のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聖岳〜光岳 縦走1日目」

<<   作成日時 : 2006/08/12 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の「お盆休暇」は12日が土曜日になったので、通常13日からの休みが1日増えたので山の計画も余裕を持って立てられました。

11日は午後3時から大掃除をして通常通り5時15分に退社。
12日は、予ねて母から頼まれていた、庭の草取りを1時間かけてして、午後1時半に自宅を出発しました。
北陸道〜上信越道〜長野道〜中央道と何回も通いなれた高速道です。

「お盆帰省」の渋滞も東京方面からとは逆なので、それ程の混雑もなく通過出来ます。
が、松代Pでしばし、眠さ対策仮眠、30分。梓川SAで給油待ち20分、とゆっくりペースで急がずに飯田ICで高速を降ります。
丁度、雨が降り出し、暗くなり始めた空には雷も光ります。

ナビもない車ゆえ、道路地図、ネットのルートMap等で下調べをした道を懸命に辿って行こうとするのですが、雨と暗さでついつい見落としてしまいます。
が、県道251線への標識で無事に喬木村への道を進むことが出来ました。
三遠南信自動車道は永年の計画のようですが、飯田市から愛知県、静岡県へと続けば便利この上ない自動車道路なのでしょうけど、喬木村では、R152へ通じる矢筈トンネルが完成しているだけです。
県道251線はこの矢筈トンネルまでの道は狭く、クネクネ、上ったり、下ったりでした。
矢筈トンネルを通過してR152を南下して、南アルプスへの入り口を見落とさないように注意して走ります。
飯田市へ入った時には雨と雷も止み、でもガスっていて暗い夜道、通過する車もなく、少々怖い思いをしながら、木沢集落の手前で案内発見。
いよいよ林道への道です。狭く、対向車も後続車も勿論ないのですが、道路脇に飛び出そうとした鹿が、慌てて斜面を駆け上っていったりして、此方の方が驚きます。

自宅を13時30分に出て、ようやく、易老渡の駐車場に20時30分到着です、駐車場には既に多くの車が、シンと闇の中で寝静まっていました。
駐車して、ようやく車内で遅めの夕食を取り、寝ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「聖岳〜光岳 縦走1日目」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる