のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天気が良いから山とは限らない一日

<<   作成日時 : 2008/04/20 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

土曜日の朝から左脚の付け根から太股にかけて、引き攣るような傷みがあり、左脚に力を入れて立ち上がる時に傷みが走ります。
???何だろう?

昨夜から湿布を貼っていますが・・・

そうなのです。今日は、晴天の予報だったので、先週会山行で行った方面の里山にでもイワウチワを愛でに出かけようと思っていたのです。

「思っていたことは思っただけ」で終わり、予期せぬ事態に「天気が良いから山とは限らない一日」になってしまいました。
弟夫婦と母との4人で晴天の中、父の墓参りに出かけました。

春は名も無き、ではなく名はあるのでしょうが知らないだけの草も白い小さな花をつけてグングンと育っています。
庭に出て、それらを抜きながら、又咲いてくれた椿を
画像

画像


NHK BSU「週刊ブックレビュー」が時間帯が変わったのについうっかりと録画し忘れてしまっていました。
以前は日曜日の朝8時から。再放送はその日(というか翌日の0時から)
が、土曜日の午前8:30から再放送は日曜日の午後11:45からになったのでした。
慌てて、11:45から観ました。

今回のお薦めの一冊はいしいしんじ(作家) 「転生夢現 上・下巻」 莫言著 吉田富夫訳 
鴻巣友季子 (翻訳家) 「乳と卵 」川上未映子
高野明彦 (国立情報学研究所教授)  「ダイアローグ 対立から共生へ、議論から対話へ」 デヴィッド・ボーム著  金井真弓訳

特集コーナーは北原保雄 「KY式日本語 ローマ字略語がなぜ流行るのか」でした。

鴻巣友季子さんは翻訳家ということですが、知りませんでした。
今までは海外文学を読む時には、多少翻訳家の名前を意識して読むこともありましたが、どちらかと言えば余り意識はせずに読んでいました。
が、最近は村上春樹さんの翻訳で新しい作家や最新訳が出たりすると翻訳家が誰かということの意識で読み直すこともあります。
鴻巣友季子さんが翻訳家としての視点で「乳と卵」を推挙し、今後の期待を込めて作品について語っていました。
川上未映子に関してはあの文体、書かれている世界に興味と関心を寄せて期待する人と、彼女の人と成り、文体、世界には関心が持てない人(私も含め)と二極に分かれるのではないでしょうか。

作家であれ、作品、文体に個人的な好みを抱くことは自由なのだから・・・

特集コーナーでは今、流行のKY式 日本語」について書かれた北原保雄さんの登場でした。
HD=「ハナゲデテル」 MMK=[モテテモテテコマッテイル」などなど・・・
KY=「クウキヨメナイ」を筆頭に幾つものこの手のローマ字略語に関しては以前にも書きましたが、きっと理解しようと思う人々はこの本を買うのでしょうか?
前筑波大学長の北原保雄さんが何故に若者に媚びるようなこの手の本を書かれたのか?
少し、疑問です。この略語を理解することが「今の若者」を理解することなのですか?
このような時世に腹を立てることが「オバサン」なのだ、と言われること自体が腹立たしいですね・・・
キチンとフル言葉で会話出来ないような「隠語」で安直に情報を伝え合うことが話す語彙を貧しくし、顎の発達も良くないのかな?・・・なんて「顎」は関係ないでしょうか?
ND(=人間としてどうよ)などと言われそうですね。

買ってきたたけのこ、蕗の下ごしらえをして、筍は煮物と細かく切って豚挽肉で焼売に。
筍ご飯に筍の吸い物。
蕗はゴマ油で炒め。
お隣が持ってきてくれたこごめをゴマ和えに。
不ぞろいな焼売の包み方!
画像


タケノコ、フキで今夜もビールが旨い!!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 脚のほうは良くなってきたようですが、無理をせずにお気をつけください。
 『KY式日本語』は読んで、2月13日の記事に書きました。北原さんは若者に媚びるということではなくて、KY語の機能や流行した理由、その功罪などを分析していて、それが主目的だと思います。要旨は書いてありますので、よかったら読んでみてください。
遊哉
2008/04/22 13:05
遊哉様
脚は湿布だけで治りました。
結局は筋肉不足なのでちょっと歩くと負担が掛かるのでしょうか?
さて「KY式日本語」の本に関してですが、遊哉様の記事拝読させて頂きました。
いつでも、その時代、時代に「若者文化」という現象は起きていて、それは今眉をしかめている私世代が若い頃とて同じだったのでしょうが。
が、こと、言葉という事に関してはチョット神経がピリピリするのです。
まぁ一過性の流行かと思いますが・・・
本を読まずして感想を述べるのも恥ずかしいのですが。
NHKやSKD等の略語と今のKY語が意を異にしていると思います。
「功罪」たしかに「罪」のみにあらず「効」もあるのでしょうが・・・
言葉の略が「思考」の略に繋がるので「老婆心」が起きるのですね。
noritan
2008/04/23 00:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
天気が良いから山とは限らない一日 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる