のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「飯豊町・小国町合同 飯豊連峰山開き」

<<   作成日時 : 2008/07/06 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

先日(6月22日)の「浅草岳山行」でも「ヒメサユリ」は見ることが出来ました。

が、やはり、本命は!
昨年も行きました、飯豊連峰「大日杉」からの稜線です。
昨年は思った程の出会いはなく、今年は!と期待をかけました。
天気予報は土日ともまぁまぁ晴れ。ならば、久々に小屋泊まりで出かけようか〜〜〜

「テントミータカ」様の詳細記事でも蕾がまだありましたので。

が、結局は軟弱な精神が弱気を出して・・・
やはり、花を愛でるだけならば・・・軽い、日帰りで行こうと決めました。

先日買いました28リットルのザックを始めて担いでもみたいし。

で、「大日杉小屋」に宿泊予定と山の情報を電話しましたら、前夜は山開きの方々が多く泊まるのでうるさいかもしれませんがどうぞ。と言われました。

自宅を2:30頃出発しました。

一年振りの大日杉小屋前に着きますと、何と、山開き式典の真っ最中でした。
16:30から始まった式典のもう後半、テープカットの処でした。
画像

次は明日のリーダー紹介です。
飯豊山岳会と小国山岳会の皆様です。
画像


山形県側の飯豊連峰山開きは、飯豊町と小国町と合同で行い、一年ごとに登山口を変えてします。

今年は飯豊町なので、大日杉〜御坪までです。
昨年は小国町で、A班梶川尾根コース、B班石転び沢コースとに分かれて実施されたようでした。
どうりで、昨年はこちらは静かだった訳でした。

私は花を見ながらゆっくり登るので後ろをついて登るつもりでした。
が、係の方の話を伺ったり、大勢の皆さんと離れて、一人で隅っこでお酒飲むのも侘しいかな?
と、急遽、参加申し込みをしまして、18:00からの懇親会に出席です。

夕闇迫る大日杉小屋。
此処で泊まるのは初めてです。
新装なって間もない、中は綺麗です。
シャワー室もありました。
画像

この建物の階下でシートを敷いて懇親会です。

夕食のみ(朝食&昼食はパス)ですと参加料は5,000円です。
夕食&缶ビール500&お酒少々&ウーロン茶&バンダナ&小屋管理料1,500です。
参加者は30名。丁度10名ずつ3班編成です。
画像

山形県内から23名、宮城県1名、秋田県1名、新発田市1名、長岡市2名、前橋市1名、新潟市1名(私)でした。
最年少は小学1or2年生、最年長70代。男女半々です。

さて、いよいよ仕度をして出発です。
4:50
画像


早速出てきましたギンリョウソウ
画像


7:15だまし地蔵から見た地蔵岳と奥に飯豊本山
画像

7:25本山が迫ってきます。
画像

7:57 地蔵岳
画像


10:25 目洗清水付近から見た本山
画像


目洗清水まではこれで3回目ですがこの先は初めてです。
此処が御坪
画像


本来の目的は此処までだったのですが、それぞれの体調に合わせて、地蔵岳で休憩する人、この辺で休憩する人といました。
が、御沢の雪渓まで行こう!と言うことで進みました。
画像


10:30 御沢雪渓を見ながらの食事です。
画像

先頭の3班が大鍋で味噌汁を作っておいて下さいました。
画像


後、少しで切合小屋だと思うと、やはり今度は泊まりで来たいなと思ってしまいます。

今回の参加の目的は皆さん、ヒメサユリが目的、一度、初めて飯豊の稜線を歩いてみたい。
小学生低学年の女の子二人とお母さん、中学3年生の女の子とお父さん、ご夫婦、単独者と様々で、正に一度きりの「山での一期一会」です。

11:20に下山開始です。
ザンゲ坂は登りは何も怖いほどのことは無かったのですが、やはり鎖があると下りは神経を使います。
慎重に下りて大日杉下山は3:20
班毎にまとまり、私の2班は最後で、下りもゆっくりとした人がいましてラストでした。

小屋前には役場の方々が冷たいスイカを持って待っていて下さいました。
そのスイカの甘く、冷たく、美味しかったこと!

又、又来年も小国町からの参加がしたくなりました。
この同日は新潟県側からの山開きも行われたようで、飯豊日よりなのでしたネ。

登山道で見かけた花々です。
ヒメサユリは目洗清水から先の御坪付近が一番咲いていました。
画像

画像

画像

画像

御沢の雪渓付近に咲いていました
画像

画像


7:46 最初に見つけたヒメサユリ
画像

画像

画像

画像

画像


ヒメサユリを見つけると全てカメラに納めたくなるくらいです。
会山行ですと、写真を撮る間もないほどに皆さん、ドンドンと歩かれることが多いのですが、今回は立ち止まってカメラを構える人が多かったので、楽でした。

記念に頂いたバンダナ
画像


来年はこのバンダナを首に巻いて参加しましょ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
一人で行ったの? 誰かさんが一緒に行くようなこと言ってたけど。花きれいだね。
赤鬼
2008/07/09 06:35
赤鬼様
たまたま話した誰かさんも一緒に行くと最初言ったのですが、用が出来たとかでキャンセル。
結局は私も小屋泊まり止めて日帰り。
花観るだけが目的なら御坪までで十分!
ヒメサユリは一本咲いていても綺麗ですが、仲間で咲いているとより一層見事ですね!!
noritan
2008/07/09 06:49
お早う御座います。
やっぱり飯豊でしたか、雪渓もヒメサユリも
鮮やかですね。私も直ぐにでも行きたくなり
ましたが、今は我慢です。
足の具合が良くなったらイイデリンドウを見に
行こうかなー?。
インレッド
2008/07/09 09:13
おはようございます。
梅雨の合間の絶好の山歩きだったご様子ですね。
>正に一度きりの「山での一期一会」です。<
お一人で参加、山の大好きな方々と楽しく語らいながら、素晴らしい自然を充分に味わいゆっくり登るとは、何とも心豊かになる山行でしたね。
それにしても、ヒメサユリやシラネアオイ等などに加え、まだ残る雪渓の心地よいご紹介をありがとうございました。
葦原ボーイ
2008/07/09 09:41
こんばんは!
ゆったりした、ヒメサユリを愛でる山旅、良かったですね。
急遽山開きに参加は賢明です。みんなで楽しく、歩いたりお花を見たりと、良い休日になりましたね。
山開きの特典のバンダナ、味噌汁、スイカ、どれも欲しいな。
甘納豆
2008/07/09 18:52
 念願の満開のヒメサユリ、お花見らしく身軽に皆でわいわい、楽しそうですね。お坪の雪渓縁にキヌガサソウも咲くのですよ。
 イベント山行は、こうしてnoritan様のところで、フムフム拝見させてもらいます。バンダナ・味噌汁・スイカ、いいな〜(笑)。
テントミータカ
2008/07/09 19:39
インレッド様
本当にヒメサユリに関しては堪能しきった!という満足感でいっぱいです。
同じ山でも半月違うと花が変わっていくので、毎月でも行きたいところですね。
noritan
2008/07/10 00:44
葦原ボーイ様
佐渡ではシラネアオイをあんなに沢山見てきたというのに、名残りの花を見つけると又嬉しくなるものですね。山は花はなくても良いけれど、花があることで楽しみは倍化されますね!
是非、いつか訪れてみて下さいませ。
noritan
2008/07/10 00:48
甘納豆様
山形県、福島県の山開きにはここ3年間、結構参加しましたが、いずれも地元の方の歓迎振りが嬉しいですね。清酒「飯豊山」は少々甘口でしたかな?
新潟県側の山開きにはKリーダーと6名ほどの参加だったらしいですね。弟も参加したというので「どうだった?」って聞いたら「良かったよ」の一言!
男は味気ない〜〜〜
甘納豆様も来年は是非参加しましょ!
noritan
2008/07/10 00:52
テントミータカ様
いつも、記事を参考にさせて頂きまして、拝見すると、行きたくなってきます。お花や鳥、山座同定等も勉強させて頂いております。
何も知らず、ただ歩いて、眺めて帰ってくるだけですが・・・
次には、私も朝日岳方面に行きたくなりました。
後、後、着いて行きたくなります(笑)(^_^;)
noritan
2008/07/10 00:55
はじめまして・・・
飯豊大好きのものです。「かしましいっちゃんのお部屋」でブログを出しています。
今回は同じ日にみなさんより1時間近く早く出発して、本山をめざしたのですが、ヒメサユリちゃんの群生に会って、もう足が進まず、切合小屋で宴会でした。楽しそうなイベント盛りたくさんでしたね(^^)飯豊朝日登山者情報の掲示板2に投稿させてもらいました。
これからもまた、寄せてください。
楽しみにしています。
いっちゃん 
2008/07/15 07:01
ももも、もしかして大日杉小屋1.5km手前の林道で帰る途中の薄茶色のエクストレイとスライドしませんでしたか?
HZU
2008/07/15 17:31
いっちゃん様
訪問、コメント感謝いたします。
目洗清水から御沢までの群生は本当に見事ですね。
来年は(誰かが笑うか!)私もゆっくり小屋泊まりで行ってみたいと思っています。
今後共よろしくご指導下さいませ。
noritan
2008/07/16 07:02
HZU様
訪問、コメントありがとうございます。
薄茶色のエクストレイ???
私は年代物のモスグリーンのオンボロアルトです。
すれ違いましたか(^_^;)
今度、クラクション鳴らして下さい(*^_^*)
noritan
2008/07/16 07:05
新潟から唯一の参加お疲れさまでした。
念願のヒメサユリに会えたそうでまずは何より。
山開き行事は土産がつくからたまにはいいネ。
小生 大日杉からのコースって未経験なのよ!
何時か案内して頂戴。でもくたびれジィ〜ジ歩けるかな?
輝ジィ〜ジ
2008/07/16 18:40
輝様
遠路からお帰りなさい。
輝様が大日杉からは未経験とは!
このコースは本山の雄姿を見ながら登られる危険箇所の無いコースで良いですね。
ただ、帰りに地蔵岳までの登り返しが少々うんざりしますが・・・
>くたびれジィ〜ジ
などと・・・何をおっしゃいますか!
noritan
2008/07/17 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「飯豊町・小国町合同 飯豊連峰山開き」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる