のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか】

<<   作成日時 : 2009/08/16 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

光佑とお別れをしてから、私は、せっかく、東京へ行くのだからと前もってチケットを購入しておいた「ゴーギャン展」を観るべく東京駅へ。
東京駅日本橋口からは、無料のシャトルバスが出ています。

画像


画像

朝、早い時間の所為か、それほど、会場は混雑していません。
奥田瑛二の音声ガイドを聞きながらゆっくり、観て廻ります。

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
哲学の命題のようなタイトルの横に長い絵画の前はさすがに、人々の動きが止まっています。

先日は新潟で「佐伯祐三展」を観ましたが、絵画は、はっきり言って、解りません!
が、解らないなりでも、観ることで良いのだ、と。
絵が訴える命題を自分の中に取り入れることが出来れば、それで、良いのではないか!と思うようにしています。
絵画や音楽は「解る」から観たり、聴いたりするのではなくて「観る」こと「聴く」ことで良いのだと。

ゆっくり館内を巡ってから、又、東京駅へ戻り、新幹線で新潟へ。

夕食時間までには自宅に着きました。

4日間のお盆休み⇒「埼玉日和+ゴーギャン展」でした。

PS:
30日NHK「日曜美術館」で「ゴーギャン展」を放送していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる