のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「朝日岳〜栂海新道」2日目

<<   作成日時 : 2008/08/15 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

翌日の天気を心配しながらも、アルコールで満たされた脳は、スコンと寝つきの良さは天下一品のようです。
誰よりも早く、他の方々がまだお喋りをしているというのに、早々と寝つきました。

さて、二日目です。
もう、4時を過ぎると、ゴソゴソと起き出す気配。
朝食は5時。出発は5時半です。

まずはオーナーの清水ゆかりさんと記念写真。
画像

私は、恥ずかしいので顔を出せませんが・・・
清水ゆかりの小屋番日記」を見させて頂くと「連泊用メニュー」があるそうで、こちらも美味しそう!
それで、心密かに思ったことは是非、来年は(鬼も笑わぬ!)連泊して、雪倉まで足を延ばして、行きつ、戻りつしてお花を堪能したい!
どうも、周回も良いのですが、五輪尾根が好きではないので。
などと、今書きながら思いました。

さて、心配した天気ですが、雨は大降りではありません。ガス雨?でしょうか、霧状です。
6:30 朝日岳山頂です。

到着時間等は、私がカメラを撮った時間で書いています。
ですので、私よりも一足先に着かれた方のコースタイムではありませんので。
画像


7:00 千代の吹上げ 五輪尾根と栂海新道との分岐です。此処までが歩いた道、此処から先は初歩きです。
画像


千代の吹上げと言う名の通り、風も強いです。

ニッコウキスゲが斜面に咲いています。
画像


アヤメ平にはアヤメが咲いていました。
画像


9:20 地搪とチングルマ
画像


9:30 黒岩平の水場を過ぎると、突如として「小屋がある」との声。

登山道整備の為の作業小屋でした。
今後、もっと整備されるのでしょう。
画像


10:10 黒岩山
画像


11:40 サワガニ山
画像


朝、ガスの中での出発でしたが、雨具も脱いで、快適な青空の下での歩きです。
此処でお昼です。
山頂は狭く、他のグループがいましたので、痩せ尾根の青海方面の山々を眺めながらのお昼です。
朝日小屋でお願いしたお弁当ですが、ご飯が多くて、1/4くらいしか喉を通りません。

これから登るピークが見えます。
三つ目の台形が犬ケ岳でその直下が「栂海山荘」になります。
肉眼で、赤い屋根が見えます。
画像


13:00頃 北又の水場
画像


朝日小屋から、栂海新道を目指した人は私達7人の他には2人が3組と単独とで計14名。
その他に、テント泊からも目指した方々が居た訳で、W大の山岳仲間は、70リットルはありそうな大きなザックに、この水場で何と10リットルの水をポリに入れて担ぎかげていました。
上高地から入り、槍ケ岳からの縦走だそうです。
あの槍の穂先から日本海まで!!!

画像


北、左側に「海が見える!」と。
画像


13:55 ようやく犬ケ岳です。
画像


さ〜〜て、今夜の宿「栂海山荘」到着です。
画像


山荘前のテン場とヘリポート
画像


大雨には当らず、二日目も無事に終了しました。
カンカン照りでは無かったことが、むしろ幸いでした。

では三日目へ。

登山道には随所に花が咲いていました。
風が吹いていたり小雨だったりと全ての花をカメラに納めてきた訳ではありません。
その中の一部です。

朝日小屋までに咲いていたカライトソウ
画像


チングルマ
画像

ハクサンオミナエシ(テントミータカ様より教えて頂きました)
画像


キヌガサソウ
画像

ハクサンイチゲ
画像

クルマユリ
画像

マツムシソウ
画像


本当に、これだけではなしにたくさん、たくさん花は咲いていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この日は9時間ぐらいの歩き、結構厳しいですね。
ところで、栂海山荘は綺麗な避難小屋でしたか?人数はどのくらい泊まれそうなの?この日は満員でしたか?
水場はどうなの?近いの?
質問ばかりでスミマセンね。(^。^)
山いろいろ
2008/08/21 12:18
 朝日の小屋のご飯は、美味しいですよね〜。黒岩平で作業小屋とは、貴重な写真ですね。五輪尾根の木道は濡れると歩くのに神経を使いますよね。まぁ、何度も通うと慣れてくるのですけど(笑)。

ミヤマキンポウゲ(?)とあるのは、ハクサンオミナエシ(コキンレイカとも)ですね、私も好きな花です。
テントミータカ
2008/08/21 13:10
今晩は!
レポ一気に公開、力が入ってますね。
私も山いろいろさんの質問の答えを待っています。
noritanの楽しげな気持が良く伝わってきます。
甘納豆
2008/08/21 18:59
山いろいろ様
二日目は地図上のコースタイムで言えば、7時間半ですが、お昼、休憩等で、結局このくらいは係りました。
もっと早歩きならば、短縮できるかもしれませんが。
栂海山荘は綺麗?汚い?云々の前に、まず此処にさわがに山岳会の小野氏が小屋を作って下さらなければ、この栂海新道縦走は果たせない訳で、そういった意味では感謝!ですね。
食事、煮炊き用のテーブルが小屋の入り口にあり、二つしかないので、混み合う時、雨天時は外で出来ないので、順番になります。部屋は綺麗ですが、トイレがチョット・・・ネ
管理費は1,000円で、200円で毛布が借りられます。たくさんありました。
栂海山荘へ着く前の水場は「北又の水場」で犬ケ岳への登りの手前にあります。登山道から往復10分とあります。私は水汲みを頼んだので実際には水場には下りていないのです。横着ですみません。
黒岩平手前にも水場あり、3日目の黄連の水場もあり、シキワリの水場も水はありました。
noritan
2008/08/22 04:50
テントミータカ様
お花の名前、訂正、ご指摘ありがとうございました。
早速、訂正させて頂きます。
先回、五輪尾根の最初に出てくる「滑りやすい木道」で、スッテンと転んだもので、何となく避けたくなってきます・・・
noritan
2008/08/22 04:53
甘納豆様
今回のコースタイムは、私が皆さんの足をゆっくりにさせてしまったようで、甘納豆様や山いろいろ様ならばもっと時間短縮できることでしょう。
今回は小雨の中での歩きも随所にあり、でも暑さで、バテルことが無かったことは幸いでした。
荷も重いし、健脚者と言えども状況によってはバテルこともあるので、セッセとは歩けないかもしれませんね。ナンテ・・・私が言えたことではないですが・・・私は、とにかく、最小限度も物しか持たず、大バテしなかっただけ幸いでした。
noritan
2008/08/22 04:58
偏屈者のジィ〜ジは五輪尾根結構好きだったりして…
ゆかりさんようやく覚えたようで…
輝ジィ〜ジ
2008/08/23 22:35
輝様
昨夜は輝様宅の前の「F万」で友人と飲んでいました。
私がどうも五輪尾根の滑る木道が苦手〜〜〜
先回、一度転んだので(ーー;)
noritan
2008/08/24 10:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
「朝日岳〜栂海新道」2日目 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる