のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログの整理と自分振り返り

<<   作成日時 : 2009/08/12 04:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

【その日の一枚】があるのだから、何でも良いので、その日の思いついた記事を載せていこうと思ってはいるのですが、なかなか、他人様のブログは閲覧しても、自分の事となると、ついつい後回しになってしまっている昨今です。

自分がこのブログを始める前に、HPで日記のページを書いていたのに、ちょっとした変更の手違いで、サイトを閉じる際に、フォルダごと削除してしまい、今まで載せていた記事、日記は「アッという間」に、跡形もなく無くなったのでした。
もともと、手書きの日記帳を書いていた頃でも、数年経つと、廃棄処分にしていたので(過去の自分の徒然を振り返ることの恥ずかしさ!愚かさ)マシンの中の日記は、削除するのに、手間要らずに、私には相応しい。

が、テーマが分散し過ぎてしまい、自分で検索するのにも、途惑っていたりする有様。

で、チクチクと数日かけて、今までの記事を早足で振り返りつつ、テーマを絞って、変更し直しました。
こんな手間隙掛けたことは、他人様には気づかずに、どうでも良いことの「自己満足」の領域から出ることはないのですが。

が、自分というものが、狭い了見で生きてきたし、今もそうなのですから、書いている内容は一年前も、二年前もそう変わることなく、作る料理も、記事の文章も、同じことの繰り返しなのだと、分かってはいても、慄然とさせられました。

が、又一方では、観た映画、読んだ本などの感想が、自分で書いていながら、こんなことを思っていたのか?!
などと、他人のことのように感じたりもするのです。
2005年3月13日から初めて、記事数は≒1000

夕食記事の写真を載せ始めたのが2006年4月10日

さて、そんな自分だけの心機一転で、いくらか旧聞の話になってしまいますが、振り返って、「自分記事」を載せていきます。

何とか、手間かけず、金かけず、でも体に良い惣菜のレシピを常日頃求めて、ネットから料理レシピ検索や、TVの料理番組録画を観たり、あれやこれやしています。
が、実際は、スーパーや八百屋へ行って、旬の野菜、魚が並べられていれば、即座にそれらを買い、煮たり、焼いたり、炒めたり・・・で、そんな事に終始することが多いです。

そんな時に、たまたま、ネットで見つけて、買い求めた料理本
ちゃぶ台ごはん
画像

画像


材料少なく、ヘルシーで素朴な惣菜が収められています。

6月、7月の夕食写真はアップも出来ないまま、マシンの中に眠らせたままでは可哀相なので、全て削除してしまいました。

で、その後の夕食メニュー

7月22日
蕎麦の上に卵と鰻=どこかで見たメニューなのでしょう?
画像


7月23日
冷凍庫に残っていた「サモサ」とトマト入りカレー
画像


この後に「夏野菜カレー」を作りましたが、トマト入りカレーにゾッコンになりました。
あの酸味とカレー味が絶妙です。

7月30日
冷蔵庫に残っている枝豆と玉ねぎ、エビの掻揚げ
玉ねぎの酢醤油漬
画像

=実は、この玉ねぎの酢醤油漬は、山行で一緒でしたT・Wさん(西区の老舗の味噌、醤油、味噌漬けの製造元)
から頂き、レシピをお聞きして彼女のお店から酢を買ってきて作ったものです。
簡単、シンプル、が、玉ねぎがいくらでも食べられる食卓にいつでも置きたい一品です。

7月31日
ピーマンをサット茹でて、既成に塩昆布と合えただけ
参考は⇒コチラ
画像


8月1日
相変わらずピーマンと玉ねぎ
鮭の南蛮漬け
画像


実は、8月1日〜3日は会山行で「白馬三山縦走」の予定でした。
が、前日の気象予報で、延期となりました。
まぁ、先回の「五色ケ原」では、僅かに望みを抱いての実施で、結果的には日帰りに帰ってきた訳で、今回のリーダーは、即座に延期と決めたのですね。
3〜5日は、平日3日の休暇を取らねばならず、即座にキャンセル致しました。
結果、キャンセル者は6、7名だったようですが・・・
「毎日が日曜日」となった方々が多いし、又は休暇が取りやすい人が多い年代なのですね・・・
残念ですが、雨の中歩くだけの山行よりは、参加した方にとっては良かったことでしょう!

2日は、母と蕎麦屋へ。
旬彩天ざる
画像

蕎麦の実アイスは88円
画像


つなぎに「ふのり」を使っている十日町のこの蕎麦は、ツルツルとした喉越しで、蕎麦粉100%の蕎麦よりも好きです。

2日 夕食は残り物整理
ジャコをゴマ油と醤油少々で炒めて発芽米ご飯と混ぜて=「猫マンマ!」
画像


3日
久しぶりに正統派(?)魚屋さんに寄りました。
天然鮎があり、串さして頂きました。
で、懐かしい鯨の味噌汁
画像


4日
冷やし中華
温泉卵=久しぶりに作りました。
2カップのお湯を沸騰させ、其処に1カップの水を加えて、卵を入れ、蓋をして25分くらいそのままに
画像


5日
モロヘイヤを茹でて、細かくしてひきわり納豆と卵黄身だけ乗っけて
茄子とハムのトウチ醤炒め
豆板醤を使いたいところですが、母が辛味はダメなので。
画像


6日
正統派魚屋さんから買ってきた「鯵の開き」
モロヘイヤのお浸し、モヤシ、ハムのポン酢和え
冷やし中華を作った時にNHK[きょうの料理」で知った中華ダレで。
袋詰めになっている冷やし中華は大抵3人前が多いので、この手作り中華ダレを使えば、普通の生麺を2人前買えば、年中作られるし、ポン酢和えの料理にも使える。
画像


8日
蒸し器で、醤油おこわを作る。
オカラも手作り。
天気が良くないので、山は諦めて、掃除したり、朝から台所でセッセと食べ物作り。
体に良い、モロヘイヤ
今日は、茹でて、フードプロッセサーにサットかけて、生姜の千切りと一緒に、チキンスープ味のスープに
モズクの酢の物は弟の嫁さんから、おこわのお礼に頂く
画像


9日
万代に出かけたので伊勢丹地下から
煮込みハンバーグ、柔らかイカのマリネ
画像


10日
惣菜専門店「グランメール」より
「坊ちゃんかぼちゃのグラタン」
かぼちゃはホクホク、グラタンはシットリしていて美味しかった。
八百屋さんの店先にはこの坊ちゃんかぼちゃ売っているのかな?
何年か前には他県から買ってきたことがあったような・・・
かぼちゃの丸ごと料理にするには、何ともカワユイ!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
1000記事達成おめでとうございます。
塵も積もればとは良く聞く言葉ですが、なかなか簡単なものでは無いと思います。
この記事にしても、僅かな文章の中で、文学少女故の言い回しが文学的に感じますが、noritanの生き様が良く現われています。
これからも、気張らずにお続け下さい。
陰ながら(時々はちゃちゃを入れますが)応援しております。
ところで、夕食の記事の写真、noritanらしく庶民的で(失礼かな)好感が持てるのですが、私めの食卓に比べて豪華でおいしそうです。
摂取以上に運動も頑張らないと、ダイエット効果はなかなかでないのではないかと思います。老婆心ながら。
甘納豆
2009/08/12 07:12
甘納豆様
ありがとうございます。
何年経っても同じ能から出てくる言葉、文章は進歩がなくて、改めて読み返してみてガッカリさせられます。
おっしゃる通り、ダイエットには励まねばならないのですが・・・食べているものは、素朴で質素なものが多いのですが・・・
此処へ表示されない影で食べているのでしょうか^_^;
noritan
2009/08/12 09:13
そう言えば、以前はHPに日記を掲載していましたね。でも、ブログの方が気楽に載せられるんじゃないかな?
ブログはプロバイダが転送してくれるからいいけど、HPはこちらの責任なので、転送の度にドキドキしますよね。
自分も、あるページを削除してしまって真っ青になったけど、反対にウェブからコピーしてファイルを作り直して事なきを得ました。心臓に悪いですね。
nirotanの食卓、忙しいのによく手際よく作るなぁ、と感心しています。世辞抜きで料理上手だと思いますよ。
山いろいろ
2009/08/13 17:03
山いろいろ様
HPはページレイアウト、転送など、ブログの気楽さとは違って、煩雑な手続きですよね。
もう、今では作ろうとは思いませんね(笑)
毎日のブログネタとして、自分の食べたものが一番、毎日確実なことなので・・・
が、安直、手抜きなのです・・・
noritan
2009/08/17 05:50
仕事をしながらよく豆にアップできるもんだと感心しています。
夕食も明らかに我家よりバラエティに富んでいる。
輝ジィ〜ジ
2009/08/24 12:17
輝様
「豆」ではないです(ーー;)
次第に億劫になってきていますね〜〜
夕食は、食べすぎかな?
これも量を減らすように心がけています!

昨日から足に筋肉痛がおきています。
お陰さまで久しぶりに「鳥海山」に行くことができました。ありがとうございました。
noritan
2009/08/25 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログの整理と自分振り返り のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる