のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「志津倉山」山開き

<<   作成日時 : 2006/06/04 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先週の「摩耶山」山開きは、珍しい摩耶姫さんの登場がありましたが、生憎の雨でした。

本日の山は福島県三島町「志津倉山」1,234m 東北百名山です。

昨年も資料を観光協会から取り寄せていたのですが、都合が付かなくて行けませんでした。

今年は弟初め山仲間4人で行きました。
自宅を5時20分出発。途中それぞれ同乗して磐越道を会津坂下ICで下ります。
此処から25分くらいで会津宮下駅が集合場所です。
既に大勢の人がバスに乗車しています。
バスやワゴン車で登山口まで行きます。
登山口は駐車スペースが狭くて、路肩駐車している車が多く、バス等と通行には迷惑でした。
三島町の案内にも駐車スペースが狭いので駅からの無料バスを利用下さいと書かれていたのに・・・

さて、登山口には登る前から麦茶や漬物等のサービスが設えられていました。
此処の山開きは役場の課長さん(産業振興課?)や地元「志津倉山の会」の方等が簡単な挨拶の後、お神酒を掛けて、山に向かって二礼二拍一礼をして終わりです。
山頂では抽選があるとのことで抽選番号の札と入浴割引券を頂いてそれぞれ出発です。
バッチも頂きました。
本日の登りは「大沢コース」です。

画像











8:37出発。8:58雨乞岩の巨大なスラブが望めます。画像






志津倉山は標高はそれ程高くは無いのですが(標高差533m)途中の雨乞岩や屏風岩などの岩場を眺め、更に短いですが鎖場もあり変化に富んだ山です。
ブナ林も気持ち良く、山頂には10:24着。
私が受け取ってきた番号札は62番でした。
139番の札を持った若者がグングンを追い越して登ってきました。
うどんを煮たり、鶏肉を煮たりしてゆっくり、昼食を楽しんでいると、お楽しみの抽選です。




画像


オリジナルTシャツは12名に当るとのことでしたが、我が仲間4人は誰も当りませんでした(残念!)当った人が早速着て下さったので了解を得てモデルになって頂きました。
次にはタオルの抽選です。これは4人中2人当選。でも、私は外れ!!

さて、楽しい抽選も終わり、下山は細ヒドコースからです。
すぐに、急坂を下ると後はなだらかなブナの中の歩きです。
13:16志津倉の鐘の登山口到着です。

比較的早く下山してきたので、下山後にはもう一度敗者復活?の抽選がありました。此処でも余程クジ運がないと見えてはずれでした。
再度タオルが当った弟から貰いました。



画像






生ビールは500円ですが、並べられている山菜や炭火で焼いている「会津地鳥」の焼き鳥や筍焼きなどは食べ放題って感じでした。
役場の方も気持ち良さそうで話しをしながら、次々と地酒も出して下さり、さながら「志津倉居酒屋」みたいでした。
カシャ猫のTシャツは販売していないそうが、安価で売って欲しいと言う人、当るまで山開きに来たいと思う私など・・・人気のTシャツでした。
大方の人が下山した頃、又会津宮下駅まで送って頂いて、帰りには宮下温泉 「桐の里倶楽部」で汗を流して帰りました。

町総出の山開き、三島町役場の方、山の会の方ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ、これが噂の志津倉山」山開きの模様ですか・・・。十数年前の真ハイキングの記事に載っていて、気にはなっていましたが、こうして、こちらのブログで楽しそうな雰囲気が伝わり、来年、行ってみたくなりました。
テントミータカ
2006/06/12 18:22
テントミータカ様

「噂」の山開きなのですか!?
地元の人、役場の人達は”乗り”が良くて愛想良くて褒めると「どうぞ!どうぞ!」と何でも薦めてくれます(笑)こんな楽しい山開きは初めてです。
バッチだけでも2つも貰っちゃいました。
一度は参加する価値ありです!!
noritan
2006/06/13 04:58
 20年ほど前、私も子供たちと登りました。
ファミリー賞をもらったり、間方小学校前で地元の料理をたくさんいただいたりしたのを思い出しました。この温かさ、変わらないのが嬉しいです。
めそぴー
2007/01/13 21:40
めそぴー様
コメントありがとうございます。
本当に地元の方々の歓迎振りには感謝、感謝でしたね。
山も変化があって素晴らしいけれど、こうしたもてなしが最高です!
毎年行きたいほどです。
noritan
2007/01/14 12:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
「志津倉山」山開き のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる