のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山

<<   作成日時 : 2009/08/23 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

いつもお世話になっております「じぃ〜じの風の吹くまま」の輝様の記事を眺めていたら、急に十○年振りに「鳥海山」に行きたくなりました。
近いのに・・・
なんで、今まで行かなかったのだろう?
以前行った時は「湯の台道」からでした。

早朝の出発は苦手なので、前日にゆっくりと午後、出発。
鳥海温泉保養センター 「あぽん西浜」で入浴後、駐車場内で車中泊。
この一帯は宿泊施設もあり、日帰り温泉、食事処、キャンプ場などがあります。

さて、前泊した割には遅い出発となってしまいました。

鳥海ブルーラインはずっと昔、登山などしなかった頃に観光で通過したことがあります。

私はとても、輝様ご夫婦のようには健脚では歩けないのですが、自分で立てたコースタイムを目安に歩き始めます。

6:30
出発
画像

歩き始めてすぐ、振り返ると駐車場と日本海が見えます。
画像


7:30
何にもないですが「賽の河原」
画像


8:00
御浜小屋
眼下に「鳥海湖」
画像


8:30
御田ケ原分岐
分岐から七五三掛(しめがけ)方面
画像


10:32
大物忌神社
画像


このすぐ横から新山への登りです。
こんな岩場だったっけ?
画像

写真で見ると大したことはなさそうですが、私にとっては、怖々の下って、登りでした。
下ってくる人に「どうぞ」後ろから来る人に「どうぞ」と言っている内に時間がかかります。

山頂は超満員。
かろうじて標識だけ撮れました。
画像


11:20〜12:30昼食
下山は16:00

「花の鳥海」と言うほどには時期を逸していて、それでも、咲き残りは楽しめました。
これが「チョウカイアザミ」?
画像


他に咲いていた花
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


8月は日にち変更で山行に参加出来なかったり、埼玉へ行っていたりなどして、何となく山は不消化気味でした。
久々に歩いた感じでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
隣の笙ケ岳も良いぜ。花の時期にお勧めだ。ところで
おいらのメール見たかい。返事おくれよ。
赤鬼
2009/09/07 06:39
赤鬼様
おはようございます。
「笙ケ岳」も初めて知りました。
そうそう、メールの返事は4日に送信してあります!
今朝、再送致しました。
答えは「連休」は自分の計画を実施予定。ということです。
申し訳ありません<m(__)m>
noritan
2009/09/07 07:07
単独でのカッ飛び!相変わらずお元気ですこと。
鳥海山は日本海側から登ったことがありません。なかなかいいコースのようですね、今度挑戦してみようかな?
山いろいろ
2009/09/08 19:31
山様
おはようございます。
鳥海山は近くてて遠い山で、何故今まで、再訪しなかったのか?
と思った程でした。
鉾立からのコースは、私も始めてでした。
本当は花の盛りの時期が良いのでしょうが・・・
noritan
2009/09/09 06:34
おはようございます。
長閑な山旅、良いですね。
私は、鳥海まだ1回しか登っていません。
行きたい行きたいと思いつつなかなか足が向きません。
七五三掛(しめがけ)、仮名を振ってくれましたのですんなり読めましたが、いつも「シチゴサン???」になってしまいます。
またすぐ忘れてしまうけど。
甘納豆
2009/09/09 08:41
おはようございます
山歩きを始めて間もない頃のH15年8月、豪雨の鳥海山で、鉾立〜御浜小屋(泊)〜新山〜下山は湯ノ台ルート〜心字雪の大雪渓〜滝ノ小屋へ下山でした。
兎に角、何も見えず終始雨で記憶の薄い山行でした。
二回目は豪雨のリベンジとH17年7月、亀田小時代の同級生4人で、鉾立〜御浜小屋(泊)〜八丁坂〜千蛇谷雪渓〜新山〜鉾立へ、この時は、最高のお天気に恵まれ、最高のお花畑に会い、幼友達四人至福の鳥海山でした。また、チャンスがあれば是非別のコースを登ってみたいと思います。 とても懐かしく拝見しました!!!ありがとうございました。
葦原ボーイ
2009/09/09 08:47
甘納豆様
とかく「百名山」をひとつひとつ登っている時には、コースや時期に拘らずに行っていましたが、今は、そういう「呪縛」=(笑)から離れて、ゆっくりとのんびり楽しみながら行けます。
「七五三掛け」ってどういう意味なのでしょうかねぇ〜?
私も心の中では「シチゴサン」って言っています(笑)
noritan
2009/09/09 16:26
葦原ボーイ様
私も始めて連れて行って頂いた時には、湯の台コースで雪渓の当たりがガスっていて道を見失い、行きつ、戻りつしてルートを確保したことを覚えています。
14年振りに番うコースを歩いていると、山頂に着くまでは別の山を登っているようでした。
神社に着いて「あぁ〜鳥海山だ!」と納得したりして(笑)
noritan
2009/09/09 16:30
一人で行くのもいいけど、怪我しないように!
折角山頂行ったのだから帰りは七高山から外輪山回って七五三掛へ出たほうが、鳥海山の全体が感じ取れるのです。但しピストンより2時間弱時間が掛かる。
輝ジィ〜ジ
2009/09/10 06:47
輝様
どうしても、一人&日帰りとなると、早めの下山、ピストンを選び勝ちです。
次回、行くことがありましたら、廻ってみたいと思います。
鳥海山にしても、五色が原にしても、今度は様子が分かったので、花の時期めがけて再訪したいです。
noritan
2009/09/11 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥海山 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる