のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「本当と嘘とテキーラ」

<<   作成日時 : 2008/07/07 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

土曜日、午後から出かける前に毎週観ているNHK「監査法人」を録画していこうと新聞のテレビ欄を眺めていましたら、何と(私はどうも、この”何と”と言葉を使い過ぎ!語彙の貧しさ!)「山田太一脚本」「佐藤浩市主演」のドラマがあるではないか!

通常昼間の2時間ドラマの類は殆ど観たことはないのですが・・・

おぅ!おぅ!と思い録画していきました。

やはり山田作品は期待を裏切らない「現実」の問題を柔らかく、しかしリアルに描ききっていて面白かったでした。

これは5月の放送されたものが新潟では遅れての放送でした。

佐藤浩市は今、もっとも旬な中年俳優?
若い頃から好きでしたが、やはり年齢を加えて、まろやか、角が削れたような感じ。
が、自身のイメージを固定することなく、監督や作品に恵まれて、色々な中年の顔を出していくように自助努力をされているところが又、良いですね〜〜〜

次回作の映画も楽しみです。

本当と嘘とテキーラ」は父と娘二人暮らしの生活に突然に、娘の同級生が自殺します。
唯一、手がかりはその娘の名前が記されたノートの切れ端です。

自殺した子の母、父、そしてその名前の記された娘の父、父の仕事関係で知合った会社を解雇された中年の男。
それら「大人」たち。そして中学生の娘、朝美、自殺した里花、「子供」たち。

大人の感覚と子供の感覚、事を急かさず、しかし、事実から離れることなく、「事」の真実と人と人との繋がりの「本音」にも近づきたく「言葉」を使って、心の奥に封じこめていた「真実」に気づき、眼を向けようとします。
ジワリ、ジワリとした人の心の動きが見事に表現されています。

冷蔵庫整理の為に決まったメニュー
オムライス・ベーコン+玉ねぎスープ
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
佐藤浩市さん、私も好きです〜。若い頃のとんがって危険な感じが好きでしたけど、最近はちょと緩んでそれも又好しです。
いつもながらnoritanさんの解説は見事ですね。本も映画も。見逃した私は「あ〜再放送はいつだろう〜?とチェック。
それと「監査法人」ハゲタカには遥か及ばず!と
思ふのですが・・・配役が駄目なんだなあ〜。主役の唇の赤さと髪型が気になる(笑)原作は良いのかも知れませんが。いかがでしょう?
chie
2008/07/09 09:25
chie様
もうすぐ公開予定の映画も又、新たな境地開拓のようで楽しみですね。
ドラマ、映画「佐藤浩市」の名前を見ると内容を見ずとも観てしまいます(笑)
「監査法人」は確かに、イマイチですね。
原作本がある訳ではなくて、矢島正雄の脚本なのですね。
矢島正雄って、弘兼憲史の「人間交差点」の原案者だと思いましたけど・・・
確かに塚本高史の唇は紅いですね(笑)
noritan
2008/07/10 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
「本当と嘘とテキーラ」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる