のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雪倉岳」8月15〜16日

<<   作成日時 : 2007/08/16 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

「雪倉岳」は新潟県と富山県の県境に位置している、二百名山です。
が、普通はこの山だけ目指して登る人は少ないと思われます。
富山県側には三百名山でもある「朝日岳」があり、栂海新道から、或いは小川温泉から登り、其処から「雪倉岳」を通過して白馬岳へと縦走するコース。
或いは、その逆に白馬岳〜雪倉岳〜朝日岳と縦走するコース。
健脚な人なら一泊でも通過出来るでしょうが、大抵は2泊コースです。

このコース上はお花の時期には見事だと聞いていましたので、いつかは蓮華温泉を基点にして周遊したいと思っておりました。
2005年8月に会山行で「小川温泉〜朝日岳〜蓮華温泉」という会ならではの縦走をさせて頂きました。

で、昨年の7月には山仲間2人と蓮華温泉〜白馬〜雪倉岳〜朝日岳〜蓮華温泉という計画で出かけました。
が、暴風雨の3日間で遂に「雪倉岳」登頂は断念でした。

で、今年は是が非でも行きたい〜〜〜という思いを募らせておりました。
父の「新盆」でもありますし、13日から山って訳にも行かずに14日出発を考えておりました。
が、やはり、色々とありまして、親戚の方が新盆の仏壇参りにいらしたりと・・・

結局残るは2日間となりました。、
それでは、仕方無く周遊は諦めて、残る「雪倉岳」一本に絞って目指そう!と決めました。

自宅を出ること3時間。蓮華温泉駐車場に到着。
8:45出発です。
白馬大池山荘に到着したのが12:15です。
画像

此処で池を眺めながら昼食をとっていたら、急に、此処から先へ行くことが億劫になり(家族に残した計画書では「白馬山荘」泊と記してきたのに・・・
此処で早くも宿泊予約して、残りのタップリした時間は池を眺めたり、文庫の本を読んだり、ビールを呑んだりして過ごしました。
山荘周辺のチングルマは既に果穂でした。
画像

次々に宿泊客も増えましたが私の部屋は「後で相部屋になります」と言われてはいるものの誰もきません。

が4時過ぎになって、やはり女性の単独者が同室になりました。
彼女は千葉市から電車で「栂池からゆっくり自然園など見学しながら来た」と語り、明日は白馬岳〜天狗山荘泊〜不帰剣〜唐松岳〜八方と帰るのだと語っていました。
電車で来る人は下山後の着替え等も全てザックに収めなければならずに、縦走が出来る反面、とても大変だと思うのですが・・・

もうこれで3度目の名物海老フライカレー
画像


翌日の歩行時間が長いのでとにかく早く起きねば・・・
と彼女にもお断りして3時半に携帯のアラームをかけたというのに・・・
全然気づかずにぐっすりと寝てしまい、物音で起きたのが4時半頃。
慌てて仕度して小屋を出たのが5:10でした。
予定よりも1時間遅れです。

小蓮華山は地震の影響でしょうか?
山頂が崩落していました。
画像


下山後に知ったのですが3m低くなったとか・・・
平岩から蓮華温泉に通じる道路も起伏があり、所々補修作業中の看板がありましたが、これも地震の影響なのでしょうか?


三国境からいよいよ雪倉方面です。
白馬大池山荘に宿泊された方の中で翌日に朝日岳方面へ行かれる方もいましたが(たまたま、私のすぐ後に宿泊受付をされた東京から来た男性)殆どは白馬岳を目指している方ですね。

小石のガレバの下りです。
大池周辺では果穂だったチングルマもまだこの辺では群生していました。

雪倉岳方面
左側手前は鉢ケ岳で山麓を巻いていきます。
奥が雪倉岳
画像


白馬岳(三国境から見た)
画像


昭和初期まで有ったという「鉱山道」への分岐が出ます。
画像


此処から雪倉岳避難小屋まで1時間はゆるやかなにアップダウンが連続します。

避難小屋は結構小綺麗で中にはトイレもあります。

画像


此処で少々遅めの朝食タイムにします。


昨年、暴風雨の中歩いていた頃は、7月でしたので分岐からのトラバース道はまだすごい雪でした。
今なら周囲グルリと見渡せるのに、その時は何処まで行けば避難小屋が見えるのか〜〜
と不安でした。
この辺で引き返したのでした。

避難小屋からは後は山頂への登りが50分とあります。
が登っていると贋ピークが2回もありがっかりさせられます。

山頂には男性ばかり5人休んでいましたのでシャッターを押して頂きました。

画像


全員が朝日岳方面へ向かわれます。
蓮華温泉へ下りと言うのは私くらい!

朝日岳方面

画像


さて、名残り惜しい山頂を後にゆっくりもできないので下山です。
雪倉山頂から見た
白馬岳

画像

その右側には剱岳が見えます。

画像


下山道から見た避難小屋

画像


今朝歩いた道をアップダウンを繰り返し、或いは下った道は登り返しで又白馬大池山荘に着きました。
ここからは下山約2時間です。
時計を眺め、明るい内には下山できるので此処で「大休憩」をしました。
トタン板で大の字で(少々オーバー!)休みました。
30分くらいの休憩の後、いよいよ最後の下山です。

蓮華温泉に近づくと温泉の匂いと部屋から洩れる灯りがとても羨ましくで、入浴も出来ずに来た道を用心しながら林道〜R148〜北陸道を帰りました。

今回は、自分なりには歩く時間も地図上のコースタイムの範囲内で歩けたし、天気と展望にも恵まれたし(16日は風が結構吹き、汗を余りかかずにすみました。花の写真を撮るのには困りましたが)他人から見れば不足がいっぱいの計画かもしれませんが・・・

遠かった「雪倉岳」の山頂が踏めました。
私の山歩きは”点”と”点”が繋がらない歩きです。
”点”を踏むだけのピークハントかもしれません。

次回は白馬岳からまだ行ったことのない「鑓温泉」方面へ行ってみたい!

風を気にしながらも撮れた花々
この他にも沢山の花が咲いていました。


画像



大池山荘から小蓮華への道、或いは鉱山道分岐からの道ではチングルマが多く咲いていました。


画像


ウサギキク
画像


コマクサ
画像


クルマユリ
画像


ニッコウキスゲ
画像


タテヤマリンドウ
画像


マツミシソウ
画像


ハクサンイチゲ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
小蓮華の山頂が崩落したの新聞に出てたわ。天気が良くて、よかったね。おいらもまだ3年まえのリベンジ
果たしてない。心残り。
赤鬼
2007/08/18 07:00
白馬大池の名物!海老カレーなのですか。

残念!一日違い、三国境でボケ〜ッとしておりました。私も頑張って雪倉岳へ行って来れば良かったな〜。(暑くて嫌になっちゃって)
鉱山道、静かで花も多くおススメです。
テントミータカ
2007/08/18 08:05
 お疲れ様、念願の雪倉岳登頂良かったですね。
天気が良く、周辺の山々がきれいに撮れています。
私も今月末に栂海新道を歩く予定でしたが、中止になってしまいました。いつか歩いてみたいと思っております。
チングルマの果穂、素敵ですね。名前の由来がこれですね。それと小蓮華山の崩落現場を検分して来たのですね。新潟県の最高峰ですので、逆に隆起して欲しかったのに残念です。そこへ行く人は1個づつ石を積み上げることにしましょうか。いつの日にか復活するように。
甘納豆
2007/08/18 08:32
今年のお盆は、連日連夜の猛暑と熱帯夜で寝不足気味の日々を過ごしております。素晴らしい快晴爽やかな『雪倉岳』を拝見して、一服の涼を感じております。2004年7月栂池から白馬大池山荘泊で、小蓮華山〜白馬岳〜大雪渓〜葱平〜猿倉へ下山した日が懐かしく思い出されます。小蓮華山から緑濃いハイマツに覆われ、僅かに残った雪渓がとても美しかった雪倉岳・朝日岳の稜線が今でも目に浮かびます。
是非、もう一度この辺りをのんびりと美しい花々を愛でながら縦走してみたいものと思います。
ありがとうございました。 
本日は、午後から明訓高校の応援をいたしましょう。
葦原ボーイ
2007/08/18 09:03
昨年の夏、蓮華温泉から五輪尾根で朝日に行きテント泊、帰りに雪倉から鉱山道を降りようとしたら崩壊して通れず、また引き返して、やっと蓮華温泉に帰りました、最期の温泉への道がきつくて、やはり大の字になって休みました。
今回の周遊も、かなりきつい道ですね、あっさりと行って来てしまうのはさすがです。
インレッド
2007/08/18 09:28
私、先日8月4日、某登山ツアーで、猿倉から大雪渓を登り白馬山荘に泊まり、5日三国境を経て小蓮華山を登り白馬大池、天狗原、栂池自然園と歩いてきました。
4日は雨降りで難儀しましたが、5日は晴れて青空も見える登山日和で、白馬岳、小蓮華山の素晴らしい尾根歩きを楽しみウルップソウや高山の花々を愛でてきたばかりです。
ところが、今、noritanさんの写真を見て唖然としています。話しには聞きましたが見るも無残な崩落現場!デジカメの電池を忘れ使い捨てのカメラでしたが、早速現像に回そうと思っています。私の貴重な写真になりそうです・・・
何と言っていいやら… 異常気象といい、自然の力って凄いですね。最近、驚かされることばかりです。
FUKU
2007/08/19 00:04
再度・・
17日の夜行日帰りで「焼岳」を縦走して来ました。それで今帰って来て、noritanさんのブログを見てホントにビックリしてコメントしました。
FUKU
2007/08/19 00:22
赤鬼様
小蓮華の崩落は全く知りませんでした。
会社の人に話したら、山など登らない人の方が知っていましたね。新聞をよく読まない(^_^;)
そういえば赤鬼様もこのコース雨で撤退されたのでしたね。やっぱ、お花の時期が良いですネ!
noritan
2007/08/19 03:36
テントミータカ様
雪倉岳からのその日の内の下山は「鉱山道」を下りることもチラっと考えました。
が、あまり人が歩いていないとあり不安でしたし、時間的にも大池山荘経由とそう変わらないので結局は同じ道を戻りました。
万一遅くなっても白馬大池山荘からの下りはヘッドランプを付けても大丈夫と思いましたので。
ミータカ様の白馬山行記はスンゴイ!!です。
お花の名前沢山教えて頂きました。
noritan
2007/08/19 03:40
甘納豆様
「栂海新道」コースはとてもキツイコースと聞いております。
営業小屋がないコースはとても荷や水の重さを考えると、もはや私では無理です。
いつか、せめて青海から入り口だけでも行ってみたいと思っています。
線にはならない”点”と”点”の歩きですが。
国土地理院は来年に測量調査すると言っていますね。
新潟県の最高峰が低くなるのって嫌ですね(笑)
noritan
2007/08/19 03:47
葦原ボーイ様
私が始めて白馬に行った時は猿倉〜雪渓〜白馬山荘泊〜栂池下山〜バス&タクシーで車を取りに行きました。
色々なコースがあり、白馬は夏、子供からおじいさん、おばあさん(笑)まで賑っていますね。
同室しました若い女性は千葉市から電車で来たと言っていました。
故郷、明訓の応援ありがとうございました!
でも本日敗退してしまいましたね。
noritan
2007/08/19 03:53
インレッド様
コメントありがとうございます。
朝日でテント泊されて一気に鉱山道で下山される予定を白馬大池経由で下山し直したのですか?
それも凄い距離ですね!
今回の2日目は長丁場でしたが程よい風と天気の良さで歩けました。
私のタイトル通り「風の歌を聴け」でした(^_^;)
noritan
2007/08/19 03:58
FUKU様
白馬周辺に行かれた方が多かったのでしたね。
小蓮華山頂周辺に「立入禁止」の札と共にロープが張られていて痛々しい感じでしたね。

さて、夜行日帰りで「焼岳」って???
上高地の焼岳ですか?
凄い強行軍ですね!
でも他人様の運転ですか!
夏と秋と行きましたが秋は良いですヨ!
noritan
2007/08/19 04:05
noritan様は雪倉岳に登られてたのですね。
18〜19日と花の白馬岳に登ってきました。
予想外のお花畑に感激してきましたがウルップソウ
は終わってました。
今年の夏は北アルプスに縁があったようで
糸魚川ICも3回も通りました。
いめか
2007/08/19 20:55
いめか様
いめか様も白馬でしたか!!
私もウルップソウは見つけませんでした。
有っても分からなかったのかな?
糸魚川ICから長野へ向かうこの道路ってトラックが多くて好きじゃないですね・・・
noritan
2007/08/20 12:45
一人でご苦労さん。
ウルップソウは多分7月の中頃で殆ど色あせてしまうかな?
一人の場合は何から何まで全てやらねばなりません。充分注意するように…
それから批難小屋は避難小屋に訂正したほうが良いyo。
輝ジィ〜ジ
2007/08/20 21:34
輝ジィ〜ジ様
仰せの通り、山中の歩きだけでなく、運転にも神経を使います。
幸い今回の登山口は何回も行っていますが、それでも狭い林道の対向車には注意が必要ですし、高速道での眠さにも勝たねばならないし・・・
「批難」小屋ではありませんでしたね。
そそっかしくて恥ずかしいです。
ご指摘ありがとうございます。
noritan
2007/08/21 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雪倉岳」8月15〜16日 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる