のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【粟ケ岳】ヒメサユリに逢いたくて

<<   作成日時 : 2009/06/15 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

杁差岳から帰ってからは、最初は喉の痛み&腫れ、次第にクシャミ&鼻水と進んでいきました。
13日は眼科検査の予約が入っているので、日曜日は何処か?に行きたい、でも風邪が・・・
と逡巡していました。
が、弟の同行を得て、実に15年振りの「粟ケ岳 中央登山道コース」から行きました。
目的は、勿論ヒメサユリでした。
画像


近いけれど、近づき難い山?だったのでしょうか?
下田からのコースは何回か行っています。
一昨年は途中で撤退して帰ってくるという体たらくでしたが・・・

15年前には友人3人と行きました。
その頃はまだ、今の会の存在も知らず、とにかく、百名山を始める前に「新潟の山」を10座登れ!と言われて、行ったのでした。
が、難儀で、辛かった思い出が強烈に印象に残っていて、それ以来近くて「遠い山」になってしまっていました。

「粟ケ岳」は庭みたいなもの。今年はこれで3回目という弟は力強いサポーターです。

輝じぃ〜じ様」や「山いろいろ様」の記事も粟のヒメサユリ情報が満載で、是非、晴れてくれ〜〜〜!

自宅6:30出発。
8:00 
画像


1から10までの案内標識には登りの時間、下りの時間が書かれており、通常の健脚者ならだ、この時間通り、或いは、もっと早く歩けるのでしょうが・・・
私は、一応の目安として頭の中に入れて、自分の疲れない程度の歩きで行きます。
画像


弟は大抵残雪期に来ていることが多く、登山道脇に、こんなに葉が茂っているのは初めてだと。
画像


画像


画像

画像

画像


10:25
画像

15年前に来た時にはこの小屋から先が遠く〜〜遠く感じたものでした。

画像


ようやく山頂が先に見えてきました。

ヒメサユリも次々と咲いていま。まだ蕾もあります。
画像

画像


11:40
ようやく山頂で〜〜す
画像


結局、お花の写真を撮ったり、休憩を入れて3時間40分掛りました。
会の仲間3人連れに会いました。
他にも少人数のグループ、仲間山行、単独者、県外ナンバーの方と山頂はシートを広げる場所をようやく確保するほどでした。

女性の単独行に大きな一眼レフを首から下げている人。
正に「ヒメサユリに魅せられて集まった感じですね。

15年振りに登ってみましたが、次回からは又、このコースから来ようと思いました。

帰路は100円の「七谷コミュニティセンター」で入浴しました。
100円の風呂?とバカにしたものではありません。石鹸、シャンプーこそないので持参しなければダメですが中は綺麗だし、お風呂にはシャワーも付いています。

弟に言わせると加茂市は町中の銭湯も100円だそうで、お金持ちの市?なのでしょうか・・・

鼻風邪も山から下りたら少しは良くなったような気がします。

遠くの山へ出かけずとも、近隣の山でも十分に楽しめる!!
次回は久々の会山行参加です。

皆さんの足に付いて行けるかどうか・・・少々不安ですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜、ヒメサユリ咲いていましたね。まだ蕾もあるとは、今年のヒメサユリは美しいに加えて長く楽しめそうだなぁ。
コースタイム、立派なものじゃないですか。
この分なら来週も大丈夫!研修では「ゆっくり歩け」と指導されましたので、のんびり登りましょう。
山いろいろ
2009/06/16 06:02
何べんも言うが、今年は姫に会えそうにない。羨ましいよ。せめてもと思い壁紙に貼り付け眺めているわ。
赤鬼
2009/06/16 06:31
おはようございます。 いよいよ山全開ですね。
山いろいろさんに引き続きnoritanさまもにも、素晴らしい「ヒメサユリ」をご紹介頂き本当に嬉しく拝見しています。・・・・兎に角一度も見た事が無いので。
山で普通見る「ヤマユリ」「オニユリ」「スカシユリ」「クロユリ」等とは全く異なる、淡いピンクの色合いと、か弱さがとても清楚な感じで、これが一面咲き誇っていたらと思うと!!!
花言葉が「飾らぬ美」とかピッタリですね。
葦原ボーイ
2009/06/16 09:31
山いろいろ様
写真を撮りながらでこの時間はまずまずでしょうか?!
このコース、この山改めて好きになりました。
以前の山さまの記事は秋でしたね。秋の紅葉も綺麗でしたね。
noritan
2009/06/16 17:10
赤鬼様
なんで、早々とヒメさまを諦めているのですか!
まだまだ、飯豊、朝日なぞはこれからですよ!
でも、もはや予定がイッパイとか!
私の友人が「点の記」の試写会が当ったって言ってもう観てきたとか・・・
楽しみですね。
全然違う話でした^_^;
noritan
2009/06/16 17:12
葦原ボーイ様
退社時間の寸暇を惜しんで(ナンテ・・・)
ヒメサユリに一番似ている花は「ササユリ」ではないでしょうか?
北アルプスの笠ケ岳に行った時に咲いていて、思わず「おっ!」って思ってしまいました。
新潟県内、福島県、飯豊、朝日連峰で多く咲いていますので、是非、機会を見つけてどうぞ!!
noritan
2009/06/16 17:15
 まだ蕾が残っているのですか!他の花も綺麗ですね。noritan様が久しぶりの山とはちょっと意外です。頼もしい弟さん、有難いですね〜。
テントミータカ
2009/06/16 21:26
テントミータカ様
申し訳ありません。
お返事が遅くなりましたm(__)m
何故か、ヒメサユリってハクサンイチゲみたいにぱぁ〜〜っと、一斉に咲かないみたいですね。
何処かで群生している訳でもないので、登山道脇に順々に咲いている感じですね。
ですので、咲き終わり⇒盛り⇒蕾って具合に登るごとに花の変化も楽しめます。
まだまだ、ヒメさんの咲いている山に行きたいです。
6月末から7月始めくらいまで。
noritan
2009/06/18 10:35
粟ヶ岳のヒメサユリ毎年同じ場所に咲き、何度と無く
見ているのに、それでも毎年会いに行くのが当たり前状態。
あと何年続けることができるのか?歩ける幸せを感じながら…
輝ジィ〜ジ
2009/06/22 06:17
輝様
同じ山を同じ時期に行き、同じ花に出会う。
その「同じこと」の確認がいつまで出来るのかなぁ〜
と思うと、一年、一年の確認が嬉しくなりますね。
noritan
2009/06/23 07:07
今晩は!
また今夜も遅くなっちゃった。
睡眠不足が一番身体に応えますね。歳を感じるようになりました。
逢いたくて逢いたくて、noritanの山への誘いは“逢いたくて”でしたか。
ヒメサユリなんか、新潟県ならどこへ行っても逢えるのに、なんちゃって。
ところが、自分はハクサンイチゲの群落をここ何年も見逃しています。
今年もダメ。
逢いたいな、noritanのお気持ちが伝ってきました。
7月の初めなら飯豊で逢えるでしょうか、イチゲちゃんに。
おっと済みません。今日の話題は小百合ちゃんでした。
甘納豆
2009/06/25 23:35
そうなのです。ヒメサユリは何も粟でなくても良かったのですが、なんせ、このコース、10年以上も避けていたので(笑)とにかく、行ってみたかったのです。
良いコースでした。
もう、新たなピークを目指す山歩きではなく、花を愛でたり、麓をウロウロしるだけです。
私たちがたもぎの小屋に泊まった時にいらしていれば、ハクサンイチゲの群生に出会いましたね。
でも日曜日は朝は、霧雨でしたが・・・
7月に入ると、イチゲちゃんはもう葉っぱばかりでしょうかねぇ〜〜
noritan
2009/06/26 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
【粟ケ岳】ヒメサユリに逢いたくて のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる