のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「粟ケ岳」八合目撤退

<<   作成日時 : 2007/06/03 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

昨日は家に居るのが罪悪のような日でした。
本日も晴天です。

会の山行も申し込んでいないし、仲間との約束も無いので、久しぶりに一人です。
胸中に思う山は幾つか候補はあるのですが・・・

最近、単独で出かけることが減った所為か、何か億劫になっています。
で、結局は朝、グズグズしていて、家を出る時間も遅くなってしまいました。

昨年5月21日に行きました「粟ケ岳」へ向かいました。
今、三条市では「高城ヒメサユリ祭り」をやっています。
五百川の駐車場は既に満車状態でしたが、こういう時に軽はありがたく、トイレ前の奥まった処に駐車できました。

昨年は途中からは残雪がありました。
今年は勿論雪は丸で無く、実はヒメサユリを期待して歩きます。
昨年は山頂まで3:30で行きました。
今日は登山口で既に10時です。
登山道にはまだ、イワカガミが多く咲いていて、タムシバも最後の白い葉を地面に落としながらもまだ、咲いていました。
粟薬師を過ぎ、ブナの気持ち良い林が続きます。
画像


山頂方面が望める7合目を過ぎます。
画像


ここまでに、くたびれたヒメサユリが一、二輪咲いていただけです。
八合目に辿り着くと女の人が寝ていました。
最初具合が悪いのかな?
と思いましたが此処で休んでいたのでした。

此処まででもう1時です。
お腹も空いたし、私もお隣に座らせて頂き、山頂を眺めながら、此処で本日は終わりにすることにしました。
夕食の段取りを何もしてこなかったので帰宅時間が気になっていました。

高田から入らしたというその女性はご主人だけは山頂へ行ったようですがおにぎりも持って行かれたとかで電話をしていました。

花には逢えず、時間もなく、心残りいっぱいの悔いの残る一日でした。
が、此処まででも、十分な山歩きが出来ました。

来る時は三条まで高速で来たのですが、帰路は低速で帰りました。

お刺身盛り合わせ・餃子

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【粟ケ岳】ヒメサユリに逢いたくて
杁差岳から帰ってからは、最初は喉の痛み&腫れ、次第にクシャミ&鼻水と進んでいきました。 13日は眼科検査の予約が入っているので、日曜日は何処か?に行きたい、でも風邪が・・・ と逡巡していました。 が、弟の同行を得て、実に15年振りの「粟ケ岳 中央登山道コース」から行きました。 目的は、勿論ヒメサユリでした。 ...続きを見る
風の歌を聴け
2009/06/16 03:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
下田から登ったんだ。最後が急登だからねえ。山頂を
踏むだけが登山じゃない。しかし、やっぱりなあ。
赤鬼
2007/06/05 06:47
そこまで登ったんなら、なんで頂上を踏まなかったの?そのほうがストレスになりそう。
読んでるこちらも、なんだかすっきりしまへんなぁ。
山はスカッと登りましょう。
山いろいろ
2007/06/05 09:29
登山口10時スタートでは、気が抜けてしまいそう。
せめて8時に出発すれば、暑さも左程気にならないだろうし
山頂タッチが全てでないけど、折角行くなら…
輝ジィ〜ジ
2007/06/05 10:14
赤鬼様
山いろいろ様
輝ジィ〜ジ様
皆様仰せの通り、段取りは悪いは出発は遅いは、やる気もゲンナリ〜〜で、帰りは低速でゆっくりと反省&後悔しきり・・・でした。
そうは言いながらも、結構これで満足度も80%くらいはあるのです^_^;
noritan
2007/06/05 13:40
粟が岳でしたか。
きっと、登頂よりも、山中の花・樹・鳥を愛でる方を楽しまれたのでしょうね。山頂へ行かない贅沢な山歩き!。無理して登頂すること無いし〜。家に着くまで、ご無事で出掛けることができるのが何よりです。(・・・と、自分に言い聞かせていたりして)
テントミータカ
2007/06/05 13:56
山開きに加茂市の水源地から登りましたが、どっちと
言われたら下田からのコースが好きです。ヒメサユリ見れなくて残念! 今年はもう咲き終わったの…

女性なら帰宅時間が気になるのは解かります。
道産子弁で…男の人にはわかんないっしょ!
横浜っ子で…男にはわかんないじゃん!
地元弁で… おとこしょにはわかんねぇこてさ!

ゴメンなさい…

いめか
2007/06/05 22:25
こんばんは!
 何か皆さん手厳しいコメントでnoritanかわいそう。
でも本当はやさしい励ましだったりして。
実は、甘納豆が一番辛口です。
「なんじゃ、途中で引き返すとは。鍛え方が足りない。週末の御嶽山に連れて行かないぞ。」(私も連れて行って貰う方ですが)
てなこと言えるのも仲間うち、山は苦しむためではなく楽しむためにある。
自分が満足すればどんな山行スタイルでも良いのです。
甘納豆
2007/06/05 23:51
こんばんは

下田コースに一票です こちらの方が変化があって歩いていて楽しいような気がします ここのブナの新緑も綺麗ですよね 
あき
2007/06/06 01:01
テントミータカ様
根性なしのnoritanでしたm(__)m
でも優しいお言葉心に染入ります。
noritan
2007/06/06 12:41
いめか様
つくづく、負けず嫌いの対極にいる私だべさ〜〜〜
諦めが早すぎ〜〜
やさしい事ゆうてくれるのオメさんばっかだてば
(新潟弁)でした。
noritan
2007/06/06 12:45
甘納豆様
”甘”納豆さんなのだから”辛口”はおっしゃらないで〜〜
「御嶽山」は平成8年に土砂降りで行った以来2度目です。
心入替えて、晴天を祈ります!!
noritan
2007/06/06 12:47
あき様
実は加茂コースはもう10年以上も行っていないのです。
下田コースはブナ林が綺麗ですよね!
でも、いつか、加茂からも挑戦してみたいです。
noritan
2007/06/06 12:48
今だ一度もお目にかかった事のない『ヒメサユリ』ですが、当たり年或いは裏年みたいな年があるお花でしょうか?皆様のブログでしかお目にかかってません。
【花には逢えず、時間もなく、心残りいっぱいの悔いの残る一日でした。】
山頂を極めずとも、出かけることに多いに意義あり、明日からの生活に新たなる活力をいただけるのではないでしょうか。
葦原ボーイ
2007/06/06 22:36
葦原ボーイ様
「花」それも、限定された地域に限定された時期に咲く花に対する思いは強いものがありますね。
「ヒメサユリ(又はオトメユリとも)」は宮城県南部、新潟、福島、山形県の各県境当りに群生していて、絶滅危惧種に指定されているとか。
福島県にも「ヒメサユリ群生地」があり(南会津町 高清水自然公園)此処は一般観光客が楽しめる公園になっていりようです。
いつか行ってみたいと思っております。
飯豊連峰の地蔵岳周辺にも多く咲いています。
今年、何処かで見てみたいと思っているのですが・・・
葦原ボーイ様も一度、どうぞ「ヒメサユリ」にお目にかかってみて下さいませ。
noritan
2007/06/07 05:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「粟ケ岳」八合目撤退 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる