のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雨飾山」

<<   作成日時 : 2009/10/09 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

「雨飾山」 新潟県・長野県 1,963m

3〜4日と本当は避難小屋泊まりの山行を計画していたのですが、同行者の都合が悪くなったことと、天候が優れない予報なので、急遽、4日に日帰りの山に変更です。

白馬三山の帰路、小谷温泉方面へ車を進めて、鎌池を見学したり、雨飾山の登山口の下見をしてきました。
金山は3回も来ているというのに、雨飾山はH7年に会に入会してまもなく、会山行で残雪期に一度訪れたきりでした。
秋に行ってみたい!

で、女3人で行ってきました。
同行は御馴染の先輩、ベテランSさん、Tさんです。

自宅3:50発。鳥原P〜巻と乗って頂き、些か早い出発かな?と思いきや、駐車場に着くと、もはや、満車!
第二駐車場手前の路肩に辛うじて駐車できました。
県外ナンバーが多く(さすが百名山!)前夜泊で来ている人が多いのでしょう。

登山口7:56
まずはこの標識からスタートです。
画像


8:44 ブナ平
画像


途中、小学生の団体とすれ違いました。
体がスッポリと隠れるほどの大きなザックを担いでいる子供達は「冒険クラブ」で、キャンプをして大網登山口から登ってきたそうです。

9:24 荒菅沢
布団菱の紅葉が綺麗です。
画像


10:18
山頂へ連なる人、人が見えます。
さぁ、頑張って!!
画像



10:50
笹平
画像


焼山と後方に火打山が見えます。
画像


ズ〜〜ムで。
画像


海谷山塊と日本海
見える山をひとつ、ひとつ教えて頂いたのですが・・・
情けないことに日にちが経過したら忘れてしまいました(ーー;)
画像


11:20
山頂到着

美女(?)三人(恥ずかしいので顔は隠して(^_^;))
画像


白馬、雪倉岳から栂海新道の尾根
画像


画像


グルリ、周辺の山々を眺めているとキリがありませんので
12:30下山開始です。

上から俯瞰する笹平
画像


さて、此処で哀しい場面に遭遇しました。
折り始めて、すぐくらいの登山道で具合が悪くなられたのか、一生懸命に人工マッサージを受けている方がいまして、脇にはストックの先にバンダナを縛り、振り上げて、はためかせている人たちが。
ヘリを要請したのでしょうが、早く到着することを祈りつつ、脇を通り過ぎました。
頭上にヘリの音が聞こえたのはそれから小1時間ほども経ってからでした。
新潟からか?長野からかな?などと思っていました。
が一夜明けて、朝のラジオで、その倒れられた方が原口式部長官なのだと知り、驚きました。
新潟の地元紙にも掲載されていました。

真っ白になったお顔と新聞に載ったお顔と両方が、頭に浮かんでしまいます。
お悔やみ申し上げます。合掌。

数年前にも会の方が登山中に心臓の発作(?)で亡くなられたことがあり、滑落ばかりでなく、中高年にとっては、こうした危険とも隣り合わせなのだと痛感した次第です。

15:00
下山です。
登山口の標識の隣りにあった看板
画像


道の駅 小谷「深山の湯でサッパリしてラーメンを食べて一路新潟へ。
温泉入浴+食事で200円、安くなりますので、入浴後、食事をする予定ならレシートを捨てないで。

最近は「鳥海山」もそうですが、かつて、ピークハントで一度きりしか登っていなかった山に再訪したくなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
写真、顔隠すことねえじゃない。せっかくの美女がもったいない。Sさんは分かるがTさんは分からない。
おいらも一度しか行ってない百名山にもう一回登って
みたいと思ってる。特に天気の悪かったところはね。
赤鬼
2009/10/10 06:23
こんにちは!
今頃は尾瀬・笠ケ岳を歩いている最中でしょうか。
今回のレポは、noritanのノリノリレポと見ておりましたら、思わぬハプニングに遭遇されたのですね。
他人事とは思えません。
体調管理には気をつけたいと思います。
自分としては、山が好きでほっつき歩いていますので、そこで倒れても本望と思うのですが、人に迷惑をかけることを考えると、おいそれと倒れる訳にもいきません。ましてや、身の回りがあまりにも乱雑で、恥かしくて死に切れません。当分大丈夫そうです。
美女3人、皆さんスマートでどの方がnoritanかも分かりません。
甘納豆
2009/10/10 14:25
青空が綺麗ですね〜〜♪ 4日はホントにいいお天気でした〜
ところで、大変な場面に遭遇されたのですね。
ひとごとではないですよね。
年々無理が利かなくなってきているのを実感します。
良くしたものですね。歳相応に頑張りたいと思います。 (*^_^*)
FUKU
2009/10/10 20:10
昨日はお疲れさま よく頑張ってくれました。
山もそうだけど、運転朝早くから良くやるねぇ〜

雨飾 今の時期全国から集まるので駐車大変だよね!

輝ジィ〜ジ
2009/10/11 07:23
この山、「秋には登ろうネ」と某レディと約束しながら、なんだかんだで無理みたい・・・。しばらく登っていないなぁ。
美女三人、さぞ楽しい山歩きだった事でしょう。顔を隠しても、何故か?すぐ判別できましたよ。(^^ゞ
式部官長(長官ではありません、念のため)には、真にお気の毒。我が会も年配者ばかりなんで、他人ごとではありませんね。互いに気を付けましょう。
山いろいろ
2009/10/11 16:35
同じ日に白馬から、そちらも良く眺められました。良い天気でしたね。
鎌池・鉈池あたりの紅葉も、そろそろ見に行こうかなー と思っています。
インレッド
2009/10/11 19:57
赤鬼様
仰せの通りで、行ったことがない山のピークばかり目指してしまいがちですが、白馬の帰りに鎌池を見ながら登山口まで行ってみたら、こんな良い山に十年以上前に一度行ったきりだと思ったら、又きたくなりました。展望が良いので、晴れた日目指して行くと良いですね!
noritan
2009/10/12 09:40
甘納豆様
本当に、仰せの通りですね。
でも、同行の方々(若い方もいました)が一生懸命で、それでいて、道を通る他の登山者に迷惑かけないように、大げさな感じを出さずに・・・
お顔を見てしまったので、それと新聞の顔写真が重なって・・・
noritan
2009/10/12 09:43
FUKU様
お天気を確認して朝出発出来る山は良いですね!
私なども、はぁ〜はぁ〜ふぅ〜ふぅ〜して登っているので、気をつけないと!といつも思ってしまいます。
noritan
2009/10/12 09:45
輝様
10日は、本当にお世話になりました!
長い、湯の小屋温泉への下りも楽しい、良い思い出になりました。
今日の二回目、ご苦労様です。
今日も晴れマークバッチシなので、展望も良いことでしょう!
昨年このコースを歩かれたブログを発見!
輝様のコメントが載っていました。
その時に計画は既に念頭にあったのでしょうね!
なかなか、このロングコースは書き込みが少ないですものね。
noritan
2009/10/12 09:49
山いろいろ様
「長官」⇒「官長」ご指摘ありがとうございます。
早速訂正いたします。<m(__)m>
山様なら体型(笑)服等で美女一人、一人判別は容易でしょう(^_^;)
13年前にたった一度行った時には残雪の頃でした。
布団菱の紅葉が綺麗でした。
秋の週末はとにかく、車・車・車・・・です。
平日がお薦めですね!行ける人は。
noritan
2009/10/12 09:54
インレッド様
そうですか!白馬から眺めていましたか!
白馬もそれと判別できたのですが、雪倉からそのチョット奥に朝日、そして栂海新道の稜線と・・・
がカメラではチョットはっきりしていないですが・・・
鎌池の久しぶりに先日立ち寄ってみました。
以前は無かったのか?気づかなかったのか?
ステキなカフェがあって、寄りませんでしたが、池の散策後には立ち寄るのも良いですね。
三脚片手に歩いている方も多くいました。
noritan
2009/10/12 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雨飾山」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる