のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋季集中登山「赤城山」

<<   作成日時 : 2007/11/11 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

赤城山(黒檜山〜駒ケ岳)  1827.6m 群馬県富士見村
メンバー  会秋季集中登山 181名
コース   黒檜山〜駒ケ岳縦走 58名

毎年、春と秋に会行事として集中登山を実施しています。
春は弥彦山各コース、秋は一昨年から群馬県赤城山となりました。

一昨年の秋季集中登山は正に「関東陽だまり登山」そのものでポカポカ陽気の中での登山でした。

今年は5コースです。
@ 覚満淵・鳥居峠周遊一週
A 鍬柄山
B 地蔵岳
C 長七郎山
D 黒檜山〜駒ケ岳縦走

朝新潟を出る頃より小雨が降り、群馬県に入っても時折晴れ間は見せるものの小雨が降ってきます。
あぁ〜ヤダなぁ〜〜バスで昼寝でもしていたいなぁ〜
などと渋々雨具を着て出発です。
黒檜山北登山口
画像


ところが雨具上下を着たと言うのに、歩き初めて少し経つと、雨は止みました。
脱ぐ人も多くいましたが、私はそのまま着たまま歩きます。
1時間30程で黒檜山山頂着。
画像


周辺の山の図がありました。
画像


北側に眼を向けると薄らと山々の姿が望めますが・・・
どれがどの山かは?
画像


山頂は狭いので少し進んだ処で昼食です。

小1時間も休んでいると又、雨がポツリと当ってきました。
それを潮に駒ケ岳方面へ進みます。

駒ケ岳山頂からの下りは丸太を組んだ階段状の下りです。
折りながら小沼方面がよく見えます。
先ほどポツリと当って小雨も歩き始めると又都合の良いことに止みました。

大洞の駐車場で、全員終結して会の会長(この日は会長は欠席でしたので副会長)からの話しがあることになっていたのですが、駐車場に着くと又雨が・・・
小雨から大分良い降りになってきました。
そのままバスに乗り込み予定よりは早い帰路に着きました。

「赤城山」と言えば登山などしない人でもその名前は知っているほど有名な処です。
その名前を有名にしたのは新派の舞台で御馴染の「國定忠治」です。
新派も忠治も詳しくない私は、単にヤクザの親分だったくらいにしか思っていませんでした。

私が始めて赤城山を登ったのは、やはり「百名山」だったからでした。
そしてその後に友人と再訪しました。
その時は「忠治温泉」に泊まり、忠治の世界にタイムトリップしたような旅籠の雰囲気でした。

せっかく5コースもあるのに、他のコースは歩いた事がないので、季節を変えてノンビリ地蔵岳登ったり、覚満淵散策したりしないなぁ〜と思いながら少々慌しかった赤城を後にしながら思ったものでした。

”名月も 隠れおりしや 赤城山”  
”秋曇り 山に連なる 雨具色”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
集中 赤城山 19年版
所属する山の会≠ナは20数年前から春と秋 年2回、会員の親睦とその年の歩き始め ...続きを見る
じぃ〜じの風の吹くまま
2007/11/17 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
noritanさん さすがキチンとした ブログの書き方
感心しました。 私など写真をペタペタ ハイ終りで
早いだけがとりえです。(×_×;)・・
今度行く時は 是非忠治温泉入ってみたいですね。
雰囲気が 好みです。

サラダ
2007/11/13 07:44
お早う御座います。
何組かに分かれた行動だったようですね。あまり大勢のご来客に赤城の山もビックリしたことでしょう!!。
黒桧山は私はいつも真冬に行きます。そこからは谷川や草津・日光の山々も見えて富士も眺められ、木々は真っ白い樹氷になります。
インレッド
2007/11/13 09:34
 お疲れ様でした。
小生、ラストを受け持った関係で皆さんとあんまり話ができませんでしたが、後ろから見ていて、我が会も大きいんだなあと実感しました。
これからも山好きの中間達とどんどん登りたいと思います。
甘納豆
2007/11/13 12:36
サラダ様
キチンとした書き方などと言われますと恥ずかしいです。
今回は紅葉もいまいちだったし、立ち止まる訳にも行かず(会山行の時には着いていうのが精一杯なので)写真が余り撮れませんね〜〜
「忠治温泉」は無江戸時代に戻ったような旅籠って感じです。露天風呂も良いし・・・
是非どうぞ!!
noritan
2007/11/13 12:41
インレッド様
冬の赤城は遠くの冠雪の遠望がくっきりとすることでしょうね。
180数名で押しかけるので、各グレードに分けて、色々なコースがあり、かつ下山後に終結出来るという難しい条件があります。
当日は他の登山者がそうは多くなかったので幸いでした。
noritan
2007/11/13 12:44
甘納豆様
そうですね。バスも1班と2班に分かれましたし、ラストリーダーご苦労様でした。
出足は人数が少ないとか言っていましたが、結構集まりましたね。
山と言うよりも久しぶりのお顔が見えて、つかの間の親睦でした。
noritan
2007/11/13 12:46
noritanさん、こんばんは。
赤城山、同じコースでしたが大勢の参加で班が違って残念でした。
何回か来ている山のせいか緊張感がなく楽しくって、お喋りが過ぎたことをチョッピリ反省しています。
でも、たまにこんな山歩きもいいですよね。(*^.^*)
FUKU
2007/11/14 18:57
黒檜山コースは人数が多くてバスが2台になるとは聞いていましたが会員番号で分けると、私はもう「旧い会員」になってしまうのですね(ーー;)
雨を心配しながらだったので、少々慌しい感じで外での集結もなくて残念でしたね。
noritan
2007/11/15 00:51
ジィ〜ジは、一人で覚満渕から鳥居峠まで歩いただけ。。。
マァ 大降りにならなくてホッとした。
輝ジィ〜ジ
2007/11/15 20:42
輝様
そうですね。本部はお一人で退屈でしたね!
覚満淵は木道で大雨になると滑りやすいでしょうね。
いつか機会を見つけて、他のコース歩いてみたいです。
ノンビリと。
noritan
2007/11/16 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋季集中登山「赤城山」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる