のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【偉大なる通俗】に逢いに【2】

<<   作成日時 : 2011/03/04 05:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

一夜明けて、13日。

さぁ〜〜晴天です。期待出来そうです。

精進湖目指して。

今日の予定は精進湖バス停脇から入り、女坂経由で三方分山を登り、精進峠〜パノラマ台〜パノラマ台下へ下山。

このコースは2004年1月25日に一人で歩いています。

当時の写真(音楽が流れます)




さて、今日は精進湖のパノラマ台下へ下山予定なので、ホテルが立ち並ぶ無料駐車場へ車を停めて、車道を精進湖バス停まで歩きます。
道路から入る処が分かりずらいのですが、此処から入ります。

画像


精進湖畔からは既に富士の雄姿が見えます。
画像


私達が此処を通り過ぎる時にジャンボタクシーが此処へ入って行ったので、先達者が居る!と安心したのです。

女坂(阿難峠)で追いつきました。
画像


がこのこのグループは五湖山方面へと進んで行きました。

此処から三方分山を眺めると急登です。
先頭は屈強の「akaoni氏」です。
が、ワカンを置いてきてしまい、ブスブスとラッセルを強いられて、少し進みましたが協議の結果、撤退することにしました。

元来た道を戻り、車道を歩き、パノラマ台下から往復しました。

懐かしいパノラマ台です。

画像


画像


少々不完全燃焼の感はありましたが、でも「偉大なる通俗」に最後で会えたことで、満足して帰路につきます。

又、3月に来ます!

地元の人が「新潟の人は富士さえ見えれば満足なんだね〜〜」と語っていましたが、正にその通りです。
「偉大なる通俗」は心にも深いものが染透りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
道路が所々凍結していて気疲れしたが、楽しかったよ。宿の設備は今一だけど、主一家のもてなしが良くて酒が進んだ。少し飲みすぎだった。
赤鬼
2011/03/04 06:25
赤鬼様
本当に運転お疲れ様でした。
家族的な持成しはありがたかったですね。
料理もまぁまぁでしたし・・・
やはり、本場!ワインも美味しかったでした。
山も目的ですが、こうして宿での盛り上がりが又、楽しみです。
会では三方分山からパノラマ台⇒本栖湖へ下りようと思います。
本番前に、もう一回行くかも(^_-)-☆
noritan
2011/03/04 07:24
noritan さま
3連休晴れたのはこの日だけだったなぁ〜
河口湖周辺、倅が裾野市に以前住んでいたので、
何回も行ったけど、登ったのは石割や杓子程度、
パノラマ台も行ったことが無いのよ。
富士五湖は勿論全部回ったけど・・
忍野八海辺りは詳しいよ。

2011/03/04 17:12
今年の関東の積雪は異常でしたね。関東が悪いのか?行った人に問題があったのか?
オッと、行った人に問題は無い筈。(^。^) やはり異常気象なんだろうね。現地の人も、「こんなに積もったのは初めて」なんて言っていましたよ。
それにつけても、3月だというのにこの寒さ。2月が良かったもんだから、すっかり油断していたらフェイントをかけられたみたいですね。(-_-;)
山いろいろ
2011/03/04 17:25
輝様

まず、昨日はお疲れ様&お世話様でした。

輝様は裾野市や東京へ何度も行かれているので、別に「富士を観る山」からでなくても、富士は身近に眺めていることでしょうね。
高い山から富士を眺めるのも好き!
山頂がかすかに、遠望出来る山も好き!
が、パノラマ台から眺める富士は裾野に青木ケ原樹海が拡がっていて圧巻です。
四尾蓮湖は富士五胡プラス2湖=富士七湖
或いは富士五個プラス3湖で富士八湖とか。
小さく、静かな湖です。
noritan
2011/03/06 08:29
山いろいろ様
昨日はお疲れ様でした。そしてお世話様でした。
関東方面は冬型が崩れる頃に雪は降ったりするのですが、先日は全国的な寒波でしたね。
でも最後に富士が、お互いに見られて良かったでした。
はて、さて、今朝は久しぶりに太股に軽い筋肉痛です!
noritan
2011/03/06 11:45
今日は朝からの冷たい雨が雪に変わり、温暖な千葉でも庭の木々が薄っすらと白くなり、まさに三寒四温の季節を肌で感じます。2004年1月25日のDigi Book 素晴らしい雪のパノラマ台拝見させて頂きました。3月貴会山行の下見会ご苦労様でした、丁度関東地方に雪の降った後のようで、真っ白な登山道から秀麗なる富士山を見れて最高でしたね!!!
先月19日、箱根金時山近くの矢倉岳へ登ったのですが、一日中曇り空で楽しみにしていた富士山を見れずじまいでした。
葦原ボーイ
2011/03/07 17:02
葦原ボーイ様
お久しぶりです。
3連休の最後は本当に絶好の富士日和でした。
まずは、晴れていること、晴れていても富士は見えないこともあるので、富士が見えるというのは当たり前のようで、その日に遭遇できるというのはラッキーなのですよね。
矢倉岳は、以前に私も登るつもりで出かけ、でも雨がひどくて、その日は登らずに、民宿に早々に着き、翌日は「不老山&大野山」登って帰りました。
いつか、矢倉岳や明神岳など行きたいです。
noritan
2011/03/08 11:15
こんばんわ!
>【偉大なる通俗】・・これ以上的確な賛美はない。
そうですよね、日本人なら富士をけなす人はいない。
外国の人から見れば日本そのもの。
同じような意味で、富士山は一度登れば良い、2度は登りたくない山。富士山は見るだけの山という言葉も良く聞きます。自分はこれらも賛美だと思っています。
限られた時期にしか登れない山、いつどこから見ても美しい山。富士はやっぱり日本一の山です。
会山行のGood luckをお祈りします。
頑張ってください。
甘納豆
2011/03/08 22:23
甘納豆様
コメントありがとうございます。
「○○を見る山」なる本があるのも、さすが富士ですね。
富士さんの形、独立峰であること、それが日本一の山で本当に良かったと思いますね。
形も歪な、容易に、登れないような、滅多に全貌が見えないような山が日本一の山だったら、チョット、寂しい!ですものね。
昨日の新潟日報に「富士フォトギャラリー」でアマチュアカメラマンの富士の写真展が開かれているという記事が載っていましたね。
本当に、下見よりも「本番」でのラッキーを祈るだけです。
noritan
2011/03/09 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
【偉大なる通俗】に逢いに【2】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる