のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 大蔵山〜菅名岳

<<   作成日時 : 2006/03/25 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ようやく引きこもりを解消すべく1月29日に山梨県の山に行って以来の山に行ってきました。
弟と山仲間との3人で「大蔵山〜菅名岳」です。
この山は冬場の定番コースとして大勢の登山者で賑うのですが、山頂に小屋がない為、サッサと下山するかテント持参でゆっくりするかです。

今日は、春爛漫の山日和です。
でも、山頂でゆっくりしたかったので、テント持参(と言っても弟に担いでもらうのですが)です。
駐車場に着くと既に10台以上の車が停まっています。
8:40出発。30分くらいで林道に出会い、そこから、階段コースと沢コースとの分岐があります。今回は、私は初めての沢コースを選んで行きます。

急な斜面の取り付き、雪が消えている処には潅木の枝が横に張り出していて、「藪山歩き」の感が楽しめます。10:00にようやく階段コースとの分岐に出ました。
久しぶりの山歩きに加えて、雪の急な斜面の取り付き、藪歩き・・・と時間が掛かりました。
分岐から大蔵山頂までは1時間20分も掛かり、山頂からは守門岳方面がくっきりと見渡せます。
画像


此処から1時間で菅名岳山頂に着きました。
大蔵山から菅名岳まで足を伸ばしている人は半分くらいなのでしょうか?
山頂でゆっくりしないでさっさと下山する人もいるのでしょう。

持参したテントを広げる必要もなく、雪の上で飯豊連峰の雪景色
画像

を眺めながらうどん鍋を食べ、ビール、焼酎のお湯割りは最高ですナ(^−^)
まぁ余り呑み過ぎないように・・・

下山はどっぱら清水方面へ下り、林道を歩いて先の駐車場へと戻ります。
もう、雪が柔らかくなっていて、時々、ズボッと潜ります。
でも”新潟名物?”スパイク長靴は膝下まであるし、足にピタリとしているので(これは足は太いことが幸いしています)雪が長靴の中に入ることはありません。

下山後は「馬下保養センター」の温泉で汗を流して帰宅。
明日はキットひどい筋肉痛だろうなぁ〜〜
と思いつつ、2ヶ月振りの山歩きは充実していたのでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
noritan さま
久し振りの山行だったようですが、日頃の行いの良さか素晴らしい山日和の中、楽しい一日をお過ごしでしたね。
守門岳から飯豊連峰を眺めながら・・・ビール、焼酎のお湯割り・・何と最高の贅沢では。
「大蔵山〜菅名岳」とは、五泉市にあるのですね、今しがた五泉市のH/Pの観光案内で見たところ、新潟から手軽に行けて、これから春先の雪が残った中、一斉に可愛い花が咲き誇り、とてもとても楽しい山のようですね。
新潟の山は何処も季節感が豊かで、しっとりとしていますね・・・たずねる人も最高!!。

葦原ボーイ
2006/03/27 09:03
久しぶりの山、良いお天気に恵まれて最高でしたね。テント泊の為のテントではなくて、休憩用でしたか?弟さんお疲れ様(笑)
この飯豊連峰は、私が見ている裏側となるのでしょうか。ブログ、リンクさせて頂きました。
やま・ゆり
2006/03/27 13:01
葦原ボーイ様
そうなのです。余りに久しぶりで「山を忘れたカナリア??」ではないですが、妙に新鮮でした。
でも2日経過後は案の上、ひどい筋肉痛です(ーー;)
これからは残雪と新緑と双方楽しめますね。
こちらでは山へ入らなくとも清水が湧き出ている場所があり(吉清水)、水だけを汲みに来る人も多いそうです。
noritan
2006/03/27 23:19
やま・ゆり様
山頂着くと汗が引いて、風でも吹いていようものなら寒がりなので、山頂でゆっくり宴会??したい時にはテント持参です。といってもマイテントは寝て2人、起きて3人が限度ですが・・・
山頂から、この夏1回くらいは飯豊に行きたいねぇ〜〜なんて思いながら飯豊にメッセージを送っていました。
ブログリンクありがとうございます。
noritan
2006/03/27 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
大蔵山〜菅名岳 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる