のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【角田&弥彦&国上山】

<<   作成日時 : 2012/04/09 06:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

4月8日(日)

この日を外すと、今年、角田、弥彦で、カタクリや雪割草を見るチャンスはないので、どうぞ!晴れますように!と、いう祈りが通じて、朝方は少し小雨がぱらついたものの、見事な山日和となってくれました。

母のデイサービスのお迎えが来る9時過ぎてから仕度をして、まずは宮前登山口へ。

画像


此処は、3月3日「角田山三角点巡り」で登り始めた登山口です。
7日に実施された西蒲三山縦走での登山口でもあります。

狭い駐車スペースは満員。
が、幸いなことに小型の我がマーチは空いているスペースにギリギリ入れて、出発。
多分、雪もかなり無くなっているであろうと、今日は普通の登山口です。

荷物はザックはなし。小型のショルダーに笠、カメラ、財布、水程度を入れて軽装です。

次第に登山道は泥濘状態、酷い!!

でもカタクリ、ショウジョウバカマ、雪割草、咲いていました。

40分登って、下山。

次には、車で、八枚沢登山口まで移動です。
この間に車中で昼食。

やはり、此処も駐車スペースは無い!
でも、端っこの僅かな場所に倒木を避けて駐車OK。

此処へ来るのも2年?3年振りです。

画像


此処も小1時間登って下山です。

何だか、忙しないですが・・・

次には国上山へ向かいます。

国上山、単独で来るのは初めて?

県外ナンバーの大型バスが1台、小型バスが1台泊まっています。
三山縦走でもしているのでしょうか?
一般車もたくさん泊まっています。
ちご道からまずは山頂を目指します。

画像


此処では登山靴ではなく、履いてきたウォーキングシューズのままだったのですが、少し登ると、はやりグチャグチャの泥濘です。
雪解けしたばかりなのでしょうね。

五合目から見る弥彦山
画像


展望台から見る山々
画像


山頂には2組のご夫婦が遅めの昼食を食べていました。

画像


写真では判りにくいですが、光っているのは日本海です。

画像


三等三角点がありました。
こんなに身近なのに、初めて来たような感じです。
画像


こんな日でもないと撮らないと思えるので、国上寺、良寛様
画像


画像


角田、弥彦と駆け足で下山でしたが、此処ではゆっくりとした時間を過ごして、手まりの湯へ向かいました。
丁度、先ほどの大型バスの団体の方々が出そうな頃合だったので、左程混んでもいなくて、ラッキーでした。
手まりの湯も久しぶりでした。

さて、今日はこのまま帰宅しないで、もう一つ用がありました。
何時まで開催しているかは??なのですがともかく、県民会館へ向かいます。

今日は何かロック(?)歌手のコンサートでもあるらしく、此処も駐車場は満員。
でも辛うじて、1台、空いていて、何とラッキーでした。

山仲間のKさんが所属している写真同好会の展覧会でした。
が、やはり!と言うべきか、5時で閉まっていました。
お風呂に入らなければ・・・
とも反省しましたが、展覧会は明日もあるので、昼休みにでも来よう。

さて、白山公園へ梅の様子を見に行きました。
3月18日に、此処で梅を見ながら吟行をした時には、まだ3分咲きくらいだった梅は全ての木が満開とまではいかないのですが、紅白の梅、大分咲き揃っていました。

画像


画像


この日の記事はコチラ

今日、角田、弥彦で会えた花の一部です。
撮影は下手この上ないですが・・・

画像


画像


画像


画像

ピンボケになりました。

弥彦なら弥彦をじっくりと登れば良かったかな?
と少々、反省もしますが、とにかく時間がないので、欲張って駆け足でした。

ようやくこれからは山の始動です。

街も山もやはり、冬よりは春⇒夏が好きだな!!




弥彦・角田山から地球環境を考える (ブックレット新潟大学)
新潟日報事業社
山岸 宏光

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 弥彦・角田山から地球環境を考える (ブックレット新潟大学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 天気は良くても、やはり先日来の雪の後遺症が残ってます、本当の春山はもう少し先ですね。
 あっちこっちと本当にかじって歩いたんですね(笑い)、こんなのもありか〜。でも、ともかく一個は山頂を踏んだのね。めでたし目出度し。
山いろいろ
2012/04/09 09:44
山いろいろ様
本当に、かじり山行って言うのでしょうか(笑)
邪道の山歩きですよね。
根性なしです。
山頂を目指すことより、花に出会うことだけが目的なので・・・
新潟の「角田山」「弥彦山」は県外からも大型バスでやってくるのですね。
我らが会も県外へ大型バスで出かけるから同じことなのですが、反対の立場に立つと、県外から大勢でワッと来ないで欲しいと思うのが本音ですが・・・
でも、温泉とか、地元は潤うのですから、良いですね。
noritan
2012/04/10 01:37
三山をかじって登ったとあったが、やっとかじりの意味が分かったよ。なるほどかじったね。
赤鬼
2012/04/10 07:22
赤鬼様
本当に最近は「根性無し!」です。
雪が降ったと言っては引き換えし、花が観たいと言ってはチョコチョコ登りで引き返す。
まぁ、これから本格的始動開始です!
noritan
2012/04/10 14:42
noritanさま
内容豊富でこんな山歩きも有りかな?
輝ジィ~ジ
2012/04/17 22:32
輝様
角田、弥彦に限り、花の時期は、心があそこにも、あそこにも、あそこにも向いて、時間がないので、邪道の花眺め歩きです。
noritan
2012/04/18 05:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
【角田&弥彦&国上山】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる