のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「森に眠る魚」

<<   作成日時 : 2009/07/24 12:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


角田光代「森に眠る魚

この本を図書館に予約したのは数ヶ月前でした。
今日現在でもまだ54人の予約者が待っています。
因みに今のダントツは「1Q84 BOOK 1」で606人です。
「悼む人」が209人です。
「悼む人」も数ヶ月待ちで先日読み終えました。

さて、角田光代さんの長編は「八日目の蝉」以来なのですが、この本はいつ読んだのかなぁ〜と思いましたら、ブログには載せてなかったのでした。

「森に眠る魚」はごくごく、普通にママをしている5人の女が登場します。
たまたま「ママ」であると言う共通点だけで、近づき、親しくなろうとします。
が、育ちも現在の環境もそれぞれに異なっている女たちは、その「違い」の隙間をこじ開けるような感覚で他者との比較、妬み、憤りなどなどに心が支配されていきます。
新聞の連載だけあって、章ごとの文章がテンポよく、「何でもない」ことが「とんでもないこと」へと発展していく様子が見事な上手い文章で、心理描写を表現していきます。

文京区音羽でおきた所謂「お受験殺人事件」をモチーフに、かと言って、具体的ないは5人のうち、誰が加害者にあんり、被害者になったのかは、特定されないです。
それは5人の「ママ」が誰もが「加害者」にも「被害者」にもなりうる示唆を提示しているだけです。

日常の「普通に暮らす人」そんな人々も一度、何物かに取り付かれると、奈落への道がいとも簡単に用意されている。そんな、心の移り行く「さま」が、角田さんは本当に上手い!!




八日目の蝉
中央公論新社
角田 光代

ユーザレビュー:
八日目の蝉を読み終え ...
母性の強さと優しさに ...
角田さん尊敬します1 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「森に眠る魚」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる