のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「砂時計」時を落とす砂 一分から1年まで

<<   作成日時 : 2008/05/21 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨夜、会の役員会が20:30に終了してからは「赤ちょうちん」の居酒屋へ行く人も居るのですが・・・

その居酒屋仲間から離れて、萬代橋を歩いてTジョイへ。
Tジョイはレイトショーの場合は5時間駐車が無料なので会が始まる前にも指定のパーキングへ停めて。

知り合いが行くつもりで前売り券を買っていたのに、一緒に観に行った人から券を買ってもらったとかで頂いたのでした。

松下奈緒主演「砂時計」でした。
父の愛人問題、事業の失敗の借金等で離婚をして母の実家の島根に来た中学生の杏。
島根の同級生、大悟は何かと、落ち込んでいる杏を励まし、手伝い、いつも一緒にいる。
が、落ち込んでいた杏の母の自殺。
杏は迎えにきた父と共に東京へ戻ってしまう。

そんな頃から12年が経った。

まぁ、原作がコミックと言うだけあって、若い女性に好まれそうな純愛テイスト、たっぷり仕立に出来上がっています。
ここで、この映画(コミック)がヒットしている大きな要因が登場する「砂時計」でしょう。
砂時計って、それ自体が何だか、レトロな時間を一粒、一粒落として、時を刻んでいく、好感度、大といえます。

杏が手にしているものは1分計。

この映画では実際に存在する仁摩サンドミュージアムにある巨大な1年計の砂時計が登場します。
この映画によって今や観光スポットになって人気なのだそうです。
1年の終わり、12月31日のカウントダウンの時だけ無料で入場出来るそうで、「その時」が来ると砂時計は一回転して、新たな時を落としていくのです。
島根は遠いけど・・・見てみたい気はします。

Tジョイの21:00から始める館内は何と、観客は私一人。

キャベツ+生シイタケ+エノキ+舞茸+豚肉=中華アンカケご飯
アボカド。ヌカ漬けキューリ、大根
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
仁摩サンドミュージアム行ったこともないし、其の存在さえ知ってはいなかったので、面白い発想だと感心。砂時計通常見られる大きさのものの殆どは確か黒埼だったか白根だったかで作られている筈。
映画館観客一人では採算問題外だねぇ。。

輝ジィ〜ジ
2008/05/22 17:33
輝様
昔、3分間のものを買って、インスタントラーメンを待つのに使ったことがありました(^_^;)
映画で出てきた1分計は仁摩でのオリジナルで発売されているのだとか。でも映画の影響で多分売り切れでしょうネ。
私はよくレイトで映画館に行くのですが、新潟の映画館状況は夜は閑古鳥が鳴いていますね!
最近、Tジョイやユナイテッドシネマなど改装して椅子の間隔が広くなりデラックスになりました。
採算合うのかな?って確かに心配になります。
映画人口が少ないのでしょうか?
noritan
2008/05/23 06:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「砂時計」時を落とす砂 一分から1年まで のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる