のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな不便&小さな不満&小さな愚痴

<<   作成日時 : 2007/11/20 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今年は訃報が相次いだ年でした。
で、一方では娘の結婚式という一生涯で一大おめでたもあった年でした。

弟の嫁さんの父。会社社長。父。一月だけで3人が亡くなりました。
母の弟の嫁さん。山の先輩のご主人。6月に。
父の妹。11月に。

個人的に年賀欠礼の挨拶状を書き、会社でも同じ挨拶状の宛名書きです。
個人的な住所は「筆まめ」に入っていますので、2008年版のヴァージョンアップ版を買ってきて更新しました。

会社も同じく「筆まめ」をヴァージョンアップしました。

ところが・・・
8区に区分けされた新潟市の住所が一括返還されるのですが・・・

新潟市が8区に分かれた時にも疑問?不満?を感じました。
それは○○○と同じ表示でも例えば1丁目から3丁目は××区、4丁目から8丁目は▲▲区と区分けされることです。
住所で郵便番号が表示される場合、2つの内どちらの区かは?
日本郵便 郵便番号検索でも出てきません。
新潟市」のトップページの「町名一覧表」⇒「50音別町名一覧表」で検索するしかしょうがありません。
「紫竹1丁目=中央区 紫竹2〜7丁目=東区」
「紫竹山1、2丁目=中央区 紫竹山3丁目=東区 紫竹山3丁目の東区を除く地区=中央区 紫竹山4〜7丁目=中央区」
などなど・・・
新潟市に永年住んでいても旧新潟市が西新潟、東新潟と称して区分していた頃の「西新潟」にしか住んでいないので、東新潟の町名を聞いてもとっさに地図の上での位置が把握出来ないのです。
「中央区」「東区」に関しては特にどちらに入るのかは???です。
この不便はしばらく続きそうです。
請求書、封筒の宛名等にはまだ区が表示されていない物を使っている所も多く=実は当社でもそうですが)返事を出す時にはて?何区かな?
と戸惑うこともあります。
その度に新潟市のHPを開きます。
私の住んでいる「西区」は関屋分水という大きな区分が目安で、旧新潟市までなので、それ以西は「西蒲区」となるので分かり良いのですが・・・
旧東新潟在住の方なら位置がはっきりと分かる人は中央区か東区か北区か分かるのでしょうが・・・

まぁ、小さな不便、不満を述べてみました。

夜は月一回の山の会の役員会です。
今月末の便りには来年の会費徴収の為の郵便振替用紙を同封します。
今まで、何十年という間はOA操作に秀でた会長がその事務処理を一手に引き受けて下さっていました。
私など会員歴も役員歴も新しい?最近は少々旧くはなりましたかな?
皆さん、会長にオンブに抱っこでその処理に甘えてきました。
が、その会長が引退とありまして、色々な事務処理の分担化を今試行中です。
で、私としてはスキャナで「払込取扱票」を読み込み、口座番号、金額、加入者名、通信欄に会員番号記入欄を入力しました。
今までは一人ずつの「おところ」「おなまえ」まで印字されてありました。
正に一文字も書く必要などなく、お金と一緒に窓口に出せば良いようになっていました。
中高年、というか高齢の会員も多い中、自分で書き込まなくてはならない払込票では継続が面倒になり会費を収めない⇒退会ということにならないように、という配慮からのようでした。
500人近くいる会員の把握は会員番号が付されていないとしごく面倒です。
で、通信欄に会員番号だけ記入して頂くような欄を付けて、住所、名前は記入しなければ郵便局の窓口では受け付けないので、それだけは御自分で記入して頂くことで了解してもらいました。
これなら一般会員と夫婦会員(会費割引がある)の二通りだけつくればよいので何分も掛りません。

役員会でも、10人集まれば10の意見が出るように、一人の提案に全員一致ということも難しく・・・
まとまるには難航します。
どこまで、丁寧にするか?
どこまで、親切(会員に対して)にするか?
役員と言えども一般会員と同じ会費を払い、全くのボランティアで会の仕事、リーダーを引き受けているのですが、ともすると会員はそれを忘れ、「もっとこうした方が良いとか、それではダメとか」とか言う方も中にはいます。
「文句あるなら自分でやってみれ!」と言いたいです。
何十年前と違い、今は格段の進歩があります。
それはネコも杓子も「パソコン」が使えるようになり、WordでもExcelでもE-mail でも使いこなせるようになったので、データの共有、連絡のメール化などなど、手軽にいつでもデータは変わらず、人は変わることが出来るようになったのです。
少々、愚痴ってみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
”データは変わらず人は代われる”、まさにこれがITと通信技術が広がるキッカケでもあったと思います。皆んなで共有こそ、より生活が便利になるキーワードかもしれませんね。
”自分だけができる”なんて考え方はナンセンスであり、ITがただの筆記用具であった時代の考え方では無いでしょうか?
山いろいろ
2007/11/24 10:03
山いろいろ様
全くそうですね。
まぁ、時代の流れで当然少しずつ変わっていくと思いますね。

noritan
2007/11/24 19:12
ハイ、全部お任せして有り難いといつも
感謝しております。

会の運営にご尽力されてる方がいらっしゃるので
存続してると思います。
いめか
2007/11/25 22:07
いえいえ、大したことはしておりませんが・・・
今度、いめか様にも何か会の仕事の一端を担って頂きたいと思いますネ!!
noritan
2007/11/26 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな不便&小さな不満&小さな愚痴 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる