のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「額取山」&「二岐山」1日目

<<   作成日時 : 2007/10/20 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

額取山  福島県郡山市  1008.7m 東北百名山
二岐山  福島県天栄村  1544.3m 東北百名山  日本三百名山

久しぶりの会山行参加でした。
難易度もそれ程キツクないし、おまけに「二岐温泉」泊ということで期待しての参加でした。
会ではそれぞれ「額取山」「二岐山」と単独、日帰りでの山行もありましたが、いずれも参加人数は多く、今回の参加者も多数で、マイクロバス2台、総勢36名での参加でした。
我が会ではこの秋に多数の方がこれらの山に登ったことになりますね。

出発は遅くて新潟駅南口7:00.
磐越道を走りながら雨空を見上げ、事前に調べてきた郡山の天気は快方に向かうとの予報を信じて、進みます。
やはり!
福島県に入る頃より、雨は止み、ザックから雨具は出さずにすみました。

今回のコースは御霊櫃峠からのピストンです。
峠への林道は狭く、木の枝が道路に飛び出ていて、マイクロバスの天井に掛かるので、注意しながらゆっくりの進行です。

御霊櫃峠の駐車場は広く、トイレもあります、
既に5台ほど駐車されてあります。

9:40
画像


稜線に出ると、風は強くて、ストックを上げた時には体が倒れそうです。
11:30
山頂着。
画像


山頂は寒く<大展望の山>も何も見えません。

ブナ林の中まで下山して登山道で昼食になりました。

小さなアップダウンを繰り返します。

山頂下から大将旗山、御霊櫃峠方面
画像

13:15下山。

天気に恵まれれば、猪苗代湖や磐梯山などが見渡せる展望の山なのでしょうが、今回は雨に当らないだけラッキーでした。
春にはツツジが見事だそうですので、いつでも気楽に再訪したいと思いました。

この後、宿の二岐温泉へ向かう途中に「塔のへつり」へ立ち寄り、チョット見学しました。

画像

画像


まずは一日目は終了です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
福島二山、お疲れさまでした。

>春にはツツジが見事だそうですので・・・
大将旗山と額取山は繋がっていませんが、この山、歩いた事があります。
五月の連休、峠から大将旗山往復、萌黄色とヤマザクラの斜面、足元のカタクリも可憐でした。

額取山は初冬の山麓から登り、つつじの枝に歯ブラシの雪、雪雲の下にチラチラ猪苗代湖が見えた記憶があります。秋もいい感じですね、大将旗山と額取山を繋げに、行ってみたくなりました。

塔のへつり、「へつり味噌」美味しいですよね。
テントミータカ
2007/10/23 08:07
テントミータカ様
そうなのですね。
大将旗山と額取山は繋がっていないのですね!
小さいアップダウンはありますが、見通しが良くて、展望も良い山なので、晴天めがけて、春か初夏にも良いですね。
「へつり味噌」食べ損ねました(ーー;)
大きな天然まいたけを売っていましたが、荷物になるので買いませんでした。
noritan
2007/10/23 12:40
額取山山頂は風が強かったのが写真で解かります。
だって、帽子の上からタオルで縛ってるのがみえま〜す
(笑)
「へつり味噌」かどうか知りませんが無料の味噌汁を
飲ませて貰って美味しかった事、覚えてます。
いめか
2007/10/23 22:24
いめか様
仰るとおり、風は強くて、帽子止めをしていてさえ、飛ばされる有様。
ザックに薄いスカーフが必携ですね。
タオルで縛ったりしてもう皆さん大変でした!
「塔のへつり」では他の方が買われた「焼き栗」を頂ました。
noritan
2007/10/24 05:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「額取山」&「二岐山」1日目 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる