のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 早月小屋から剱岳山頂へ

<<   作成日時 : 2005/08/28 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


いよいよ、今日は剱岳核心部への登頂です。

昨夜は色々な人の色々の”音”で十二分の睡眠とは言えないのですがまずは体調は良好です。

朝食はいつもの事ながら喉を通らないのでお茶かけご飯でとにかく一杯は食べます。

5時半出発。サブザックに水と雨具、行動食少々のみの極めて軽いザック。


時折谷から吹き上げる風の気持ち良いこと!

昨夜、小屋のご主人から今年、2600m地点付近で単独女性が滑落死亡したとの話を聞いたばかりで、私などその光景を夢にまで見たほど。
その地点とおぼしき個所も用心しつつ、前後をベテラン山仲間に見守られて進みます。
鎖は取り替えたばかりとのことで、ステンレス製の鎖がピカピカしていました。

静かで人の少ない早月尾根と言えども、それでもシーズンなのですれ違いの人も結構います。
昨夜、小屋で一緒だった、登る時には一足先に出られたその方を追い越して行ってしまったのですが、帰宅してみると何とYhooのニュースでその方の滑落死亡のニュースを知りました。

高齢で尚且つ単独登山者と言えば、危険この上ない山に危険この上ない人が登っているようなものですが・・・
でも私達がすれ違った人の滑落のニュースには胸が悼みます。

山頂には8時半頃に着きました。
集合写真、個人写真を撮り、暫し休憩して小屋へ下山。
小屋へ着いてから、本当の意味での「登頂乾杯」をして、ひたすら長い、長い尾根の下りを歩き、馬場島には16時前に着きました。

遭難慰霊碑の「試練と憧れ」は私にとっても、この山を登ろうとする人全てにとって「試練と憧れ」です。

今回の山行は同行の山仲間に恵まれ、体調にも恵まれ、天候にも恵まれて3拍子揃っていての完登でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
noritan さま
ご無沙汰いたしております。
お母さまも、ご退院なされ一安心ですね。
8月15日付け「試練と憧れの入口で」を拝見し、折角行かれたのに雨では・・・・と、思いきや「早月小屋から剱岳山頂へ」で、再チャレンジなされ無事に完登なさった由、おめでとうございました。
楽しいお仲間と、天候に恵まれ、最高の達成感を味わっておられることと思います。
小生も機会があれば、いつかは登ってみたいものと思いますが、叶うやら・・・・
何はともあれ、今月一杯は静養に努め10月からぼちぼち日帰り山行に復帰したいものと思ってます。
それでも、入院前に登った「鳥海山」は、幼友達と素晴らしい天気に恵まれ、良き想い出になりました。
葦原ボーイ
2005/09/01 20:50
葦原ボーイ様
お久しぶりです。

屋久島や鳥海山の山行記録楽しく拝見させて頂きました。屋久島へはまだ行ったことがないので想像力を駆使して読ませて頂きました。
鳥海山も花の時期には再度訪ねたい山ですね。

でも、ご入院とは???

まぁ、体が資本ですから、資本をしっかりと蓄えてから再挑戦なさって下さい。

早月尾根は「案ずるより産むが易し」と言うと尊大でしょうが、ゆっくりとしたペース配分で行けば、大丈夫です。
何せ、この遅足の私でさえ行けたのですから。
でも小屋から山頂までは天候が少しでも勝れない時は危険ですね。

今週は私もゆっくりハイキングです。

ではでは。
noritan
2005/09/01 23:36
noritanさん おひさしぶりです。
剣岳登られたんですね。おめでとうございます!
私は臆病ものなので、到底あこがれのままで終わりそう。
息子の剣岳冬山合宿の記録がHPにあるのでご紹介しますね。(息子には内緒です。)
http://rac.web.infoseek.co.jp/file/2003/2003hayatsuki.doc
今、息子は遅い夏休みをとって、我が家の車を借りて山に出かけたようです。いったいどこにいるのやら・・。
よーちゃん
2005/09/09 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
早月小屋から剱岳山頂へ のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる