のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸森尾根〜北股岳〜梶川尾根 2

<<   作成日時 : 2006/09/24 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

24日も晴天です。
ゆっくりとしっかり腹ごしらえをして、6:27出発です。

画像


逆光の大日岳方面です。

70リットルのザックを担いでいると思われる、若者4人グループなどは、飯豊山を目指し、ダイクラ尾根を下山するのだそうです。
「石転び沢」や「ダイクラ尾根」などは、飯豊のコースの中でも上級者コースで、とても、私には無理な話です。

梅花皮小屋からは眼前にど〜〜んと立ちはだかっている「北股岳」に再度登り、7:00到着です。

画像


二王子岳が眼の前です。

扇の地紙8:43 此処からは梶川尾根を下ります。
五郎清水、滝見場を経て、湯沢峰11:48までは登り返しがあります。
右手を見ると、長い、ギザギザにアップダウンのダイクラ尾根が長大な長さで続いているのが見えます。

湯沢峰からは急な下りが続きます。

私は、光岳の下りでもすでしたが、足のつま先が痛み、ストンストンと下りられません。
2度ほど、靴紐をきつく締め直しますが・・・

まぁ、急ぐこともなく、一歩一歩慎重に下ります。
途中、3組ほど登ってくる人達に会いました。

ようやく13:50梶川尾根登山口到着です。

駐車場は昨日よりも多くの車が停まっていて、遠く県外ナンバーの車も多いです。
飯豊山荘に入浴し、近くの森林浴を楽しみに来ている家族連れもいるのでしょう。

軽装で日帰りで愉しむ、自分の歩けるコースでそれぞれ愉しむ、とそれぞれのペースに応じて、長い飯豊連峰を細切れでも良いので、来年又歩きたいと思います。

梅花皮荘で入浴、新発田でラーメン食べて帰宅です。

※ 後日知ったのですが、23日、地神山への途中で、杁差岳方面へ向かって絵を描いている方がいらして、通りすがりに後姿に「こんにちは」と声かけて行きました。
何と、同じ会の山仲間のO氏でした。飯豊が大好きで、飯豊をこよなく愛していらっしゃる方です。日帰りで梶川尾根〜北股岳〜丸森尾根、更にゆっくりと絵を描いているなんて、ホント驚きです!


※ ひと月振りの山、おまけにロングコースの歩き、重いザックと翌日はひどい筋肉痛になりました(ーー;)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Oさんと同じ山行したこと無かったけ?
素晴しい画才の持ち主です。車に自転車積んで
胎内登山口まで林道を駆け上がって行きます。
とんでもなくタフな方です
輝ジィ〜ジ
2006/10/03 22:22
輝様
勿論O氏はよくの3乗くらいよく、よく知っています。
飯豊の展望台「地蔵岳」への山行等、氏の山行に参加したこともあります。
以前はよく、メールでも絵を添付して頂きましたが・・・
真似て、小さい画材を買いましたが、それ程の余裕を持った山行が未だに出来ません。
山頂で絵を描くのが、私の夢です。
叶わぬから”夢”なのかも・・・
noritan
2006/10/04 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸森尾根〜北股岳〜梶川尾根 2 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる