のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬場島から早月小屋へ

<<   作成日時 : 2005/08/27 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


先日、「試練と憧れ」の石碑の前に佇み、近い内にその脇から歩くのだと思い、静かな興奮で帰ってきました。
その石碑の前に再度佇み、27日、午前6時、出発しました。
山仲間11名です。

北アルプス3大急登の早月尾根。
剱岳を北の雄姿に相応しくしている容易には辿り着けなくしている世俗を超えた膨大で、長大の高度差。

山歩きを始めた者なら、まして昨今ブームの「日本百名山」を踏破するならば一番難関な山の一つに必ずこの」「剱岳」が挙げられます。

別山尾根から一昨年登った時にも、頼もしい山仲間を得たことに感謝しつつ、これでひとまずは登った!と言う感動に包まれていました。

がよもや早月尾根から登ることが出来ようとは・・・

長い歩き、そうカンカン照りでもないのがせめてもの救い。
11名の最後尾から自分のペースを守りつつ、先で休憩している皆に追いつける程度の遅れで進む。
今回はザックも28ℓの小ぶりの物にして、水だけは2ℓ確保して着替え一切持たず、ザック容量は8`以内に抑えて来ました。

取り付きから1000m地点の標識からは200mごとに標識があり、ここまで登った〜〜と言う目安が励みになるとの多くのコメントを読んでいたことの納得を得ます。
200mごとの標識は途中は少々ずれているとの指摘もありましたが、此処が休憩ポイントになっているからでしょう。

かつての避難小屋跡と言われている場所で早めの昼食。が、沢山持ってきたパンやおかずなどは喉を通らない。

11:30早月小屋到着です。
ようやく「今日のお疲れ様」のビールで乾杯です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬場島から早月小屋へ のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる