のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新潟発 団塊の世代史」

<<   作成日時 : 2008/05/09 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


「新潟発 団塊の世代史」は
『本書は昭和62年(1987年)5月7日から6月12日まで、「ひとものがたりー新潟市坂井輪中昭和37年卒」と題し、新潟日報家庭面に28回にわたって連載したものを基に、大幅に加筆修正し、まとめたものです。』
と、あとがきに書かれていますように、非常にローカルな新潟の坂井輪中3年B組の生徒たちの卒業後の生活を取材してまとめたものです。
本書出版は平成7年1月です。

昭和21、22年生まれの世代は団塊の世代のトップです。
取材し、記事を書き、本書をまとめられた箕輪紀子さんも3年B組のおひとりなのです。
坂井輪中、新潟高校、新潟大学、新潟日報社と進学、就職された箕輪紀子さんは、同級会で懐かしい面々に会い、来た人、来なかった人たちの消息を訪ね、卒業後の生活を聞き出してまとめられたのは、凄いことと思われます。
登場人物のB組面々は実名で書かれています。

私は小学校4年の夏休みに坂井輪地区に引っ越してきました。
当時の坂井輪地区の小学校は小針地区の小針小、坂井輪地区は旧新通小と国道(旧116)より上の地域は内野小でした。
私の移り住んだ場所は農家の家はなく、県が宅地造成したり、ゼネコンが宅地造成した区画整理された新興住宅地でした。
郊外のマイホームという言葉そのもの。
内野小へは越後線での電車通学でした。
2年半の電車通学は楽しく、友達とのお喋りや駅前広場での缶けり遊びに夢中で次の電車にしたり・・・
豪雪時には電車が不通になり、大勢で歩いて雪道を学校まで行き、着いた時には学校は休校になっていて、又、歩いて家まで帰ったり。でもその雪道歩きが又、子供にとっては楽しかったのでした。

そして内野小の子は内野中と坂井輪中とに別れます。
坂井輪中には1、2年しか在籍していなく、3年になる春休みに、引っ越す前に住んでいた市内中心部のF中学へ転校したのです。ですから、私は坂井輪中は入学はしても卒業はしていないので、2年間の懐かしい友人達の卒業アルバムなどはなし、同級会とも縁が無いのでした。

本書に登場するB組の生徒達が、私と同学年だった人のお兄さん、お姉さんに当る人も登場します。
中学近くで当時割烹料理店をやっていたFさんや自転車店のYさんなどなど・・・

当時の坂井輪中は箕輪紀子さんもそうであるように(私も含めて)サラリーマン家庭の子と農家の子と大きく二分していました。
高校進学率も市内中心部の中学に比べると格段に低く、本書の世代と3年後の私の世代とでも違うと思われます。
地方都市の近郊農村が高度成長の波に乗って変貌を遂げていく最中、坂井輪中の農家の家々も変貌を遂げていくのでした。
農家は専業から兼業へ、手作業から機械化へと。

本書は新潟の坂井輪地区のごくごくローカルな記録ですが、でもこの世代史は当時の近郊農村のアチコチで見られた記録であるとおもわれます。

箕輪紀子さんは更に「あとがき」で書かれています。
『私が書きたかったのは、地方に生きる普通の人たちの何気ない人生と思いです。日々、さまざまな人に出会っていますが、圧倒され、心を動かされるのは、普通の人たちが自分の生活と言葉で語る人生感、その強靭さや優しさです。私たちはどんな人も確実に時代を生きています。』
かつて「文学伝習所」で井上光晴氏はおっしゃいました。
どんな人でも一生に一作品は長編小説が書ける。自分の人生を書けばいいのだから。

連休も終わってしまいました。
今年の連休は遠出の予定はなく、長野県の山に4日に行ったきり、5日も6日も家にいました。
庭の草取りしたり(いつも言うようにネコの額より狭くても雑草だけはスクスク育っているのです)、花の苗を買ってきて植えたり、本をパラパラ読んだり、ボンヤリしてノンビリ過ごしました。

6日
カツオのやまかけ(マグロは台湾産だったので止めて、カツオに)
画像


7日
鮭。ポテト、リンゴサラダ。又再開しました糠漬け
画像


8日
カブ菜と油揚げの卵とじ。マカロニサラダ
画像


9日
ゴーヤチャンプル。春雨とキューリ酢。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日も弟さんと話をしたが、こんなヘルシーな食事で
なんでころころしてるのかねえ。(失礼)坂井輪付近
の団地造成には、若かりし頃のおいらも、関わったことがあり懐かしい。そこが何処か今は判然としないが。昔の新潟遊園の付近だったけど。
赤鬼
2008/05/12 06:48
我家の長男、長女二人とも坂井輪中学卒(あまり関係ないか)
又 ケチつけて悪いけど 一緒に一作品→一生に一作品かな!?
近頃 出版業界も自分史の発刊を必死に進めているようですね。
輝ジィ〜ジ
2008/05/12 06:57
赤鬼様
太っているのは・・・
絶対的な普段の運動不足ですね!!
たまに山歩きしてもダメなのですね。
以前にも聞いたことがありますが、我が家周辺の宅地はM建設が分譲したところですので、きっと赤鬼様が造成に係った処だと思います。
noritan
2008/05/13 04:27
輝様
早速の入力ミスご指摘、いつものことながらありがとうございます。直させて頂きました。
立派な装丁の自分史はいかにもって感じですが・・・
自費出版はお金が掛かりますしね〜〜〜
noritan
2008/05/13 04:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新潟発 団塊の世代史」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる