のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【燕岳】

<<   作成日時 : 2010/07/25 15:57   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 15

ブログが「ボロ具」になって久しく、このままでは「ネット社会」に埋もれて、二度と這い上がれなくなってしまうような気がしていました。
体に贅肉が付いた分、脳からは思考する力がそぎ落とされていっているようでした。

そんな背中を押してくれたキッカケが会山行「燕岳」の会のHPへの記事でした。

自分の行った山、体験したこと、写真などなど、大したことなくて、そんな記事など、狭小な自己満足にしか過ぎないのだから、書いても書かなくてもど〜〜と言うことはないと。と、思っていました。でも、何かを知りたい時には、自分で過去ログを検索している自分に気づき、唖然としてしまうのでした。

まぁ、他人様に読んで頂くことも、勿論ですが、自己の備忘録なのだと割り切って、現在地点から、時系列に囚われないで書いていきます。

年間の予定表の週末には全て(チトオーバー)、予定を書き込み、年初は悦に入っていました。
が、様々な事情、それは母のデイサービス日が水と土の週二日になったことも関係して、自分の計画だけを優先する訳にもいかずに・・・
此処では言えないようなジレンマに囚われていました。

まぁ、そんなグダグダは良いとして梅雨明けの18〜19日「燕岳」=会山行に参加してきました。

過去に燕岳は2回。
会を退会している時にツァーで、燕山荘泊で、もう、12年前のことです。
その後は、山仲間と2006年8月に「大天井岳」までのピストンでした。

で、今回は三度目でした。
三度目の正直の「ご褒美」でしょうか!二日間とも、梅雨明けのカラリをした好天と展望に恵まれました。

合戦小屋名物のスイカは往きも復路も1/8を半分ずつシェアして食べました。

画像


小屋に着いて、夕食までは時間はタップリ、夕日に映える槍を眺め、生ビールで乾杯!談笑!
画像


今夜の宿泊者数は多分、今夏一番の大人数ではないのか?600名という声が飛び交っていました。
夕食は3回転、最後の夕食で、赤沼オーナーの御馴染アルプスホルン。
やはりカメラは撮らねば!以前に来た時から十数年が経ているので、赤沼氏は私と同世代、自分も元気な内、赤沼氏も元気な内、やはり、時々は此処へ来てこれを聴かねば!などと、シンミリ思いながら・・・

画像


朝は早くから周辺でゴソゴソ・・・
私達も結局は早く、外へ出て、朝日に輝く周辺を眺め、
朝食前に燕岳往復してきました。

早朝の槍ヶ岳・笠ケ岳・富士山
画像


画像


画像


画像


画像

燕岳から見た燕山荘方面

【画像は全てクリックで大】

最初は参加しようか?と躊躇もしましたが、やはり、良かったでした!

次回は秋も良いかもしれない・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
暑中お見舞い申し上げます。お久し振りです!!!
梅雨が明けたと思ったら、連日連夜の猛暑と熱帯夜の毎日です!!!!新潟は如何でございましょうか?
素晴らしいお天気に恵まれ最高の燕岳でしたね。
「早朝の槍ヶ岳・笠ケ岳・富士山」素晴らしい山並みが、富士山まで見えたとは、とても懐かしく拝見させて頂きました。
平成18年9月中房温泉〜燕岳〜東沢乗越〜中房温泉を歩いた記憶がつい昨日のように想い出されます。
昨年秋に行ったカナディアンロッキーは、赤沼オーナーの実弟である赤沼敏治氏が主宰する旅行代理店「天渓」さんにお世話になり連れて行ってもらいました。
葦原ボーイ
2010/07/25 21:37
葦原ボーイ様
久々のブログ記事に早速のコメントありがとうございます。
北燕岳を通り、東沢乗越で、中房温泉へ戻るコースは、実は、いつか個人で歩いてみたいと思っていました。縦走はなかなか出来ませんが、せめて、登りやすい燕岳は時々行きたいと思っています。
赤沼敏治氏のツァーでは、私の山仲間も行ったと聞いています。
これからボチボチと旧い記事を少しずつ書いていきます。
noritabn
2010/07/26 00:32
燕岳、お疲れさんでした。絶景を堪能したね。皆に喜んでもらえて、リーダー冥利につきるよ。会のホームページに中々出ないなあ。おいらの山行だからかな。
赤鬼
2010/07/26 06:21
赤鬼さま
大変楽しい山行、そして展望に恵まれて本当にラッキーでした。
ありがとうございました。
T氏は山行中でしょうか・
音沙汰が無いです〜〜〜??
noritan
2010/07/27 07:29
会のHP掲載されています(^−^)
noritan
2010/07/27 07:33
アップが遅れてすみませんでした。白山山行に行っていましたので・・・。今朝ほど、眠い目をこすりながら頑張りましたぁ。
白山もいい天気とたくさんの花、でも富士山は見えなかった。やはり富士山が見えると、ホッとしますね。
山いろいろ
2010/07/27 20:09
今晩は!
会のHP見ましたよ。
本家はちと愚痴っぽい感じがしますが、会の紀行文は結構な出来栄え。
noritanさん、「ボロ具」などと自分を責めるのは不要ですよ。
誰にでも大変な時期はあります。にっこり笑ってさらりとこなす。それがnoritan流と思っています。
燕岳良かったですね、“外へ出れば夕日に槍ヶ岳がツン!”絶妙な表現です。
甘納豆
2010/07/27 20:51
山いろいろさま
多分、山行中だろうと推察しておりました。
今頃の白山は花の宝庫で良かったですね!
富士より、花ですよ!
私は、今夏、あまり花に恵まれていないような・・・
久々のコメントありがとうございます。
noritan
2010/07/28 09:15
甘納豆さま
いつも、甘納豆さまの凄い記事、閲覧のみで、ただただ、ため息ばかりでした。
一度や二度、行っているからといって、何百回も同じ山を登って居る方々に対して、恥ずかしいですね。
その時、その時で、山は同じ表情は一回とないのですから。今回は最高の展望でした。
いや、これさえ「最高」とは言えないのかもしれませんが・・・
又、ボチボチ復帰しますので、よろしく応援お願い致します。
noritan
2010/07/28 09:18
お久振りです。
再開お待ちしていました。
この合戦尾根をまだ登れるのは大したものです。
本当にボチボチと自分流に好きなようにアップ
してください。私も自分が後でゆっくり眺めたい
のでアップしているようなものです。
インレッド
2010/07/29 20:08
吃驚したぜ!あんまり久し振りだから。
いつも言っているようにあんまり頑張らないで、
もっと肩の力を抜いたほうが良いよ。
commentatorや閲覧者も結構居るのだから…
自分は他人様に見てもらうとか、その為に尤もらしく
色々調べてacademicもどきのレポにするとか、そんな気はサラサラ無い。只、ナマクラなので自分にとっての覚え書き、それと敢えて遅くアップする理由は、思い出すことによって、崩れ行く脳の活性化に役立つかな?と思っている訳。人それぞれの考え方だけど又、気張らないでボチボチ出来る時だけやりな。。。
輝ジィ〜ジ
2010/07/30 07:43
インレッド様
見捨てずに(笑)コメントありがとうございます。
自分自身は確かめいたいことや、調べたいことがある時には皆さまのブログを閲覧させて頂いていました。
自分のブログなんて^^^と少々、自暴自棄(少々オーバー!)にもなり、色々と心悩ますことあり、なかなか筆が進まない(じゃなくてキーボード叩く余裕がありませんでした)
本当に、賞味期限が切れそうなくらい遅々としますが、ボチボチやっていきます。
noritan
2010/07/30 10:45
輝様
仰る通りです。
誰のためでもない、自己の備忘録として書いていけばいいのですからね。
沢山撮った写真もブログをアップしなければ、ゴミ当然(笑)
随分、削除しました(ーー;)
まぁ、気張らず、ボチボチで〜〜す。
黒戸尾根のアップ楽しみにしています。
竹宇駒ケ岳神社、実は6月に行ってきました。
noritan
2010/07/30 12:35
noritan様、お久しぶりです
blogが「ぼろ具」になって久しく・・・私メも同じです(笑)。自分の小さな日常の出来事や写真など書いても大したことなくて・・・時間の無駄だよナ〜位に思っていました。でも、noritanさんがおっしゃる通り確かに自己の備忘録になっているんですよね。私も今日からリスタートします。自分のアルバム整理のようなblog!!
chie
2010/08/14 09:20
chie様
忘れずに訪問感謝です。
現実の生活を生きるだけで精一杯で、なかなかその後の整理が出来ないでいます!
やはり年取ったのでしょうか!?
太ってしまうのは、精神の緊張の怠慢が蓄積されるのではないかと思う程です。
因果関係は有りや?無しや?
ブログ更新サボリと、体重増加の関係が見事に一致?!
ボチボチ、頑張りましょう!!
noritan
2010/08/19 02:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【燕岳】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる