のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸森尾根〜北股岳〜梶川尾根 1

<<   作成日時 : 2006/09/23 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

二王字岳、蒜場山、倉手山などからは何度も、その雄姿を眺め、いつかは行きたいと思いつつも、その難易度の高さからなかなかチャンスがありませんでした。

弟は4年前に単独で登っていると言うので、私ともう一人山仲間とで3人で週末の晴天を確認して出かけてきました。
自宅を3:30に向かえにきてもらい、山仲間を乗せ、飯豊山荘の駐車場に着き、朝食を済ませて、6:15出発します。
いきなりの急登です。
8:25夫婦清水。でも水場は離れているので、パスです。
樹林帯をしばらく高度を稼ぐと、10:45丸森峰に辿り着き、次第に北側の展望が開けます。
杁差岳方面、山頂直下には小屋も、遠く、東港のタンク等、日本海、弥彦山も見えます。

画像


ガレ場の登りを頑張り、12:00地神北峰の分岐到着です。
ここで、ようやく稜線に出ました。
まずはユックリ昼食タイムです。
ここからも、これから向かう地神山、その背後には、遠く飯豊本山も見えます。
頼母木山の稜線、大石山、鉾立峰、杁差岳と見渡せます。此方へ向かって歩いている人もいます。

昼食後は地神山へ登り、扇の地紙の梶川尾根との分岐を通り、門内の小屋14:23。
門内小屋は水場が遠く、人の気配もありません。小屋からひと登りで門内岳です。
ここからは、向かいに御馴染の二王子岳が真正面に見えます。

振り返ると、稜線を境に西側だけ、ガスに覆われています。
キッチリ稜線を境にしているので、そのコントラストがとても幻想的です。
眼前には真っ赤に色づき始めた紅葉と、少し黄色くなり始めた葉、緑の松など、パッチワークのような色模様です。

北股岳山頂は15:50
ようやく、目的の山頂です。
携帯アンテナは3本立ってはいるのですが、電波の入りはよくないようでした。

さて、疲れた体は一刻も早く今夜の宿の小屋の姿を見つけたい〜
弟に言わせるとそろそろ見えても良い頃なのですが・・・
薄いガスが前方を覆っていて、本当に眼も前に出るまで分かりませんでした。
小屋到着16:20

本日の歩行、約10時間でした(@_@;)

管理人に挨拶、管理料金払って、2階へ。
この時期は夏場と違って小屋もガラガラです。
階下は、私達を追い越していった山形からの若者4人グループ、他3人くらい?
2階は、私達3人、男性2人組、単独男性と6人です。
トイレは隣に受水槽室があり、水洗で、床も綺麗です。

早速持ち寄りの料理で、待ちかねたビールでお腹も一杯になり、皆外へ出て、夕日に映える峰々を眺めに出ています。

今越えてきた北股岳が眼前にド〜〜〜ンと夕日に映えてそびえている様は「ドッシリ」という形容しかありません。
画像


18:30には休み、夜半眼が覚め、外へ出て星空を見上げると満天の星が大きく輝いていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい展望に会えて良かったですね。
今年の紅葉は少し遅れているそうだけど、やはりちょっと早かったようね。
山いろいろ
2006/09/27 14:11
「飯豊は”いいでぇ〜”」との言葉通りでした。
稜線に出るまでの登山道はえぐれていて、無残な箇所が何箇所もありますが、稜線へ出るとそのパノラマには感激ですね!
noritan
2006/09/27 23:25
飯豊山行お疲れ様でした。頼母木の小屋は管理人さんが居られるようですね。綺麗なトイレと水・・・そのうち、胎内から行ってみよう・・・。
テントミータカ
2006/09/28 14:12
テントミータカ様
私達が今回泊まった小屋は、北股岳直下の梅花皮小屋です。
管理人さんがいましたが、多分、9月は常駐ではなく週末だけいらしているのかもしれませんね?
noritan
2006/09/29 07:09
大変失礼しました。タモギとカイラギ、勘違いしました。
>9月は常駐ではなく週末だけいらしているのかもしれませんね
そのとおり。
テントミータカ
2006/09/29 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸森尾根〜北股岳〜梶川尾根 1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる