のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「御神楽岳 蝉ケ平〜室谷」

<<   作成日時 : 2006/10/28 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

「御神楽岳」は会越県境に位置していて、その急峻な岩稜から、憧れと怖れとを抱いていました。
が、室谷集落からは樹林帯の中の安全な道で山頂に立てるコースが整備されたということでH15年にはこのコースからとりあえず山頂に立つことは出来ました。
が、いつか、機会を持てたら・・・蝉ケ平コースから行ってみたい!
そんな願望を抱いて何年も経過してしまいました。

が、今回はベテランの山仲間のサポートを得て、オッかなびっくりの私でもゆっくりペースで無事に再び山頂に立つことが出来ました。

夏は岩が照りつけて暑いので秋が良いでしょう。とのことでした。
が、秋は良いのですが、日が短いのです。

ヘッドランプ必携でまずはそれぞれ、室谷に待ち合わせをして、一台に同乗して蝉ケ平へ向かいます。
自宅は4時30分に出ました。高速は乗らずに低速で。
室谷の駐車場に着き、朝食を食べている頃には2台、又1台と車が到着しています。
福井県からの単独男性も登っていきました。

室谷から蝉ケ平の登山口までは、車で30〜40分くらいはかかります。

蝉ケ平登山口は7:30発
しばらくは広谷川に沿った平坦な林道歩きなのですが、途中で川を横切る箇所でロープが渡されてはいるのですが、それでも岩の上が滑り、歩き始めからヒヤッとさせられました。
湯沢出合まで、やく1時間。此処からが本格的な登りが始まります。
阿賀町(旧上川村)のサイトで閲覧出来ます地図にはこの辺には「ヒメサユリ」と書かれてあるので、そんな頃も良いのでしょうネ。
鎖の下げられている箇所を通過し、”馬の背”と称せられている狭い岩場通過です。
何年か前に「戸隠山」に連れて行って頂いた時には「蟻の戸渡り」は跨いで通過しました。
が、今回も跨いで渡ったという話しを聞きましたが、怖がらなくても、少し下がった処に足の置き場があるので、其処に足を置き、岩にしっかり掴まれば大丈夫とのことで、無事通過。

高頭(10:50)まで来ると、少々ガスっていた周辺もすっかり晴れて、風はなく、岩と紅葉している葉とのコントラストが見事です。
画像

湯沢の頭まで頑張り(12:10)此処で昼食にします。

此処からはこれから登っていく尾根、雨乞峰、さらに平坦に見える御神楽岳の山頂が見渡せます。
画像


雨乞峰は室谷コースとの合流箇所で、少し下がり15分ほどで山頂です。

山頂14:15。長い、緊張感いっぱい、暑い時間でした。
でも、その大変な思いだけ、感激もひとしおです。

室谷への下山道は樹林帯の中の最初は泥濘の道が多くて、足元がヌルヌルします。
ブナの森に着く頃には黄色く染まった葉が美しい様相を見せていました。
山頂14:45〜室谷下山17:05
ヘッドランプを付ける寸前でした。

今日は室谷からは多分8〜10組くらいは登ったのではないでしょうか?
蝉ケ平からは、私達より先に2組。その後に送れて男性3人組がまだいました。
蝉ケ平コースは200名山紹介の本、東北百名山紹介のガイドブックにも載っていなくて、室谷からのコースか福島県金山からの本名御神楽岳を経由してくるコースかのいずれかです。
ベテランに支えられ、サポートされての登頂でした。

次には、機会があれば福島県から登ってみたいです。
山頂には方位盤が設置されていてグルリ周囲見渡せるのですが、余り山座同定が得意ではないので、どの方面にどの山が見えるのは自信ありません。

3週間振りの山歩きでした。帰路には御神楽温泉があるというのに、疲れて温泉にも入らずに帰ってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
とうとう登ったか。岩壁の眺め素晴らしかったろう。
おいらはこのコース4〜5回行ってるけど、やはり
秋が多かったなあ。
赤鬼
2006/10/31 06:47
そうです、遂に畏怖と憧れの山に行けました。
と言っても半分は引っ張ってもらったようなものですが^_^;
秋が最高ですね。
春も花があって良いのでしょうが雪があるし・・・
又、行けるかなぁ〜〜(~_~)
noritan
2006/10/31 10:32
お疲れ様でした。
初めての御神楽が運悪く?山開きの蝉ケ平コース。歩き始めからトキソウ、尾根取り付きからヒメサユリ、馬の背は跨いで渡り、雨乞峰の残雪にメロンを冷やして山頂往復しました。
山頂大賑わいで休む場所も無かったですね。
それ一回きりですね、あのコースは・・・。福島・本名側が得意です(笑。
テントミータカ
2006/10/31 20:08
こんばんは
御神楽岳とか・・・・至るところ転落注意で怖そう、きっと岩山の連続ですね。
緊張の連続で下山後の温泉も素通りとは、大変お疲れ様でした。
その分、登った達成感はきっと最高ですね。
当方、28日〜29日初めて天神峠から軽めの「谷川岳」と、土合口から一ノ倉沢経由蓬峠へを経て土樽へ下る、紅葉トレッキングを存分に楽しんでまいりました。
幸いにも、二日間とも晩秋とは思えぬ素晴らしいお天気で、最高に楽しく歩けました。
葦原ボーイ
2006/10/31 22:30
テントミータカ様
この町の山開きは、先導して歩いて登ることはないようですね。麓で神事をして終わりとか。
ヒメサユリの頃はまだ、残雪があって、返って大変かも。
私もいつか遠回りをして福島からのコースで登ってみたいです。
noritan
2006/11/01 06:57
葦原ボーイ様
岩場通過の山は何と言っても天候が左右しますね。
チョット風があっても馬の背通過は怖いですものね。
絶好の天候で良かったでした。
土合から蓬峠へ抜ける紅葉トレッキングとは羨ましい限りです。マイクロバスが待っていてくるると良いのですが。でも電車利用も出来ますものね。
noritan
2006/11/01 07:06
アップダウンも多く、気の抜けない箇所多く、疲れる山ですが、その分眺望もいいし、達成感有り。ジィ〜ジは、1台で行ったので当然ピストン。帰りは温泉入浴。。
輝ジィ〜ジ
2006/11/02 07:11
眺望は天下一品ですね!
でもピストンだと、私は疲れます(ーー;)
室谷は樹林帯の中で面白みもないのですが、2時間少々で下りられるのが魅力。
でも、ブナの森の黄色くなった様もそれなりに美しかったです。
noritan
2006/11/02 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
「御神楽岳 蝉ケ平〜室谷」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる