のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アオネバ峠⇒尻立山⇒金剛山⇒白瀬登山口」

<<   作成日時 : 2008/05/10 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

【山  名】 : 「尻立山」「金剛山」
【所在地】 : 新潟県佐渡市
【標  高】 : 尻立山 940m 金剛山962.2m
【形  態】 : 会山行 35名

近くて、遠い処が新潟市にとっても、私にとっても佐渡と言えます。
佐渡の山行は7年振りです。
以前は防衛庁管理道路から金北山⇒マトネ⇒アオネバ峠でした。

今回はアオネバ峠⇒尻立山⇒金剛山⇒白瀬登山口の日帰り山行です。

画像

             佐渡市で配布している地図より

佐渡汽船6:00⇒8:15そろそろ佐渡が見えてきました。
画像


35名が4台のジャンボタクシーに分乗してアオネバ登山口へ向かいます。
9:00アオネバ登山口出発です。
画像


歩き始めるとすぐにエンレイソウが咲いています。ニリンソウも。
シラネアオイは少々元気ないですが、これはもっと上で期待しましょう。
次々と花は登山道両脇に絶えることなく、咲いていて、会の山行でなければ・・・
もっと、ゆっくりとカメラを構えたいところなのですが・・・
班編成で歩いているし、そうでなくても、必死に間が空かないように努力しているので、なかなか、急いでシャッターを押して、次に・・・って訳にもいかずに・・・
愚痴ってますが、これは致し方ないことです。
で、結果、帰宅してみると、花にピントが当っていない写真もありました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


以上が登り始めて、青ネバ十字路10:35までに咲いていた花です。
他にも咲いていたのですが登山道から外れていたり、撮れなかったり、ピンぼけだったり・・・でした。

画像


ヒトリシズカもこんなにたくさん
画像


画像


10:56 分岐です。
画像


画像


実は、シラネアオイの秘密の群生があると言うことで一旦、キャンプ場の方へ歩きます。
画像


ありました!
画像


再び、先ほどの分岐に戻ります。

金北山方面が望めます。
画像


11:26
両津湾と加茂湖を眼下にお昼です。
ドンデン山荘の手前です。
画像


ドンデン山荘はなかなか洒落た建物です。
これを眺めながら思ったことは、よし!来年は此処に泊まってゆっくりと花ロードを石花コースから縦走したい!
画像


画像


画像


12:30 尻立山到着。
ドンデン山という山はなく、尻立山・論天山・芝尻山の3座を評してドンデン山、ドンデン高原と称しているようです。

ドンデン池方面へ下りていきます。
画像

画像


画像


画像


画像


今頃にユキワリソウを見られるとは感激です。
鳴神山山行の帰りに立ち寄った群生地では既に終わっていたザゼンソウです。

ずっと咲いていて両脇、ザセンソウロードでした。

画像


15:05 金剛山到着です。

外して抱えることが出来るこんな看板しかありませんでした。
画像


やはり眼下には海が見えます。
画像


山頂からも歩きながら花が咲いていました。
一気に下山。16:55

画像


ほぼ予定通りの時間でした。

帰路は「グリーンホテルきらく」で入浴。疲れた体が癒されます。

こんなに多種の花が一気に咲くこの時期の佐渡の山は、大型観光バスで県外からのツァーも多くいます。
今や佐渡の観光は一般的な観光地ではなく、花の山旅なのではないかと思われるほどです。

尻立山への登山道にヤマシャクヤクが咲いていました。
上手く撮れませんでした。
これは佐渡の山野草が載っているサイトから頂きました。

画像


両津港からの移動には行きも帰りもジャンボタクシーを利用しました。
途中には一緒に参加しましたSさんのご実家が近くにあり、脱いだ靴や着替え等を預からせて頂きまして本当に助かりました。Sさんありがとうございました。

無事22:00 新潟港に到着です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
佐渡はまだまだ花がいっぺことあるねえ。正に百花繚乱ですな。おいらが行ったのは何年前か忘れた。確か
輝ジイージ夫妻と一緒だったなあ。
赤鬼
2008/05/13 06:39
赤鬼様
私も7年ぶりでした。
改めて佐渡の山の凄さを認識しました。
だって、ユキワリソウとカタクリとシラネアオイとザゼンソウなどが一気に咲いている山ってないですよね!
絶対に来年も行きたいと思いましたネ。
土日は混むので、やはり佐渡は平日がベターですね!
no
2008/05/13 06:44
花の宝庫 佐渡 来年は平日に鬼さんや皆と行こうか!!
ジィ〜ジドンデン山方向は行ってはいないのだ!
金北〜アオネバだった。
輝ジィ〜ジ
2008/05/13 07:03
輝様
本当に、早くも来年のことを考えるのは山人間だけでしょうね!
何でも外海府の石花コースからの花が多いとか、遠いのですが相川から石花までライナーバスが出ているし、でなければタクシー利用で石花⇒ドンデン山荘泊⇒金剛山⇒白瀬ということをシュミレーションしてみました。
ドンデン山荘はお風呂もあるし、漁火を見ながら、星を見るってのも良いですネ!
noritan
2008/05/13 07:20
 やはり佐渡の花は圧倒されますね。山シャクヤクにはじめ、いろいろな花が一杯、まさに百花繚乱で。来年こそ、来年こそ(ドンデン山荘脇テント三泊か?・笑)・・・。
テントミータカ
2008/05/13 11:41
2年前に登った日の事が鮮明に蘇りました。
透き通るような新緑と、素晴らしいお花たち、目に浮かびます。
ドンテン山という山は無いとは、初めて知りました。
シラネアオイの秘密の群生地があったとは・・・・確か、キャンプ場へいけなかった記憶。
新潟には、ドンデン山・角田山・二王子岳などなど、近くに楽しい山が多くていいですね。
葦原ボーイ
2008/05/13 12:37
こんにちは!
結構多勢で佐渡へ行かれたのですね。
皆さんのブログも佐渡のお花で花盛りです。
ご先祖様が佐渡の出、自分も物心がようやく着く頃まで佐渡に住んでいましたので、佐渡と聞くと愛着を感じます。
しかし、お墓参りもとうの昔に途絶えてしまって、今では山とお花が対象の島でしかありません。
チョコチョコ行くにはやっぱり遠いですよね。
甘納豆
2008/05/13 12:39
テントミータカ様
キャンプ場があるので、テント泊ってのも良いですね!私は無理ですが・・・
他の山ですと時期がずれて咲く花々が此処では一斉に咲くチャンスがあるって素晴らしいですね。
大勢来た方がいいのですが・・・
荒れないように願うばかりです。自分たちも大所帯で歩いたのですが・・・
今年行って、帰った後からもう来年も行きたいと思うほどです!
noritan
2008/05/13 13:38
葦原ボーイ様
そうですか!2年前に行かれたのですか!
地図を見ても「ドンデン山」と言う表記がないので調べましたら、そうだったのです。
私のカメラや腕では未熟なので、この写真では収めきれないくらいの素晴らしさでしたね。
ニリンソウ、シラネアオイ、ザゼンソウのこれほどまでの群生は知りませんネ。
佐渡病(さどやまい)に罹ったようです(笑)
noritan
2008/05/13 13:41
甘納豆様
ご幼少の頃佐渡に住まわれていて御先祖様が佐渡の御出身とは!
新潟からは角田山などからは近くに眺められるのに、いざ行くとなると「近くて遠い地」ですよね!
時間は掛かってもフェリーでのんびり行くのも良いものでした。安いし・・・
立派なカメラマン(ウーマン)がたくさんいらして、私が一番未熟者ですが・・・
noritan
2008/05/13 13:44
noritanさん 佐渡はお世話様でした。
お昼もおいしい○○まめ ご馳走様! この前はメールもありがとうございます。一杯お世話になりました。 私もnoritanさんと一緒で 佐渡がすっかりお気に入りになり 来年も絶対いくぞ〜! と皆に吠えています。
サラダ
2008/05/13 21:25
サラダ様
楽しい佐渡でしたね。
吠えているとは凄い意気込み!!
ジャンボタクシー1台か普通のタクシー1台の人数なら安く行けますものね。
ご一緒できると良いですが・・・
来年の話はオニが笑うか^_^;
noritan
2008/05/14 09:43
noritanさん、こんばんは!
佐渡ではお世話様になり有難うございました。そしていろいろ御馳走様でした♪
新緑の中、沢山の花、花、花、良かったですね〜 すっかり佐渡に魅了されました。
私もサラダさん同様、来年も絶対行くぞ〜!と、吠えています。(*^_^*) 
FUKU
2008/05/15 18:10
お世話になりました。
こんなに綺麗なヒトリシズカは見つける事が
できませんでした。
佐渡の山は素晴らしい花の山でしたね。
毎年、登ってシラネアオイに会いたいです。

○○まめも食べたかったわ(笑)
24日も宜しくお願いします。体調を整えておかなくちゃ。
いめか
2008/05/15 22:50
言い忘れました!
私も、来年も絶対いくぞ〜行くぞ〜
と、わめき散らしております。

お後がよろしいようで…
いめか
2008/05/15 22:55
FUKU様
いめか様
ブログ「4姉妹」=?はすっかり佐渡に魅せられてしまいましたね。
交通の便と着替え預けの問題が一番悩みの種ですよね。
来年は是非O氏お薦めの「石花コース」からドンデン山荘泊まりでの縦走を考えております。
皆さんで一緒出来たら良いですね!
noritan
2008/05/16 02:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アオネバ峠⇒尻立山⇒金剛山⇒白瀬登山口」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる