のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒姫山

<<   作成日時 : 2009/10/07 05:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

9月27日(日曜日)
会山行「黒姫山」 2,053m

いつもお世話になっております「輝様」の相方様リーダーの会山行参加でした。

2004年10月に飯綱山を登り、民宿に泊まっている夕方に中越地震がおきました。
家に連絡が取れると、こっちは何も被害はないとのことで、翌日には計画通り「黒姫山」に登り、途中から通行止めになった高速を逃れて、大渋滞の一般国道で何時間もかけて帰ってきた思い出の山の再訪でした。

新潟県内には「青海黒姫山」「刈羽黒姫山」があるので、全国的にも多いのかな?
と思い「日本山名事典」を調べましたら「黒姫山」と付く山はこの3座だけでした。

今回は縦走で
種池登山口〜古池〜しなの木〜山頂〜峰の大池〜七ツ池〜姫見台〜ゲレンデ〜コスモス園

8:05
まずは案内板の脇からスタートです。
画像


8:20  古池
画像

今日は、逆さ黒姫は写らず

10:03
しなの木で休憩
画像

「しなの木」って??
と思い、帰ってから調べましたら「シナノキ」のことで「信濃」と呼ばれる謂れでもあり「長野市」の市の木だそうです。
もっと、上を見上げて葉を撮ればよかった。

11:00
しらたま平で休憩
此処で、修験道者のような白装束の方が突然「法螺貝」を吹きます!
勿論会員の方です。
山に法螺貝の音色は、見事に溶け込んで、遠く山並を駆け巡るようです。
画像


遠くは霞んでいますが、飯綱山だけは見えます。
画像


リンドウが花開いています
画像


11:18
笹原の登り
画像


11:27
あと、一登りです
画像


11:44
山頂です。余り広くない山頂には、他の登山者も多くいました。
画像


12:30下山
下山コースは今回が始めてです。
13:09 峰の大池
幻想的な池です。
画像


黒姫乗越へ向かう「オオシラビソの森」と地図には書かれています
画像


乗越を越えてからは苔むした石の滑りやすい道、石の奥には「ヒカリゴケ」なども見られました。
ゲレンデの急斜面を走るように下りて、コスモス園に到着です。
途端に「観光地」の風情です。
ロープで仕切られたコスモス群は、人工的な感じで、あまり感動はないのです!
画像


今回は入浴は無しで、バス車内にて女性専用更衣室にして頂き、熱いおしぼりで顔、手を拭き、サッパリとして、後は新潟まで缶ビール⇒日本酒⇒焼酎水割りと頂きました。

リーダー、輝様、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
楽しそうですね。
白装束の方が突然「法螺貝」を???
周りの人はびっくりしたのでは。
新潟まで缶ビール⇒日本酒⇒焼酎水割りと頂きました。
結構、結構。
甘納豆
2009/10/07 20:10
誰だ、法螺貝吹いてた奴は。やっぱり花は自然のものが一番。人工的なものは今一だね。
赤鬼
2009/10/08 05:22
甘納豆様
仕事用の作業ズボンだとおっしゃったのですが、まず、衣装で少々驚き、更に、休憩地でいきなりほら貝の音には続いてびっくりです!
会山行に出席するといろいろな方がいらっしゃいますね。
私の買ったものは缶ビール1本。
後は酒好き女の為の差し入れで〜す。
noritan
2009/10/08 06:14
赤鬼様
法螺貝吹いていた方が、ずっと前に「熊と戦った」と便りに書かれていた方です。
「熊と戦った方ですよね?」と思わず聞いてしまいました。「そうだ」と仰っていました。
コスモスだのひまわりだのとどんなにたくさん咲いていても、植えられたものはさほど感動しませんネ。
仰せの通り、自然が一番、感動を得ますよね!
noritan
2009/10/08 06:17
新潟県内に「青海黒姫山」「刈羽黒姫山」と二つの黒姫山があるとは知りませんでした。
また「シナノキ」なる樹木があることも初めて知りました。現役時代、お酒の席で長野出身者から「信濃の歌」を聞かせれましたが、シナノキがあったとは!!
峰の大池・・・・まさに幻想的で素晴らしい。
いつもの事ながら、皆様とても和やかな雰囲気の山行でいいですね。
葦原ボーイ
2009/10/08 15:04
葦原ボーイ様
「青海黒姫山」は三百名山になっており、糸魚川市にあります。
山全体が石灰石で出来ており、電気化学工業の24時間採掘が行われているそうです。
私はまだ、登ったことはないのです。
「刈羽黒姫山」は刈羽、柏崎地方の「刈羽三山」米山・八石山・黒姫山」の一つで里山です。
登山口の「磯之辺地区」は棚田が美しい地区です。
シナノキも下山後に調べて初めて知りました。
山中に沼や池があると、何故かホッとするものを感じますね。
noritan
2009/10/09 06:24
その節はお疲れさまでした。
遠望が利かず心残りもありましたが、先ずは雨にも当らず何とか無事に終わり、カミさんもホッとしたようです。ゲレンデ下りは膝にくるねぇ〜
輝ジィ〜ジ
2009/10/09 07:56
輝様
いえいえ、輝様は御自分の山行よりも相方様の山行のサポートの方は余計に気配りされて、お疲れ様でした。
仰せの通り、ゲレンデ下りは前につんのめりそうになりますね!
明日も又、お世話になります。
木々の葉が台風でみんな落ちてしまっているでしょうか?
でも、台風一過の秋晴れを期待しています。
noritan
2009/10/09 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒姫山 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる