のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【偉大なる通俗】に逢いに【1】

<<   作成日時 : 2011/03/04 03:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

【偉大なる通俗】と言う言葉は、富士を現すのには、これ以上的確な賛美はないであろう気がします。

山梨県という県が、富士山を有していないならば、こんなに足繁く通わない。

しばらく逢いに行っていないと、ソワソワして、何かしら忘れ物をしているような気になってくるのです。

今冬、初めての個人山行きは、弥彦でもなく、角田でもなく、山梨県まで「遠征」でした。

私が3月に実施する山行の下見に行きたいと仲間の忘年会で話したら、同行してくれる山仲間と4人で行ってきました。

当初は2月の3連休の11〜12日の予定を全国的な荒天予報の為、一日遅らせて、12日に出発。

先ずは、私も始めての「四尾蓮湖(しびれこ)」目指して。

中央自動車道双葉ICTから増穂ICまで繋がった「中部横断自動車道」を行く。
この道路は南アルプスへ行く時などに何回か走っているが、数年置きに行くと、一区間延長されているが何時になったら、静岡県まで繋がるのでしょう!?

増穂ICで下りてからは、私のナビ(?)が間違い、チョット道迷いしましたが、ほどなく「四尾蓮湖」に到着。

画像


今夜の宿「水明荘」は家族(両親、息子家族)で経営されていて、美人嫁さんのブログもあります。
私達が訪れた時にはお雛様が既に飾られていましたが、4月まで飾ってあるとのことで、3月に再訪する時にも又、見られます。

画像


車を停め、仕度して「蛾ケ岳」へ。これを「ひるがたけ」って読める人は、此処を登った人だけ?
山梨百名山の中に収まっている山ですが、標高差300mチョットで、手軽に登れるハイキング程度の山です。
が、生憎の天気・・・・
前日に雪景色に覆われたとのことですが、新潟者はこの程度の雪では驚かないのですが、ご主人はやたらと心配して下さいます。

ここから歩きます。
画像


木々を美しくしている雪華はサラサラしていて、踏みしめる雪もパウダースノウで、足元も心地良い。
画像


此処からが急登!
15分って書いてあるけど、もっと掛りました。
この15分で一気に高度を稼いでいる感じです。
画像


山梨百名山の標識も大分草臥れていますね。
南アルプスも富士も見えず、寒い中、おにぎりにコーヒーで早々に下山。
画像


お風呂で冷えた体を温めで、夕食前に、部屋で早くも酒盛り(!)
夕食には、グラスワインもついて、更にボトルのワインも頂き、男性1人、美女(?)3人の宴会でした。

明日は晴天予報、富士の雄姿に期待して!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
noritanさま
遠路、雪の山梨 ご苦労なこった。お疲れ!

2011/03/04 08:00
輝様

今回は運転は赤鬼さまでしたので、楽ちんでした。
車中、おしゃべりしっぱなし・・・
遠路はるばるといえども、好きなのですね〜〜
noritan
2011/03/04 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
【偉大なる通俗】に逢いに【1】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる