のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「朴坂山塊縦走」

<<   作成日時 : 2008/04/13 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

【山  名】 : 朴坂山(ほうざかやま)
【所在地】 : 新潟県関川村
【標  高】 : 438m
【形  態】 : 会山行

朴坂山は名前はもうずっと以前から知っていました。
でも何となく登る機会がなく、まぁ里山なのでいつかは・・・
くらいに思っていました。

今回、会山行では縦走と言うことで参加しました。

平林城址⇒要害山(281m)⇒三の輪山(303m)⇒朴坂山(438m)一等三角点本点⇒薬師山(岳薬師)(386m)⇒小岩内集落

画像


しばらくは緩やかな歩きです。

馬洗い場は湿地があり水芭蕉が咲いていました。

画像

画像


標識ばかりですが・・・
首切清水とは物騒な名前ですが美味しい清水が湧き出ていました。
画像


要害山を過ぎ、ようやく急登が始まります。

画像

九十九折の上から皆さんを
画像


登山道には今年初めて見ますイワウチワが咲いていました。
可憐な薄ピンクの花びらは春の妖精のようです。
画像


此処までは登山者には会いませんでしたが朴坂山山頂に着くと5〜6名のグループと一緒になりました。
画像


「新潟ファミリー登山」や「新潟の里山」などに掲載されていますがガイドブックなどには山頂看板が今はないです。と表記されているものもあります。
私たちが山頂に着いた時にも無く、先ほどのグループの方々(地元の方)が持ってきて下さって取付ていました。

その後で写真を撮らせて頂きました。
この小さな頂からは光兎山、鷲ガ巣山などが遠望できます。
画像


画像


杁差岳方面は雪を被り少々ボンヤリ
画像


朴坂山からは急な下りになります。
滑りやすく、脇の木の枝につかまりながら(下りの滑りやすい道に弱い=何処でも弱いのですが・・・)用心しながら慎重に下ります。

最後のピーク、薬師山までは偽ピークがあり、中々遠い!
ようやく、着きました。
此処でしばし最後のゆっくり休憩です。
この下りの為に飲まずにいたワインを少々頂きま〜〜す。

朴坂山からの下りでは関川村長&日本山岳会越後支部長 平田大六氏にお会いしました。

新潟では「ファミリー登山」や「里山」の低山ハイキングのガイドブックが発売されており、山高きばかりではなく、今年は精々地元の里山、低山ハイクに勤しもうと思っている幸先の朴坂山塊縦走でした。
が縦走ともなると「里山」とばかり侮れない満足感、充足感に満ち足りた山行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
朴坂山塊縦走お疲れ〜。
この山行、2回目の参加ですが、予備知識があればもっともっと楽しめたかも知れません。
いつも終わった後に反省しますが、歩くだけが能じゃない。史跡、霊山と夫々の山に歴史と物語があるのです。
そんなことを考えていると自分のブログがなかなか手が出ません。
まあ、気楽に構えて写真べたべた貼って、さっさとアップすればいいのでしょうが、少〜し気乗りのしない甘納豆です。
甘納豆
2008/04/17 18:42
残念でしたが所用があって参加できませんでした。
前に連れていって貰った事を思い出しました。
イワウチワがとても綺麗に撮れてますよ。
里山は一番に好きかな。
いめか
2008/04/17 21:35
甘納豆様
私は本当に史跡、歴史には疎く、ただ、ただ一生懸命歩ければ良いと思うしか能が無い人間です。
仕方ありません。能力の限界なので。
私はどちらかと言えば「走った後で考えるタイプ」で今回は予習と心得て、次回は単独の山ピストンになるかもしれませんが(縦走は無理で)少しは歴史を偲びながら登ることにします。
noritan
2008/04/18 01:16
いめか様
私は今更にして・・・初めてでした。
それも縦走が出来て良かったでした。
旧神林村、関川村、旧黒川村等々、里山が沢山あって、これからガイドブックを眺めながら一個、一個行ってみたいです。
ただ少々残念なのは会山行ですと立ち止まって写真が撮り難いのが難点ですね。
行列を乱さないように・・・
イワウチワは今年初めて見ました。
可憐で好きな花です。
noritan
2008/04/18 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「朴坂山塊縦走」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる