案内板にもあるように此処から先は車で上がった人もしばしの登りです。
そうした味気無さを楽しんでもらう意図なのでしょうか、木彫りの動物達が次々と出迎えてくれます。

画像

画像


山頂です。

画像


2010年6月に会山行で訪れた時の大野山の山頂です。
山北町はその後に随分大野山の化粧直しをしたのですね。

画像


この時には西丹沢に泊まり、翌日は「不老山」へ登りました。
今日は、丹沢の表玄関から登ります。

立派な案内板もあります。
画像


が、富士は微かに頭を見せているだけです。

画像


民宿「せど」に着きました。

画像


宿泊料金の割りにはたくさん並んだ料理の数々・・・

画像


これで、無事初日は終わりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
古い話でコメントしようもねえ。丹沢遠いよな。
赤鬼
2013/04/09 07:33
赤鬼様
(^^ゞ本当に面目ないです。
まぁ、自分の為に恥を忍んで過去と向き合ってます。
でも日にちが経つと、忘却の彼方ですね〜〜
もうそういう年齢なので。
会社も前の桜が8分咲きです。
noritan
2013/04/09 09:07
 大野山なんて知らなかったぁ。こんなローカル山に4回も登るなんて、なんかいい事があるの?(笑い)
 木彫りの動物とかなんなの?、人により感性は違うだろうけど、自分はこんなものを山中で見たくないなぁ。
 え〜っと、翌日分のアップも楽しみにしていますよ。ね。
山いろいろ
2013/04/09 10:10
山いろいろ様
大野山はメインではなくて、初日に登る山として最適なのです。
西丹沢にも近いし、表丹沢にも近いし・・・なのです。
これを目当てに4回も行っている訳ではないのですよ。
だって、季節になれば牛さんが草を食んでいるし、山頂直下まで車で行けるのだから、幼稚園とか小学生が遠足に来るのじゃないでしょうか!
木彫りの動物も可愛かったですよ。
noritan
2013/04/09 17:07
noritan さま
丹沢にこんな山あるなんて全く知らないジィ〜ジです。
輝ジィ~ジ
2013/04/15 19:37
輝様
過去記事のブログにコメント感謝です。
広い意味で丹沢山系は主脈から外れた手ごろな山がたくさんありますね。
「不老山」とか。
noritan
2013/04/16 05:35
新潟を離脱したばかりのJACKです。新潟時代はお世話になり、ありがとうございました。
丹沢「大野山」については、私も何度も登っています。
東京で所属する山岳会の上部団体「武蔵野市山岳連盟」主催「初心者登山教室」が、初心者向け第1回山行で毎年登る「富士山」眺望抜群の山です。
神奈川県を中心に関東の登山愛好家には、丹沢湖方面に降りる短い縦走路でも、よく知られた山ではないかと思います。
東名高速からのアクセスも良く、丹沢中心地にこそありませんが、西丹沢ビギナーの方にもお勧めです。
間近に見る「富士山」の写真がなかったので、天気はいま一つだったのでしょうか………
JACK
2013/04/17 23:05
JACK様
コメントありがとうございます。
新潟を去られたことを知り、残念ですが・・・
「山と高原地図」の「丹沢」を眺めていますと、大野山、シタンゴ山、高松山など丹沢主脈を繋がっていますね。
三日間とも天気は良かったのですが、凛とした富士の姿はイマイチでした。
大野山は数年置きに行っており、行く度に周辺の様子、山頂の様子が様変わりしていっていますね。
東京へ戻られても、又、菩提寺山へいらして下さい(笑)
noritan
2013/04/18 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
【大野山・丹沢】その1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる