のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【岩殿山・嵐山】&【大山】1日目

<<   作成日時 : 2007/12/01 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

11月11日に会の集中登山「赤城山」に参加して以来の山歩きです。
会の精算等で(というのは言い訳?)何となく山から遠ざかっていました。

さて、今回は会の比較的楽な歩きをします「トレッキング」山行への参加です。

目的は「富士眺望」と言ってもその願望が一番強かったのはどうやら私だったようですが・・・

1日

岩殿山 山梨県大月市 634m
     大月市選定「秀麗富嶽十二景」山梨県選定「新富嶽百景」更に「山梨百名山」でもあります。
登る山というよりは(山梨百名山の中では2番目に標高が低い山)富士を愛でに出かける山であります。
又、今テレビでも放送しています「風林火山」で御馴染の岩殿山城が気づかれた城址でもあります。

バスの車窓から眺めた岩殿山
画像


登り始めてすぐ資料館があり、其処から眺めた山頂
画像

資料館には白旗史朗氏の写真や一般の方の此処からの写真などが展示されていました。

資料館の窓から眺めた道志山塊方面
画像

晴天ではあるのに・・・
富士眺望か期待できません。
多分、暖か過ぎるのでしょうか?
薄い雲が晴れない限りは・・・
画像


眼下には大月市内が
画像


下山後には日本三奇橋「猿橋」を見学します。

画像


駐車場も紅葉が綺麗!
画像


「猿橋」はラジオではいつも中央道の渋滞メッカのように思っていました。
こんな奇橋があるとは知りませんでした。

又高速に乗り、次には相模湖畔近くの低山「嵐山」登りました。

画像


画像


岩殿山〜猿橋〜嵐山と予定のコースを全て消化して相模湖畔の宿に到着です。
旅館「桂月」は部屋から(全ての部屋ではありませんが)相模湖が見渡せ家族的な雰囲気の宿でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
11月の上州 赤城山に引き続き二ヶ月連続、甲州 岩殿山への遠征お疲れ様でした。
今回は、秀麗富嶽十二景の岩殿山でしたか、私が28日に歩いた高川山は、中央線大月駅を挟んで反対側にあり、むすび山展望台から真前に岩殿山が見えました。
5年ほど前、カルチヤー教室の山歩きに入会まもない頃、岩殿山に登りV字形にえぐれた岸壁「稚児落し」からの夕日が懐かしく思いだされます。
日本三奇矯「猿橋」初めて知りました、今度機会があったら是非立ち寄りたいものと思います。
葦原ボーイ
2007/12/04 20:05
折角山梨まで行ったのに富士が見れなくて残念でした。おいら達は結構天気良かったぜ。二日の日なんて
天気が良かったので何処か登ろうなんて言い出す人も
いたが、おいらは着るものが無く前日のしっとりした
物を着る気になれず反対した。結局止めたけど。
赤鬼
2007/12/05 06:52
会の締めくくりの山行参加ご苦労でした。
肝心の富士見ること叶わずだったようですが、それはそれ、別の発見もあるものです。
これから雪と戯れよう!!
輝ジィ〜ジ
2007/12/05 10:51
葦原ボーイ様
同じ頃に大月の向かいの山に行っていたのですね!
大月市は秀麗富嶽十二景を選定されているので、周辺の山、行ってみたくなりますね。
大菩薩から小金沢山〜牛奥ノ雁ケ腹摺山に行った時もガスっていて見えませんでした。
富士は見えませんでしたが、まだまだ残っていた紅葉を見ることが出来ました。
猿橋は私も始めて見ました。
大月周辺にいらっしゃる機会に一度見られると良いですね。
noritan
2007/12/06 03:33
赤鬼様
輝様
仰るとおり、せっかく山梨、神奈川まで行って富士の姿を見れずに本当にガッカリです。
其処に「在って」も見えない。
「それが”人生”ですなぁ〜〜」
noritan
2007/12/06 03:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
【岩殿山・嵐山】&【大山】1日目 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる