のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聖岳〜光岳縦走 4日目」

<<   作成日時 : 2006/08/15 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

茶臼小屋には5時前に出発です。
縦走路まで20分、茶臼岳まで30分。
まだ、朝日が昇らない富士が目の前に見えます。

画像


茶臼岳山頂で、カメラのフラッシュカードが満杯になったので、新しいカードに入替えました。
使い終わったカードはカメラケースの内側に付いているポケットに入れて置いたのですが・・・
このポケットに付いていたマジックテープが片側剥れていて、このあと、17回カメラを出し入れした時に、このカードが滑り落ちたのです。

勿論、落ちたことに気づいたのは、帰宅してしばらくして深夜にカメラケースを覗いてからでした。
この深夜の驚愕はとても言葉では言い尽くせないほどです。
好天気の2日間の記録写真が全て、ゼロです!

分岐や到着、出発時間などはメモの代わりに写真を撮るので、行動時間も正確な時間は記録なしです。

飯田市の警察、井川の交番、翌日には井川観光協会、光小屋等、登山者が拾って、届けられるあらゆる場所に連絡しましたが、届けられてはいませんでした(ーー;)

落ち込んでばかりいても仕方ないので、怪我も事故もなく自分自身は無事で帰還出来たのだから・・・と悟るしかありません。

茶臼岳からは僅かで希望峰と名づけられた地搪のある開けた場所に出ます。
本日下山するので、仁田岳往復はパスです。
三吉平から静高平への道で「携帯通話可能場所」との案内があり、飛び出た場所に行きますと、確かにアンテナは3本立ちました。
静高平は広々と開けた木道が続く道で、遠くに光小屋が見えます。

画像


小屋にザックを置き、山頂までは15分。
山頂は展望もなく、早々に下山して、小屋でビールを呑み、後は易老岳まで戻り、ひたすら下山です。


画像


地図では「樹間より光岳が見える」とあっても、振り返って眺める余裕はなしで、滑りやすい、ガレ、小石があり、石車乗り易いので、スタスタと下りることも出来ずに、注意しながら用心してジグザグに長い下りでした。

聖平小屋〜茶臼小屋からと一緒でした、27人のツァーの団体も茶臼から光岳で下山でした。
男性4人と女性1人の若者グループ、夫婦のグループ等々、一緒に下山です。

通常なら、登りは一歩一歩、ゆっくりしか歩けない私でも下りは、多少は早く下りられるのですが、滑りやすいのと、疲れたのとできっちり3時間掛かりました。
休憩を取ると動くのが億劫になるのではないか?
と休憩なしで歩いていたので、面平からのジグザク下りは足を引き摺るかのように下りました。易老渡に付いたのは16時でした。

R152を南下して道の駅に併設してある「かぐらの湯で汗を流し、遅めの昼食を取り、来た道をゆっくり、休み、休み帰り、帰宅は16日、午前2時でした。
10時間以上歩いて、8時間運転して帰り着き、我ながらよくヤッタ(@_@;)

カメラのカードを落としたことはショックでしたが、地図を眺め、次には椹島から聖岳〜茶臼岳を目指して、畑薙ダムへ下りようと考えている次第です。

南アルプスは急峻な北アルプスのような険しさからくる満足感は薄いかもしれませんが、森林の中の歩きとどこか穏やかな雰囲気が好きです。

オバサン単独行は本当は危険がいっぱいで、避けるべきなのでしょうが、多くの同宿者の方々にお世話になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
南アルプス「聖岳〜光岳 縦走」お疲れ様でした。
お天気にも恵まれ、単独行でしっかり四日間を歩きとおした満足感一杯では、と、お慶び申し上げます。
南アルプス最南端にある2座だそうですが、原生林に囲まれた南アルプス特有の奥深さのある山とか。
つい、自分も歩いているような錯覚を持って拝読させて頂きました。・・・いつかは登ってみたい。
コンパクトフラッシュの件、とても残念でしたね。
素晴らしい山行記、ありがとうございました。
葦原ボーイ
2006/08/19 06:23
落ち込むだけ落ち込むと、立ち直りが早いのが、
私の良いところです(*^_^*)
山行では、色々な失敗や事故を起こしていますが、いつも次回の教訓にすれば良いのだと納得しています。
「聖岳〜茶臼岳」は再訪したいです。
noritan
2006/08/20 01:00
noritanさん、南アルプスの縦走を緊張と羨望の思いで読ませていただきました。ありがとうございました。
単独行だったのですね。高速道や登山口までのジグザグの道をカーナビもなしで運転されることだけでも私にはまねができません。
コンパクトフラッシュの件、残念でしたね。
我が家の息子は、今回の山行きで携帯を水没させ使用不能になったそうです。
婚約者(来年結婚することになりました)に下山したことを連絡して欲しいと連絡がありました。

保険の普通資格試験も無事に終わり、翌日から岐阜・郡上八幡に車で行ってきました。
長良川の鵜飼、水の町の郡上八幡の街並みを堪能してきました。遠い祖先から脈々と受け継がれてきた血を感じます。
よーちゃん
2006/08/20 12:29
記憶メディアを紛失されて、お気を落としの事、気持ちを立て直されて良かったです。また、おいでと言うことでしょう。私も以前、数回、訪れていますが、お一人で登山口までの運転だけでも、さぞ大変だったでしょう。
懐かしく記録を拝見させていただきました。光小屋の原田ご夫妻も親切でお話も面白く、たのしく泊らせてもらいましたよ。羊歯と針葉樹の道のり、独特の雰囲気で。私も好きな登山道です。
テントミータカ
2006/08/20 19:35
自分には勉強不足で名前ぐらいしか知らない山です。いずれ登りたいですね。(そんな山が方々に溜まって困っています)
画像データ紛失は残念!。心眼に刻んだ風景が余計貴重でしょうね。
ところで100のうち、もう90座なんですね?
凄いなぁ!
山いろいろ
2006/08/20 20:41
よーちゃん様
登山口まで車で無事辿り着くことは、50%成功です(笑)
さて、息子さんは携帯を水没されたとのこと!
これも大変でしたね。携帯は水に一番弱いですものね!
カメラを置き忘れたり、落としたことに比べれば、私の被害はまだ軽いですね。
それにしても、保険の資格試験挑戦、合格はスゴイですね。ファイナンシャルプランナーとか言うのでしょうか?
保険の代理店が開設出来ると言うのですか?
よく、分からなくてすみません。
郡上八幡の盆踊りはテレビで観たことがありますが、一度本物を観てみたいです!
noritan
2006/08/21 00:03
テントミータカ様
茶臼小屋の奥さん、光小屋の奥さん、共に気さくで良い方たちです。
光小屋には、光岳下山後、小屋前で、他のグループの方達はコーヒーを頼んだりしているのに、私だけビールを呑みました(^_^;)
電話で、紛失の事を話した時も「よくあることですヨ」と同情して下さっていました。
でも、光小屋って、水場まで20分も下りないと駄目なのですよね(@_@;)
noritan
2006/08/21 00:07
山いろいろ様
「百名山」は、正しく、「百の頂に百の思い出あり」ですね。
暑い夏は小屋も混雑していて、大変なのですが、日が長いのが救いです。
あと、一個、北アルプスの山「笠ケ岳」を登ると、残り8個は海を越えた遠い場所ですので、中々行けません(ーー;)
noritan
2006/08/21 00:19
小生も真似して出かけて見ました。
コース反対だったけど!!天気イマイチ。疲れた。。
輝ジィ〜ジ
2006/08/25 21:21
輝じぃ〜じ様

そうですか!
山歩きよりも運転で疲れますでしょ!
後編アップ楽しみにしています。
noritan
2006/08/26 03:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「聖岳〜光岳縦走 4日目」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる