のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「坂戸山」〜「雲天」へ

<<   作成日時 : 2008/12/07 23:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

記事作成 2008-12-25

山の会の先輩でもありますし、ブログでもお世話になっております輝ジィ〜ジ様の企画立案の忘年登山に参加させて頂きました。

メンバーは赤鬼様山いろいろ様など全員16名。

先ず六日町「坂戸山」へ。
来年の大河ドラマ「天・地・人」で新潟県内は盛り上がっているのですが、一際こちら六日町は直江兼続の出生地をあって、力の入れ方はさすが!と思わせられます。

画像


画像


車停めにも「愛」の文字が。
画像


実は、数年前の真夏に会の山行で来たことがあります。
暑くて、暑くて、下山後は赤湯へ行き泊まったのでしたが、その頃はこのような歴史はトンと疎かったのでした。
どうも、地元の歴史、或いは戦国時代の歴史(戦国時代に限らないか!)には疎くて、全く、関心も興味も無かったのでした。
が少しは最近は、興味の「きょう」の字くらいは関心を持てるようになりました・・・

薬師尾根コースは、階段状の整備された道を登り、脇には石仏が規則正しく並んでいます。
画像


坂戸城は上杉景勝が10歳で城主となった城で、兼続はその城下で産まれているので、正に「天・地・人」の地元たる地元と言えるのでしょう。

きつい勾配の登りも山頂からは六日町の町並み、遠く清水峠方面と展望が開けています。

画像


山頂にある説明板
画像


山頂から小城〜大城と足を延ばして、昼食。
眼の前には金城山が指呼の先に。

下山後は雲洞庵へ。
昔、選挙事務所で働いていた頃に此処の導師の書かれた色紙を頂いたことがあるものの、訪れるのは初めてでした。

画像


画像


画像


画像


皆と離れて一人静かに、何度も、何度も石畳の道を歩きました。
雲洞庵の土踏んだか」⇒「はい、踏みました」
画像


画像


画像


来年、暖かくなった頃には母を連れてきたい。
坂戸山は登れないが雲洞庵は見たがっていたので。
兼続庵のお蕎麦も食べたいし。

さて雲洞庵見学のい後は今夜の宿「雲天」へ。

先日巻機山へ行った折に立ち寄りました「雲天」が今夜の忘年会の宿です。

画像


宴会前に囲炉裏で寛いでいるところ。
画像


山菜尽くし!逆に言えば山菜ばかり(と言った方がいました!)の料理は皆様の色々なお酒の差し入れもあり、お喋り&お酒と盛り上がります。

さて、一夜明けて、今度はとっておきの芸、手品の披露です。
聞けば、山の会には手品を習って、方々の施設、保育園等に慰問に行かれている方も多いのだそうです。
今回の同行者Nさんは山も強い、重い荷も平気、そして何と隠れた才能「手品」まで。

衣装、靴、バックミュージック用のCD&ラジカセ、皆持参です。
Nさん曰く、他人様に披露することで上達するのだそうです。

4枚に分かれていたトランプが見事1枚に!!拍手!!!
画像


歴史を偲ぶ山登り、雲洞庵見学、山菜料理、手品と盛りだくさんの二日間でした。
雲天を出た処から金城山が良〜〜く見えました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しかったけど、来年はショバを変えようぜ。ワカンが泣いていた。
赤鬼
2008/12/25 05:59
赤鬼様
山菜尽くしに愛想を尽かした?
もっと雪があるところが良いのでしょうか?
norita
2008/12/25 07:27
雲洞庵初めてでしたか。
こんなところで座禅に没頭すれば身も心もすっきりすることでしょう。
今回のブログ、見易く読み易く、流れるように拝見しました。
あと1週間でお正月ですね。
甘納豆
2008/12/25 07:53
ご無沙汰しています。お許し下さい。
「義」から「愛」へ来年はこのドラマ楽しみです。
金城山雲洞庵の土を女性が踏むと特にご利益が
あるそうです。来年はnoritanさんにはよい事が
沢山あるかもしれません。あとは関興寺の「味噌」
をなめて下さい。
インレッド
2008/12/25 09:10
山菜尽くしの雲天ですか!。岩魚とかの川魚も欲しいですね(笑)。
 金城山をはじめて歩いた時、雲洞庵を何気に見学しましたが、来年は、大賑わいでしょうね。私も家人さんを連れてもう一度いってみようかなと。坂戸城界隈のカタクリの頃かな・・・。金城山、白くなりましたね〜。又、残雪の頃歩きたいものです。
 くれぐれもお体ご自愛の上、良い年越しを過ごされますよう。
テントミータカ
2008/12/25 17:57
甘納豆様
そうなのです。遠くは気楽に行っているクセにこんな近い処には今まで中々足が向きませんでした。
同じ新潟県内と言えども、新潟市内に限られて、中越、上越地方は他県のごとく知らないことが多いですね。来年は県内他市をもっと、歩き廻りましょう!
noritan
2008/12/26 01:05
インレッド様
訪問感謝致します。
仰せの通り、次は関興寺の味噌を舐めねばいけませんね(笑)
新潟県内と言えども、本当に知らないことばかりです。
noritan
2008/12/26 01:07
テントミータカ様
私は金城山もまだ未踏なのです(^_^;)
来年は是非登ってみたいです。
今年の最後にこんなに雄姿を眺めたのですから。
そうそう、雲天は、岩魚の塩焼きも出ました。
食べることと飲むことに一生懸命で写真撮り忘れました。
坂戸山や先だって行きました八石山などカタクリの時期も良いでしょうね。
来年は何処かの山頂でバッタリとお逢いしたいですね。
春は孫誕生で少々、山は遠ざかりそうですが・・・
noritan
2008/12/26 01:12
その節はお疲れさまでした。
来年 天・地・人ブームが起きれば、不況の最中Happyなんだけど…
年が明ければ何時の日か我家で新年会やろうか!
今年1年何はともあれ、元気で歩けたことに感謝だね。
輝ジィ〜ジ
2008/12/26 08:47
おはようございます。
忘年登山から雲洞庵見学、しあげに山菜尽くしの雲天での、大忘年会とは何と羨ましきかなです。
来年の大河ドラマ「天・地・人」の舞台が雲洞庵の近くだったとは知りませんでした。
越後人として、我が故郷の歴史を勉強せねばの思いです。
今年6月に小6年の同級会が湯沢であった折、静かな雲洞庵の境内を散策しましたが、心落ち着く質素なる坐禅道場の雰囲気が良いですね!!
来春には初孫お誕生とのこと、今から楽しみですね。
どうぞ良い新年をお迎え下さい。
葦原ボーイ
2008/12/26 10:23
歴史を偲ぶ山登り、雲洞庵見学、山菜料理、手品と盛りだくさんの二日間の忘年会。
おまけがまたいいですね。
<雲天を出た処から金城山が良〜〜く見えました>なんて最高♪
来春は初孫お誕生とのこと、おめでとうございます。
今年もあと僅かになりました。どうぞ良い新年をお迎えください。
FUKU
2008/12/26 17:56
輝様
本当にお世話になりました。
楽しかったでした!
新年は11日が済んでからにお願いします!
noritan
2008/12/27 04:03
葦原ボーイ様
そうですか!今年、雲洞庵を見学されましたか。
私など同じ県内とはいえ、新潟市内以外は本当に県外の方同様に知らないのです。
これからは中越、上越地方にも足繁く通いたいと思っています。山と史跡と。
孫なんて他人事と思っていました、娘が結婚すれば次なる期待は〜〜〜
心配も先立ちますが(無事産まれるまでは)楽しみが大ですね。
noritan
2008/12/27 04:06
FUKU様
そうなのです。たっぷりと金城山の雄姿を眺めたというのに今だ未踏なのです。
来年は是非、登りたい!!
FUKUさんは精力的に登ってますね!私はボチボチです・・・
来年もよろしくで〜す!
noritan
2008/12/27 04:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
「坂戸山」〜「雲天」へ のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる