のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「額取山」&「二岐山」2日目

<<   作成日時 : 2007/10/21 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

二岐温泉「桂祇荘」では今夜は我が団体貸切です。

カラオケも飛び出して、愉しく、和気藹々とした宴会も終わり、明日の晴れを祈りながら眠りにつきます。

夜半は雨の音が一晩中していましたので、心配しながら時々目覚めました。
が・・・これも事前の予報通り、朝には雨は止み、陽も差してきました。
ラッキーです!

7:40 旅館出発
画像


林道へ繋がる道が工事中で臨時の吊り橋を宿のご主人が案内。
一人、一人渡ります。
画像


吊り橋を渡った先、林道入り口にある看板。
ここから御鍋神社登山口まで1時間の林道歩きです。
画像


9:00 此処からいよいよ登山道です。
画像


9:50 ブナ平 此処までは急登です。

画像


9:55 前に見えるのが二岐山「男岳」ですが山頂が霞んでいます。
画像


10:45 山頂到着
画像


山頂は狭く、おまけに風が強くて寒い。
11:20 お昼をそこそこ食べて下山です。
風が強いのに、周辺の展望はガスっていて何も見えません。
福島県の名だたる山始め、飯豊連峰等展望に勝れた山も今回は望めません。

又、来れば良いさっ!!

11:40 一旦、鞍部を下り、登り返して「女岳」到着。
此処は展墓はありません。

私達が林道歩きをしている時に、旅館のバスで通って行ったグループは、来た道をピストンされていました。
林道は未舗装ですが、車は通れるのでした。

女岳からはずっと急坂の下りです。

11:48 眼下に見える風力発電所の風車。

画像


落ち葉の下には木の根も張り出しています。
ロープに掴まりながらの急坂下山。
画像



13:05 女岳登山口下山
画像


展望には前日の山同様恵まれていませんでしたが二日間共、雨には当たらず、強風の中ではありましたが、愉しく登る事が出来ました。
何れの山も又、それぞれ日帰りで再訪したい山です。

二岐山は二岐温泉を基点にして「大白森山・小白森山」と併せて登ることも出来るし、いつか又来たいです。

下山口にはマイクロバスが待機していました。
旅館へ戻り、入浴&大休憩の後帰路に着きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
小生 この付近サッパリ解りません。
来年は少し東北にWEIGHTを置いてみようかな?
温泉も良いし、料理も魅力有るし…
ブナの紅葉は秋を感じます。
輝ジィ〜ジ
2007/10/23 17:19
 こんばんは。今頃の二岐山は、山麓も含め紅葉が綺麗なんですよね。いい時期に歩かれましたね。
 私なぞ、最初、登山口(林道コース往復の最短コース)を間違え、麓で小一時間、キノコ狩りをして帰ろうかと思った位で。そのあと、登山口が判り歩きましたが(笑)山中でも、途中キノコを採った記憶にあるのですが、展望はさっぱり・・・。
テントミータカ
2007/10/23 17:57
 何か読んでるだけでも寒くなりそうでした。
雨には当たらなかったものの大変な山歩きでしたね。でも大勢だと、例え天気が悪くても賑やかで楽しいものです。しかも温泉で泊まり山行なのですから、さぞかし賑やかだったものと思います。
これも1つの思い出ですね。
甘納豆
2007/10/23 20:17
今晩は。
このあたりの山は全く行ったことがありませんが、地図を見る限りは麓に温泉が点在し、なかなかよさそうなところですね。
「塔のへつり」などはなかなか見事な景勝地です。
展望が悪ければ「又、来れば良いさっ!!」の精神、大好きです。
本読みと山歩き
2007/10/23 21:27
申し込んだ友人が「二岐温泉」は有名よ…と言ってましたが、山に登り湯に汗を流して気持ちよかぁ。
こんな山行も良いものですネ。来年はよ〜く見て申し込みます。
いめか
2007/10/23 22:35
輝様
新潟市ですと上越方面などよりも福島県の方が近い気がするので、福島県の山ガイドなど眺めていてマークしていた山でした。
近いし、キツク無さそうだし・・・
で、今回は二座一度に行けてラッキーでした。
noritan
2007/10/24 05:55
テントミータカ様
泊まった旅館に下山後の入浴後に、天然舞茸を販売していました。
登山道を歩いている時にも「きのこ」見つけるのですが、さっぱり分からないので採りはしませんが・・・
「展望が良い」と言われている山で展望に恵まれなかった時って、もう一度是非行きたくなりますよね。
noritan
2007/10/24 05:59
甘納豆様
お察しの通り、大勢ですと、風が吹いては笑い、滑って転んだ人がいると言っては笑い、終始、山でも旅館でも笑いの絶えない山行でした。
noritan
2007/10/24 06:01
本読みと山歩き様
コメントありがとうございます。
足元には及びませんが、私も「本読み」と「山歩き」が好きです(^_^;)
私は、登山口で土砂降りでも「登山口の下見が出来たと思えば良い」と至ってポジティブ人間です。
noritan
2007/10/24 06:04
いめか様
多分、いめか様の「友人」って?
一緒に会計をした人かもよ〜〜
クシャミが出ませんでしたか?
noritan
2007/10/24 06:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
「額取山」&「二岐山」2日目 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる