のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【御坂山系「毛無山〜十二ケ岳〜金山〜節刀ケ岳〜鬼ケ岳】

<<   作成日時 : 2006/05/14 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝食5時にして頂き、まずは下山口の根場、鬼ケ岳〜雪頭ケ岳からの登山口である堰堤まで行き、其処に車を置いて、民宿の車で登山口である文化洞トンネル東口まで行きます。

根場から行くとトンネルを出た処で駐車スペースがありトンネルを跨ぐようにして登山道に入って行きます。出発は7時です。
「毛無山中腹に熊出没」との警告看板があり、実際、熊の足跡と思われる跡があったので熊除け鈴を鳴らし、時々はピーと笛を吹きながらの歩きです。
気持ち良いブナの林です。

白花エンレイソウ、ミツバツツジ(?)、一人静などなど・・・
画像


1時間半くらい歩いた辺りから振り返ると、西湖と共に富士の姿が見えます。
手前に拡がるのは足和田山。
画像

8時50分、毛無山到着。

此処から、十二ケ岳までは気の抜けないロープ、鎖場、吊橋の連続となります。
歩き初めて、すぐに一ケ岳の標識。
順に、下って、登って、二ケ岳〜三ケ岳と続きます。
画像

吊橋を超えると展望の良い十二ケ岳山頂です。
遠くに南アルプス群も望めます。
さて、此処から金山(かねやま)までもまだロープが最初の頃には出てきます。
長さは短くても、臆病な私は足の置場にオロオロする始末でした(ーー;)
とても一人では来れない!強力な皆さんに支えられての通過でした。

画像

金山は三辻になっていて此処では静岡県から来たというグループが休憩していました。
ザックをデポして15分くらいの歩きで「節刀ケ岳」山頂です。
どこから登っても奥深いこの山は御坂山系の北側、大石峠へ抜けることもできます。
又、金山へ戻って、p\(~o~)/q

金山からは鬼ケ岳の特徴ある”角”の瘤を巻いて、後はひたすら雪頭ケ岳を通り、鍵掛峠を通らない根場の堰堤にでます。
雪頭ケ岳は富士の絶景地とありますが、午前中姿を見せてくれた富士もお昼を過ぎる頃から薄い雲に覆われてしまいました。

御坂山系、山梨百名山としては「王岳」「十二ケ岳」「節刀ケ岳」と3座踏むことが出来ました。
怖い箇所がある毛無山〜金山へのルートは通ることはないと思いますが、鍵掛峠を基点にして富士の展望台としても山なら又いつか来ることもあるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1月の「大失策&竜ケ岳」しっかりとリベンジしましたね。
先日は信州百名山「堂津岳」へ、今度は山梨百名山「王岳・十二ガ岳・節刀ケ岳」へ・・・・良きお仲間の皆様といずれも厳しい山にチャレンジですね。
これで、信州百名山が51座・山梨百名山37座を遠征、何時も強い意志を持ってチャレンジなさる行動力には頭が下がります。
これからも、素晴らしい山歩きを期待させて頂きます。
ところで、ドンデン山と金北山の「シラネアオイ」&「カタクリ」&「ミスミソウ」最高でした!!
素晴らしい雪解け時期の佐渡、春の風情を満喫してまいりた。
葦原ボーイ
2006/05/18 18:49
葦原ボーイ様

私が先回失敗したお陰で今回仲間との同行が出来た訳で、正に「失敗は成功の元」ですね(~_~)
毛無山〜十二ケ岳は、私の技量では自信がありませんでしたが仲間に支えられて無事通過できました。

さて、佐渡の山行記録は拝見させて頂きました。
私も何年か前に行きましたが、本当に佐渡のシラネアオイは花が大きくて、群生していて見事ですね。
又行きたいと思いながらも佐渡は向かいに見えていながら「近くて遠い島」です^_^;

葦原ボーイ様の山行報告もいつも楽しみに拝見させて頂いております。
新潟の「田舎屋」にいらしていたなんて・・・
お声かければ飛んで行きましたのに・・・^_^;
noritan
2006/05/19 14:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【御坂山系「毛無山〜十二ケ岳〜金山〜節刀ケ岳〜鬼ケ岳】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる