のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 火傷処置の顛末

<<   作成日時 : 2008/10/11 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

火曜日からは手にはメモを塗り、白い布の手袋をはめて、水を使う時にはその上からゴム手袋をして会社&自宅で作業していました。
ハンドバックのジッパーや紙の端っこがチョット触れただけでも、飛び上がる程に痛い!

火傷は、私は、こんな酷いのは初めてでした。

母は、昔、お風呂を沸かすのに、タイマーがまだ、無い頃、時間を勘違いしてジンジンに沸いてしまったお風呂に片手を突っ込んで、腕を大火傷をしたことがあります。

娘は小さい頃に、ポットを倒して(その頃のポットは倒れるとお湯が出た)やはり腕に火傷をしました。
2歳くらいの時だったでしょうか?
医者に母が連れて行き、治療する時にも泣かなかったと褒められたとか!

が、私は、火傷初体験です。

で、全くの素人判断で、余り皮膚は隠すよりは熱い湯はダメですが、ぬるい湯や水なら大丈夫なので、炊事をする時には手袋を外してしまいました。

赤み⇒水泡⇒破れて液が出てくる


で、剥れた皮膚がヒリヒリします。

でも我慢、我慢などと思っていました。

で、3連休には手袋をすれば大丈夫かな?山に行けるかな?
などと思っていました。
が、まぁ念の為に、10日、退社後には皮膚科へ行きました。

やはり!というべきか、素人療法の誤りで、剥れた皮膚が炎症を起こし掛けていました。
消毒したガーゼを当て、ガーゼでグルグル巻き、ネットで覆われてしまいました。
あぁ〜山は又行けません〜〜〜
画像


6日
栗ご飯。栗と鶏肉の煮物。
画像


7日
秋刀魚。ポテトサラダ
画像


8日
久しぶりに自分で揚げた天ぷら。
油で火傷して、まだ、手が痛いのに・・・懲りないのです。
海老が真っ直ぐに揚がらない〜〜
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
包帯が痛々しいね。無理しないでね。
私は最後の一行に引っかかっています。海老は大体丸まって揚がるものではないのでせうか?
真っ直ぐに揚がらないとは・・・????
山いろいろ
2008/10/16 12:33
山様
海老を揚げた状態で「背筋を伸ばした状態」になるよう真っ直ぐに揚げる方法⇒切れない程度に切り込みを入れて、揚げる。
その方が海老が大きく見えるじゃないですか!
この切り込みが不完全だと揚げた時に曲がってしまう。と、言うことです。
noritan
2008/10/17 05:47
海老天って腰部分は少し曲がるけど、普通伸びているよね!
輝ジィ〜ジ
2008/10/17 09:04
輝様
離れない程度に身に切り込みを入れると曲がらないそうです。
私は切り込みが遠慮し過ぎたのでした。
noritan
2008/10/17 12:32
しばらく山にいけないコメントを覗って、気にはなっていたのですが・・・・
 アチャ〜!!!。コレは痛そう!!。よく我慢されていましたね。我慢が良すぎて大変だったようで、ホント大事にしてくださいね。
 さつまいものテンプラ、好きなんですよ、私(笑)。
テントミータカ
2008/10/20 18:52
テントミータカ様
コメント、お見舞いありがとうございます。
自分の手がガーゼに被われたら、これも「記念」と思って、自分の手を撮ってしまいました(笑い)もう、今は、赤みは多少残っていますが、当っても濡れても痛くなくなりました。
でも、揚げ物は好きなので、懲りずに作っています(笑い)さつま芋やカボチャの天ぷらって、揚げた直後から摘み食いしたくなりましたね。子供の頃は。19日はひと月振りに山に行けました!!
noritan
2008/10/22 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
火傷処置の顛末 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる