のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「テラビシアにかける橋」&「筋電図」検査

<<   作成日時 : 2008/02/08 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「テラビシアにかける橋」の上映を知った時、すぐに図書館に予約を入れたのですが、さすが、映画化されたとあって予約多数でした。
今日(10日現在で3人待ち)
他のキャサリン・パターソンの著書も多くあるのに、貸出し者はゼロです。

1932年、中国に生まれる。24歳から4年間布教活動のため日本で過ごす。『テラビシアにかける橋』『海は知っていた』で、2度ニューベリー賞受賞。"The Crane Wife" "The Tongue-Cut Sparrow"の絵本の翻訳も含め、これまでに30冊以上の本を書いている。1998年には、これまでの業績に対して国際アンデルセン賞を受賞した。 また、2006年3月には第4回アストリッド・リンンドグレン記念文学賞(公式サイト)も受賞した。
画像
やまねこ翻訳クラブ」より抜粋

童話や児童文学も好きなのですが、どうしても読む回数は減ってしまいがちです。
ミーハーな私は、映画化等をキッカケにして読む機会を得られればと思っていますが。
が、原作本を待っていると映画が終了しそうだし、9日からは上映時間が一日1回、それも夜の上映時間ではないので、今夜を見逃すと映画も観られなくなってしまうので、夕食後、レイトショーで観てきました。




県内では単独上映と歌われているにも係らずに、観客は4、5人。
「児童もの」っていうことで敬遠されているのでしょうか?
おこがましい言い方ですが、単なるファンタジーでも無し、ホラーでもお伽話でもなし、少年、少女が主人公といえども、立派な「人生」や「人」を考える物語に出来上がっているのです。

前置きはともかく、とにかく、面白かった!!!

貧しい家庭の姉が二人、妹が一人、赤ちゃんが一人の家庭で男の子は一人っきりのジェスはスニーカーが履けなくなってもピンクの姉のお下がりをあてがわれ、何かと両親、姉妹からは疎まれる存在。
学校でも目立たない。そんな彼が唯一誇れることは、かけっこが速いこと。
が、一等になれるはずが・・・
転校してきたばかりのレスリーに追い越されてしまう。
レスリーは作家の両親とジェスの隣に越してきたチョット風変わりな女の子。

小学校5年生の子供たち、下級生である妹、上級生のいじめっ子、番長のジャニス。
音楽の若くて美しい女先生、担任の年配の女先生。
父の仕事、母など・・・

風変わりなレスリーとジェスは仲良くなり、一緒に秘密の森へ出かけ、旧いツリーハウスを見つけ、色々なものを運び込み、放課後、其処で自分達だけの空想に生き物達との生活を楽しみます。
自信を亡くしていたジェスは次第に自信を身につけ生き生きと変わっていきます。

美しい森、子供同志のいじめの対処法などなど・・・
小学校中学年から高学年、教師等には是非観てもらいたいですね。
大人も子供も楽しめる映画です。
終末は・・・
言えないですが・・・
ジンワリ、涙が滲みました。
レスリー役のアナソフィア・ロブは「チャーリーとチョコレート工場」で、ガムを咬み続ける女の子役で出演していた子でした。
子供さった彼女もすっかり可愛い少女に成長していて次回作が楽しみです。

原作を読むのは待ち遠しい!!

さて、左手の「筋電図」検査が今日でした。
右手と左手両方を検査しました。
指先へ向けて電流を通して神経の伝わる速度を調べるという検査のようです。
折れ線グラフのような結果を見ながら、右手は正常値ですが、左手は悪い。
が、今すぐに手術しなければならないというほどのことはなく、様子をみていきましょう。
とのこと。
まずは一安心でした。


嬉しかったので、お寿司を。

深夜、一人でホッとしてワインと石釜焼きパンの耳で。⇒私だけが納得の嬉しさ。
深夜、公民館から借りたモーツァルトのセレナーデを聴きながら・・・

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とりあえず、左手 良かったですね。
お寿司も久方、食べてないです。
廻るとこでも行こうかな。
いめか
2008/02/11 21:21
いめか様
お寿司はスーパーでパックになっているのです。
これだけで、1,000円でおつりが20円きます(^_^;)
病院の初診料、検査料で≒2,000円でした。
安心料と納得料と思えば安かったですね。
眼も左眼だけが悪くて、足の親指の爪も左足だけが内出血して・・・
体のバランスが崩れているのかな??(ーー;)
noritan
2008/02/12 01:56
まぁ大事がなくて良かった!
それにしても深夜結構贅沢な良い時間過ごしていますなぁ!?
輝様
2008/02/13 09:29
輝様
いえいえ、安〜〜い国産のワインです。
パンの耳を齧り々、図書館から借りてきたCDを聴きながらの安上がりの「一人祝い」で〜〜す。
noritan
2008/02/13 12:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「テラビシアにかける橋」&「筋電図」検査 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる