のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「角田山」

<<   作成日時 : 2008/01/14 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

新年の登り始めは「弥彦山」次には大抵が「角田山」と決まっているように、三連休の最終日は、ウツウツした気分を一掃すべく、晴れ間なので、重い腰を挙げてR402を走り、角田浜に駐車して灯台コースから登りました。

【山名】  : 「角田山」
【所在地】: 新潟県新潟市西蒲区
【標高】  : 481m
【形態】  : 単独

大抵は「桜尾根」から登り「灯台コース」は下山に使うのですが・・・
今日は、登りも灯台から登ります。
正に波打ち際、海抜0mからです。

画像


8分ほどで、もう灯台がこんなに下に
画像


風が強いです。
が登るに連れて、弱くなります。
灯台コースは小さなアップダウンを繰り返して、登ります。とても標高の低い山とは思えない程に変化に富んだコースだと思います。
これから登る馬の背
画像


登り始めて≒1時間、ようやく雪が出てきました
画像


山頂の小屋
いつでも大勢が休んでいます。ストーブが赤々と燃えていて、荒天でも安心して登ることが出来ます。
画像

小屋でカップラーメンとミカンだけ食べて帰ろうとしましたら、何と、山の先輩ご夫婦二組が入ってきました。
いつもお世話になっています先輩達です。
私も再び上がり、色々頂いたり、お喋りしたりして帰路は先輩達が登ってきました「五りん石コース」を共に下りて、浜まで送って頂きました。

爽やかな風を受けて、やはり、家でグダグダしているよりは良かった!良かった!

まだまだ残っているキングサーモンをフライに。シラタキの明太子まぶし
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います。
冬の角田はこんなに雪があるのですね。雪割草
カタクリの時期が待ち通しく思います。私も
新潟の人みたいになってしまいました。
インレッド
2008/01/15 09:21
誰と会ったのかなあ。O夫妻かなあ。T夫妻かなあ。と想像して楽しんでるよ。おいらは肋骨が痛んで咳が
出るとたまらねえ。今日は仕事だけど、なんとか
なるべえ。
赤鬼
2008/01/16 06:38
インレッド様
角田山は周囲にグルリと登山コースがあり、海に近いので、雪の量は少ない方です。
特に灯台コースは風が強いので、飛ばされて、かなり上に行ってようやく雪が出てきます。
雪割草を「新潟県」の花にしようと昨日のニュースで言っていました。
n
2008/01/16 06:52
赤鬼様
大変でしたね!
でもヒビで済んで良かったでしたね。
痛くても仕事出るのは「働く人間」の鏡!!です。
逢いましたのはS夫婦とM夫婦です。
n
2008/01/16 06:54
noritan様おはようございます。
 気分が晴れない時は山に登るに限る。気持ちをスカッとさせてくれます。
それにしても、会の皆さん元気に山歩きされていますね。私は、この日菅名岳の麓で寒九の水汲みに参加していました。ここでも会の皆さんに大勢会いました。
甘納豆
2008/01/16 08:24
甘納豆様
そうそう、夕方のニュースで観ました。
寒九の水汲みは一度も行ったことがありません。
休みだったのだから行けば良かったでした。
全く、頭にありませんでした・・・
甘納豆様はテレビには映っていませんでしたね(笑)
noritan
2008/01/16 21:16
ピストンでなく別ルートに下れて良かったね!
ジィ〜ジは寒九の水汲む体力無いし…
輝ジィ〜ジ
2008/01/17 14:07
角田山はご無沙汰してます。
景色が見られて良かった。

いつも献立の参考にしてます。
いめか
2008/01/19 15:15
輝様
輝様が20ℓが担げないとはとても信じ難いで〜す。
角田も2往復すれば良いトレーニングになるのでしょうが・・・
とても、とても、その元気はなしです。
いつか、やってみたいと思いつつ・・・
noritan
2008/01/20 01:35
いめか様
私はラッセルなどは苦手なので、この時期は弥彦、角田からスタートです。
献立は自分の覚書として載せています。
簡単、在庫一掃献立ばかりです。
なんか目先を変えたいと思いつつ、平日は時間もなし、食べてくれる年寄りも変わったものを嫌がるので、ワンパターンです。
noritan
2008/01/20 01:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「角田山」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる